--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/23

iPhone使いこなせてますか?

最近洋画を見ると登場人物の使う携帯がiPhoneな事が多いですね。

アメリカではiPhoneユーザーが製品に満足しているだけでなく、iPhone自体に愛着心を強く持ち、9割が「人にiPhoneを薦めたことがある」という記事も出るほど人気もシェアも高い機種です。

iPhoneはユーザーの声を汲み取り、フォームアップする度に機能が向上します。
それでもPCを持って無いとダメだしコピペは出来ないしFLASH やJAVA が含まれているWEB サイトが見られなかったり赤外線通信出来ないなど携帯電話として考えるとちょっと不便な機種だと思います。
無論それを上回る魅力はあります。好きなアプリを入れたり自作の着メロ使ったり、マルチタスクディスプレイはかっこいいし、何よりオーディオ機能が充実してますよね。
他の携帯よりメリット・デメリットがはっきりしているのがスマートフォン。使いこなすと楽しいけれど、使いこなせない層も絶対いると思います。

ところが「絶対使いこなせない」ような登場人物もiPhone使っている場面があって、つい「いや無理だろ」と余計な心配をしてしまいます。
あるいは貧乏なはずの若者が使ってると月額使用料払えてるのか、PC持ってるのか不思議に思って、ついストーリーから気がそれてしまいます。
iPhoneのシェア価格・使用料と携帯電話事情が、日米で違うので、日本の感覚で見ちゃダメなんでしょうね…。

そういえばちょっと前の洋画でパソコンというとアップルでした。
実際オフィスやビジネスで使うのならwindowsの方が多そうなのに、ハッカーもキャリアウーマンも政府機関も主婦もMac使ってました。
さっきMarket Shareで確認したらアメリカのシェアはwindowsが93%、Macが5%程でしたので、映画の登場頻度と実際のシェアはかなり違ってます。
デザイナーやクリエーター、マカーじゃなくてもリンゴのマークのパソコンというのは、アップルの映画を使ったイメージ戦略の一環だったんでしょう。

そう考えると登場人物達がiPhone使いまくりなのは、アップルの広告という面もありそうですね。
どんな携帯機種を使ってるかで登場人物の背景を考えたらいけないのかもしれません。


iPhone 3GS Perfect ManualiPhone 3GS Perfect Manual
(2009/07/24)
野沢 直樹村上 弘子

商品詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(7) | Trackback(1)
2009/10/17

映画の舞台で神楽奉納+ロケ地見学ツアー

kuromatsu.jpg映画に関係(?)したイベントの案内を見つけました。

昨年ヒットした映画「デトロイト・メタル・シティ」で松山ケンイチ演じる主人公ヨハネス・クラウザーⅡ世こと根岸崇一が、母親役の宮崎美子から諭されるシーンの「犬飼神社」こと黒松阿蘇神社で、神楽が奉納されます。
10月18日(日曜)13:30~獅子舞、14:30~19:00神楽だそうです。

ついでにDMCロケ地見学ツアーも開催され、10月18日(日)12:30に豊後大野市犬飼支所前に集合、犬飼駅、あべよしスーパー、橋本書林、桜並木等を見学できるそうです。
ご案内はマンガの登場人物のモデルにもなってるあの方らしいですよ。

DMCファンの方ならもうとっくに行っちゃったかもしれませんが、映画と神楽が一緒に楽しめるイベントのようなのでご紹介してみました。

場所:黒松阿蘇神社 大分県豊後大野市犬飼黒松
主催:黒松自治区・阿蘇神社総代会


その他(賞etc) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/20

トロント国際映画祭観客賞は『プレシャス!』 “Precious: Based on the Novel "Push" by Sapphire”

push今年1月のサンダンス映画祭2009でも審査員グランプリ&観客賞&パフォーマンス賞を受賞した、サファイア原作の映画『プレシャス!』がトロント国際映画祭でもグランプリに当たる観客賞を受賞しました。
昨年『スラムドッグ$ミリオネア』がトロントで観客賞受賞して全米公開が決まりあれよあれよという間にアカデミー賞までいったので、今年のトロント観客賞は非常に注目されていました。この受賞で『プレシャス』の11月からの全米公開(限定)にも更に弾みがつきそうですね。

