--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/13

映画「007/慰めの報酬」感想

「007/慰めの報酬」の試写会に行ってきました。
前評判通りアクションは前作以上に凄いです。
カーアクションに殴り合いにボートに飛行機に爆破と息つく暇ないほど次々にアクションシーンがあり、そのどれもが考え尽くされた動きで見応えありました。
ヒロインのオルガ・キュリレンコもがんがんアクションこなしていて、今後アクションスターとして活躍しそうで楽しみです。
また編集が素晴らしくて、イタリアの祭りやオペラのトスカをアクションと混ぜたシーンはセンスがあり、スピード感溢れる画面になっていました。

アクション映画としてはとても面白いですし、大きなスクリーンで見る価値があると思います。
続編なので前作「007 カジノ・ロワイヤル」を見てから映画をご覧になると更に分りやすくて良いでしょう。

ただ、折角人物描写の巧みなマーク・フォースター監督を迎え、ポール・ハギス脚本だったのにドラマ部分は少なく肩すかしです。
海外ロケ先の美しい風景などはもう少し入れて欲しかった。アクションは一つ一つは凄いのにあまり印象に残らないのは”動”ばかりで”静”の部分が少なかったからでしょうか?
お約束の最新技術を使ったスパイグッズも登場せず、あまり笑いというかユーモアーが無く、007シリーズという感じはしませんでした。
アクション映画としては良い出来ですが、007シリーズとしては「カジノ・ロワイヤル」のラストのようなカタルシスは無く残念でした。

007/慰めの報酬
監督: マーク・フォースター
出演: ダニエル・クレイグ 、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック
映画公式:http://www.sonypictures.jp/movies/quantumofsolace/

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/06/26)
ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ

商品詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ

more...>>をクリックするとドミノ倒しのように人と物が連鎖的に動く鐘楼アクションシーン置いてます。まるでピタゴラ装置のように複雑な動きをしていて素晴らしいアクションです。


いくつか疑問点があるのですがちょっとネタバレになるので白文字で。読んでも大丈夫な人は反転して下さい。

本物の地質学者は殺されていて一度も登場しないという認識でいいんですよね?
フィールズはマティスがやられたパーティ会場から逃げられず、すぐ捕まってアレされたんだよね?だからフロントにメッセージを残したのはMですよね?
エレベーターで屈強な護衛3人を一瞬で倒したボンドが、小柄で弱そうなマチュー・アマルリック に手こずるのは変だったけど、パーティ会場でオルガ・キュリレンコを押しただけで手すりを壊しそうな程怪力設定って事でいいんでしょうか?
砂漠のホテルも他に逃げ惑う人いなかったけど、白いドレスのお姉さん以外は従業員いないのかしら?
第一ボリビアで水資源握ってあの国を支配してもそれで他の国を揺るがすほどの力を得たことになるんですか?
最初オルガ・キュリレンコの背中が日焼けで皮が剥けてて汚かったのが、黒いドレスになると綺麗になってたのは途中でエステにでも行ったのでしょうか?(追記、解決!日焼けじゃなくて子供の頃の傷跡なんですね)
あとバスルームにお湯を張るシーンや化粧を落とすシーンはお色気シーンなんでしょうか?


なんだか疑問と言うより突っ込みになってしまいました。



関連記事:
映画の感想カテゴリの他の記事
映画の感想 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
  『Casino Royal』(2006)はハズも私も観ていないけれど、予想外にブロンド、ブルーアイズのDaniel Craig(ダニエル・クレイグ)のJames Bond(ジェームス・ボンド)の評判が良かったので、それを見逃してしまった以上、続編の...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。