--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/21

「ドクター・フー」の番組HPがNHKから消えてしまった。

doctor_who
私の大好きなBBC制作のドラマ、「ドクター・フー」のNHK BS2 海外ドラマサイトにあった番組HPが消えてしまいました。このHPにはあらすじや、キャスト情報、エイリアン・ファイルなどが載っていました。http://www3.nhk.or.jp/kaigai/doctorwho/

「ドクター・フー」とは1963年からイギリスBBCで放映されているSFテレビドラマシリーズで、1989年に一度終了した後2005年から新シリーズとなった大人気番組で、日本では2005~2006年の2年分を全27話として放送しています。
2007~2008年BBC放送分はまだ日本では放送されていません。また2009年分は通常の13話ではなく特番4本となり、最終話で主人公のドクターが11代目に交代します。2009年が変則なため、日本では2007~2009年分をまとめてやるのかな~と思っていました。

NHKの海外ドラマサイトにこのページがあるかぎり、続きを放送してくれそうな気がしていたのですが、突然消えてしまうと不安です。

NHKのサイトFAQを見ると「原則的に、現在放送中、もしくは放送予定のある番組について、視聴者の皆さまにお知らせする、という目的に限定して、写真や文章等の掲載許可を得ております。したがって、権利上の問題から、現時点で放送予定がないものについては、サイトも閉鎖させていただいております。 」のだそうです。

海外ドラマスタッフブログで2009年3月4日付けでは「NHKでは次にどれを放送するか!?新作ドラマも加わり、海外ドラマ班ではますます頭を悩ませています」という記述もあり、たった1ヶ月で状況が変るとも思えないのですが、どうなんでしょうね。

以前、NHKで放送して大人気だった「冬のソナタ」のホームページは、突然閉鎖したところ、もの凄い問い合わせが多く来て、一度復活した事があるそうです。それが良いか悪いかは別にして、「ドクター・フー」ファンとして、NHKに放送してっと要望を出すべきだったなぁとちょっと後悔しています。

同じアホなら踊らにゃ損ですよね。

関連記事:
デヴィッド・テナント出演「ドクター・フー」の最後のエピソードにあの人が!
「ドクター・フー」の放送はお預け
「ドクター・フー」の11代目ドクターはマット・スミス

ブログランキング・にほんブログ村へ
ドラマ | Comments(3) | Trackback(0)
2009/04/14

ジャーニーマンとブレイキング・バッド

FOXテレビで「ジャーニーマン ~時空を越えた赤い糸 」が4月15日、明日から始まるんですね。
これは昨年全米で放送され13話で打ち切りになったタイムトラベルドラマです。主演がドラマ「ROME」や映画「近距離恋愛」のケヴィン・マクキッド。新聞記者役なのに三白眼です。この人はこういう役よりやっぱりROMEの方が似合ってますね。

ドラマは昔の携帯電話や車が出てきたり、その時代のファッションなどが楽しめます。
タイムトラベルと恋愛とミステリーという組み合わせがイマイチだったのか13話で終わってしまいました。タイムトラベルものというとDoctor whoみたいな若い層向けじゃないとヒット難しいんでしょうか?大人向けというかシリアスなタイムトラベルものは成立しづらいのかなぁ。Torchwoodはまぁ大人向けだけど、シリアスじゃないですもんね。

ただこの作品、オープニングがとても良くて、赤い吊り橋を俯瞰した映像に霧の中に文字が浮かび鳥がゆっくり羽ばたき時計が逆回転するというのがミステリーっぽくて素敵でした。この音楽も良いですよね。

そういえば昨年全米で人気のドラマ、エミー賞もとった「ブレイキング・バッド」(全7話、原題:Breaking Bad)も日本放送に先駆け、第一話が無料で公式HPで見られますね。私も公式HPで見ましたが、なかなか面白かったですよ~。
こちらhttp://www.sonypictures.jp/tv/shows/breakingbad/





ブログランキング・にほんブログ村へ
ドラマ | Comments(2) | Trackback(0)
2009/03/20

デヴィッド・テナント出演「ドクター・フー」の最後のエピソードにあの人が!

doctor who

デヴィッド・テナント出演「ドクター・フー」の最後のエピソードに、ビリー・パイパー、フリーマ・アジマン、キャサリン・テイトにジョン・シムも登場ってニュースです!!(ココにNewsがありました。)

ビリー・パイパーは出ないと話が終わらないから出そうだと思ていたけど、ジョン・シムも出るのが凄く嬉しいですね。

テナントドクターはあと4話。どんな面白い話になるか楽しみです。
ドラマ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/03/02

TVドラマ"chuck"の日本放送はいつ?

chuck
全米NBCで現在放送中のTVドラマ『Chuck(チャック)』、はオタクの家電量販店店員チャックがひょんな事からCIAの極秘情報を頭にインプットされてしまい、スパイとして働くはめになり色んな騒動に巻き込まれるスパイコメディドラマです。

スパイ物らしくちゃんとアクションシーンもあるし、ヘンテコな秘密道具も出ますが、基本はコメディです。ヒロインのサラ・ウォーカー役のYvonne Strahovski(イヴォンヌ・ストラホフスキー?ストローヴスキィ?と読むのでしょうか)さんは、とっても綺麗でアクションの切れも良いですし、毎回ちらっとお色気シーンもあって(ミニスカとか胸もとチラ程度ですが)サービス満点です。
またチャックの同僚も個性豊かなキャラクターがいっぱいです。
チャックがオタクの友達と「デューン砂の惑星」の「サンドワーム」の仮装やってるのを見ると、アメリカのオタクはSF抜きには語れないんだな~としみじみ思います。
まぁ、私も「砂の惑星」の前に必ず「デューン」を付けてしまい、映画が入り口じゃなく石森章太郎表紙の文庫本を読んでる年代だとバレてしまうのであまり他人を笑えないんですが・・・。

さてこの「チャック」1月出た「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 」レンタル DVD の5枚目に第1話がついています。
と言うことは日本でも放送されるかレンタルDVDが出るって事だ!っと喜んでいたのですが、なかなか続報がありません。
一体どうなっているのかどっかから救世主クイサッツ・ハデラッハがびゅんと来て教えてくれないでしょうか?