「1980年代のNY、ハーレム地区を舞台に、16歳の黒人の少女・プレシャスが直面するレイプと妊娠、母親との確執、教育問題などを描き、ある女性教師と出会った事から文字を覚え、自ら生きる希望を見いだしていく」ストーリーです。

主役のプレシャスを演じる新人のガブレイ・シディブの演技が評判になっています。またレズの教師を演じるマライア・キャリー、看護師役のレニー・クラヴィッツなどのキャストも話題です。

ただ一つ難点はコロコロ題名が変わることです。
サンダンスの時は"Push"で、オプラ・ウィンフリーとタイラー・ペリーが後押しして全米公開するというニュースが出た5月頃は"Precious"って題だったのに、トロントに出されたのは"Precious: Based on the Novel Push by Sapphire"。日本人の私には経緯が分からず戸惑ってしまいます。

でも、サンダンス、カンヌ、トロントと大きな映画祭で次々に受賞し話題になっているので日本公開もあるかもしれませんね。


原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire
監督:リー・ダニエルス
原作:「プッシュ」サファイアSapphire
出演:ガブレイ・シディブ、マライア・キャリー、レニー・クラヴィッツ



関連記事:
”500 Days of Summer”と”Precious”の予告篇
『プレシャス:ベイスド・オン・ザ・ノベル・プッシュ・バイ・サファイア』(原題)原作「プッシュ (単行本)」 感想
「ぼくと1ルピーの神様」 スラムドッグ$ミリオネア原作本感想
映画「スラムドッグ$ミリオネア」感想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(4) | Trackback(3)
2009/09/17

フロリダにできるハリー・ポッターのWizarding World地図

ハリー・ポッターアメリカ合衆国・フロリダ州オーランドにある、ユニバーサルスタジオが手がけたテーマパークリゾート「ユニバーサル・オーランド・リゾート(Universal Orlando Resort)」に2010年春ハリー・ポッターのWizarding WorldがOPENしますが、その詳しい地図が出ていました。
http://www.universalorlando.com/harrypotter/

動画を見るとホグワーツ特急やホグワーツ魔法魔術学校、ハニーデュークス、三本の帚パブ、オリバンダーの杖の店、ふくろう便、など映画に出てきた色々な場所や乗り物ができるんですね。ハリポタファンじゃない私でもこれは一回行ってみたくなる地図です。(映画で見るだけなので固有名詞違ってたらすみません。良ければコメ覧匿名でもいいので正式名称教えて下されば訂正します)

日本のUSJにもできたらいいなぁ~。でもすごい行列でしょうね。
以前USJに行ったけど、月曜なのにたまたま学校の振替休日にあたり180分まちなんてアトラクションがいっぱいあって結局6つくらいしか見られなかったんですよね~。
でもスパイダーマンやターミネーター、シュレックなど映画でお馴染みの世界に入り込めてとっても楽しかったです。
アトラクションの待ち時間を携帯などでチェックしつつ次に何乗るか考え、効率的に回るのも手ですね。

他にお金を出せば待ち時間なくアトラクションに入れるチケットもありますので、自分の体力や時間、当日の状況に合わせてプランを立てると良さそうです。



地図


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(4) | Trackback(0)
2009/09/16

大雷蔵祭、史上初の市川雷蔵100作上映

八代目 市川 雷蔵は戦後昭和の時代劇黄金時代に日本を代表する若手時代劇スターとして活躍した歌舞伎役者・映画俳優です。今年は没後40年(1969年直腸がんのため37歳で没)という事で、出演している作品(大映)100本が、12月12日から角川シネマ新宿で上映されます。
市川 雷蔵が出演した作品は、ワンカットのみのゲスト出演作品も含め合計159本で、1954年に映画俳優に転じ1969年「関の弥太っぺ(未完)」までの間、年10本ペースで撮影していた事になりますね。

作品紹介ページに(http://www.dairaizosai.jp/about.html)今回上映100本の詳細がありますが、「眠狂四郎」全12作品、「陸軍中野学校」全5作品、「大菩薩峠」3部作、「新・平家物語」「炎上」「ぼんち」「初春狸御殿」など邦画にうとい私でもなんだか聞いた事ある有名作品が並んでいます。

