--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/24

サスペンスドラマはネットが苦手

こんなにネットが発達してしまうと、昔のドラマや映画みたいに行き違いや誤解の演出が嘘くさくなってきましたね。
数年前の2時間ドラマで海外に行ってしまった夫と連絡が付かないのに、夫の友人を名乗る男が現れて・・・というサスペンス物がありました。
しかしNTTコミュニケーションズのWindows Live Call by ドットフォンみたいなサービスがあると、そんな話成立しなくなってしまいます。
ブロードバンド環境があれば、どこのインターネットプロバイダに関わらず誰でも利用でき、相手先がパソコンを立ち上げてもらう必要もなく一般加入電話、携帯電話、国際電話にそのまま電話をかけられるのです。それに携帯に転送サービス使えば留守番電話にもできます。(プレスブログからの情報です)

ドラマの冒頭で奥さんが「じゃ、海外の夫に電話します」なんて言ったら5分で終わっちゃいますよね。
安く手軽にコミュニケーション出来るになった良いこと尽くめのネットの発達ですが、サスペンスドラマの作家さんたちは頭が痛いのではないでしょうか?
商品紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。