--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/25

ホアキン・フェニックスの「Two Lovers」予告篇

two lovers

ホアキン・フェニックスとグウィネス・パルトロウの映画「Two Lovers」は全米で2月公開予定です。
ホアキン・フェニックスは2008年10月に引退を宣言しているのでこの「Two Lovers」が最後の作品になります。
ブルックリンで暮らす問題を抱えたカメラマンのレオナルド(ホアキン)が、2人の女性のどちらを選ぶかで苦悩するというストーリー。2008年5月の第61回カンヌ映画祭にも出品されています。(この時パルムドール金獅子賞を受賞したのは「the class」です。)

ホアキン最後の作品になるならメロドラマで女の事で悩むより、親子関係や兄弟関係でネチネチ悩んで欲しかったです。「グラディエーター」もそうでしたが父に愛されず鬱積したりやるせない役やらせたらピカイチなホアキン。顔はごついが、繊細でもろさを含んだ危うい精神状態を演じられる役者さんです。あの子犬のようなまなざしで見つめられたら見捨てておけない感じですよね。

俳優引退してミュージシャンになったそうですが、また俳優に戻る気になったら是非戻って来て欲しいです。きっと戻って来てくれますよね?



にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ホアキン君の引退、残念ですね。
お兄ちゃんのリバーとは違った味があって良かったのに。
バンドがしたかったみたいだけど、ブルース・ウィルスやジョニー・デップみたいに、お金稼ぎがてらでも良いから、映画界に戻ってきて欲しいですね。
そうそう、オイラのリンク集にリンクさせて貰いました。
これからも、映画の最新情報、楽しみにしてます(^^)/
有り難うございます!
ええ、本当に個性的な俳優さんだけにモッタイないですよね・・・。
リンク恐縮です。まだまだ拙いブログなのにそう言って頂くと励みになります。
「オイラ流日々道楽」で紹介されているドラマや本の傾向が自分の好みにぴったりなので、私もこれからも楽しみにしております。
なんと!w(゚o゚)w
相互リンクして頂いて、ありがとうございます(*^_^*)
好みの合うブログに出会うと嬉しくなります。
毎日の更新て、意外と大変だったりするけど、頑張ってください(^^)/



Re: タイトルなし
いえいえ、こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。
毎日更新はちょっと無理でたまにサボっちゃいますが、苦にならない程度に更新していきたいなぁと思いってます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。