Chuck: Complete First Season (4pc) (Ws Sub Ac3) [DVD] [Import]
Chuck: Complete First Season (4pc) (Ws Sub Ac3) [DVD] [Import]
(2008/09/16)
Zachary LeviYvonne Strahovski
デューン/砂の惑星 劇場公開版<ニュープリント・スクイーズ> [DVD]
デューン/砂の惑星 劇場公開版<ニュープリント・スクイーズ> [DVD]
(2002/08/23)
カイル・マクラクラン、スティング



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドラマ | Comments(3) | Trackback(0)
2009/02/14

海外ドラマ「デクスター」のDVDレンタル開始

海外ドラマ「デクスター」のDVDが2009年2月13日からレンタル開始されましたね。

主人公デクスター・モーガンはマイアミ警察の血痕専門鑑識官。職場での彼は、人当たりが良く、頭脳明晰で頼りにされる存在。 その一方で、自分でも止められない殺人衝動を内に抱え、その解消のため夜な夜な法で裁けぬ凶悪犯の命を奪う天性のシリアルキラーです。

必殺シリーズみたいな感じで法律で裁けない悪人をやっつけるのですが、悪を憎んでというより主人公が殺人したくて堪らないからなんですね。その彼に「無差別に殺すのは単なる殺人者、社会の役に立つようにその力を使え」と証拠の消し方・獲物の選び方を教えてくれたのは養父の警察官ハリー。その父の教えを守って、昼間は凶悪事件の捜査官、夜は殺人鬼となるデクスターの二重生活を、コミカルに・時にシニカルに描いていて非常に面白いドラマでした。
アメリカのShowtimeが2006年から放送しており第3シーズンまで放送済みです。日本でもFOXCRIMEで現在第2シーズンまで放送済み、2009年春から第3シーズンがはじまる予定です。livedoor Blogでは「デクスター~警察官は殺人鬼」のブログテンプレートの配付してるんですよね。いいなぁ~。まぁちょっと不気味ですけどね。

原作もそうでしたが、この作品の魅力は二つの顔を 持つ主人公の特殊なキャラクターと、彼を取り巻く多彩な登場人物です。
主人公デクスターの独白は人生に対する深い洞察に満ちています。空になったドーナツの箱をみて自分の空虚さを語り、周りの人物を冷徹に観察する知性的なキャラクターで、感情を持たないシリアルキラーなのにとても魅力的です。
義妹で下品な言葉使いのデボラ、野心的な上司ラゲルタ、同僚のエンジェル・なぜかデクスターを嫌うドークス・下ねたジョークのマスカ、そして恋人のリタと周りの人々もかなり変人揃いというかキャラクターが個性的でドラマを盛り上げています。
俳優さんがそれぞれピッタリ嵌っていて、特に主人公デクスター役のマイケル・C・ホールは、不気味でありながら可笑しいキャラを上手に演じて、裏ではシリアルキラーだというキャラに説得力を持たせていました。

原作もかなり以前に読んだのですが、原作の世界をとても上手くドラマの脚本にしていました。著者も脚本に参加しているそうですが、ここまで原作のテイストを残しつつオリジナル部分が面白いというのは本当に珍しい例だと思います。
また日常の普通の風景なのに不気味なオープニングが怖くて毎回飛ばして見てました。そういう意味でドラマスタッフは非常に良い仕事してます。音楽も良く、毎回楽しみでした。そうそう、忘れちゃダメなのはデクスターが着てるヘンテコ漢字入りTシャツ。出てくる度、何故?と思いながらも、ちょっと欲しいかも・・・と思ってました。
dexter

このドラマ、血痕はいっぱい出るし、殺人シーンもあるので、地上波では放送できないかもしれませんね。でも面白いドラマなので是非DVDでご覧下さい。
デクスター シーズン1 コンプリートBOX [DVD]デクスター シーズン1 コンプリートBOX [DVD]
(2009/03/06)
マイケル・C・ホールジェニファー・カーペンター

商品詳細を見る


“シーズン1”では、デクスターと連続殺人犯“冷凍車キラー” との対決を中心に、徐々にデクスターの過去が明らかになって行きます。
特設サイトでシーズン1のダイジェストをご覧下さい。
http://www.tsutaya.co.jp/movie/sp/dexter/

デクスターの原作はジェフ・リンジーの小説「デクスター 幼き者への挽歌」(Darkly Dreaming Dexter) です。読んだのが昔すぎて感想を詳しく書けませんが、こちらも面白かったです。
デクスター 幼き者への挽歌 (ヴィレッジブックス)デクスター 幼き者への挽歌 (ヴィレッジブックス)
(2007/03)
ジェフ リンジー

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
ドラマ | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。