私はもの凄いスターだったという先入観があったので、TVで作品見た時はあっさりした顔立ちが意外でした。セリフ回しも現代の感覚とは違いますし、そう言う点がかえって新鮮ではあります。なにより面白い作品が多いですね。劇場には行けませんがDVDも10月から12作品出るそうなので見てみたいです。

それにしても1日1本上映しても3ヶ月以上かかるし、料金いくらか知りませんが、100本全部見るには観客に気力・体力・財力が必要そうです。
大雷蔵祭

公式HP:http://www.dairaizosai.jp/index.php もとっても素敵です。

1.「新・平家物語」
2.「弁天小僧」
3.「ジャン・有馬の襲撃」
4.「切られ与三郎」
5.「朱雀門」
6.「人肌孔雀」
7.「人肌牡丹」
8.「若き日の信長」
9.「薄桜記」
10.「濡れ髪喧嘩旅」
11.「忠直卿行状記」
12.「おけさ唄えば」
13.「大菩薩峠 完結篇」
14.「新源氏物語」
15.「江戸へ百七十里」
16.「陽気な殿様」
17.「てんやわんや次郎長道中」
18.「昨日消えた男」
19.「博徒ざむらい」
20.「陸軍中野学校 雲一号指令」
21.「ある殺し屋」
22.「ある殺し屋の鍵」
23.「お嬢吉三」
24.「濡れ髪三度笠」
25.「大江山酒天童子」
26.「浮かれ三度笠」
27.「花くらべ狸道中」
28.「濡れ髪牡丹」
29.「鯉名の銀平」
30.「手討」
31.「眠狂四郎 殺法帖」
32.「忍びの者 霧隠才蔵」
33.「赤い手裏剣」
34.「大殺陣 雄呂血」
35.「陸軍中野学校 竜三号指令」
36.「眠狂四郎 女地獄」
37.「桃太郎侍」
38.「千羽鶴秘帖」
39.「大菩薩峠」
40.「大菩薩峠 竜神の巻」
41.「婦系図」
42.「斬る」
43.「新選組始末記」
44.「眠狂四郎 勝負」
45.「剣」
46.「無宿者」
47.「眠狂四郎 炎情剣」
48.「剣鬼」
49.「眠狂四郎 無頼剣」
50.「沓掛時次郎」
51.「かげろう侍」
52.「花の兄弟」
53.「中山七里」
54.「影を斬る」
55.「眠狂四郎 女妖剣」
56.「忍びの者 続霧隠才蔵」
57.「若親分」
58.「若親分 出獄」
59.「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」
60.「ひとり狼」
61.「眠狂四郎 悪女狩り」
62.「炎上」
63.「ぼんち」
64.「破戒」
65.「好色一代男」
66.「陸軍中野学校」
67.「華岡青洲の妻」
68.「踊り子行状記」
69.「女狐風呂」
70.「眠狂四郎 円月斬り」
71.「眠狂四郎 魔性剣」
72.「新鞍馬天狗」
73.「眠狂四郎 人肌蜘蛛」
74.「博徒一代 血祭り不動」
75.「次男坊鴉」
76.「大阪物語」
77.「源氏物語 浮舟」
78.「かげろう絵図」
79.「歌行燈」
80.「妖僧」
81.「千姫」
82.「初春狸御殿」
83.「忍びの者」
84.「続忍びの者」
85.「女と三悪人」
86.「第三の影武者」
87.「安珍と清姫」
88.「蛇姫様」
89.「二人の武蔵」
90.「長脇差忠臣蔵」
91.「命を賭ける男」
92.「濡れ髪剣法」
93.「眠狂四郎 多情剣」
94.「陸軍中野学校 密命」
95.「陸軍中野学校 開戦前夜」
96.「新鞍馬天狗 五條坂の決闘」
97.「遊太郎巷談」
98.「殺陣師段平」
99.「月姫系図」
100.「おてもやん」


DVDリリース
10月「濡れ髪剣法 」 「濡れ髪三度笠」 「浮かれ三度笠」 「濡れ髪喧嘩旅」 「濡れ髪牡丹」

11月 「新・平家物語」 「安珍と清姫」 「新源氏物語」

12月 「花の白虎隊」※デビュー作 「若親分」 「若親分出獄」 「博徒一代 血祭り不動」※遺作

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(1)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。