--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/26

カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル フィルム部門でも受賞

九州新幹線CMがカンヌライオンズのフィルム部門でも銅賞を受賞したそうです。またNTTdocomoの森の携帯が金賞を受賞しています。詳しい事やクリエイティビティについてはCMの専門家が運営しているサイトを見て頂くとして、一般人ミーハー視点から日本の受賞作のリストを作ってみました。私的には九州新幹線全線開業CM受賞で俄然注目した賞ですが、他の日本の受賞作も「あ、あれ!」と見た覚えのあるもの、今回初めて見たけど面白かったものがありお暇な方は動画もご覧下さい。

尚、フィルム部門グランプリは「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが撮影したNikeのCM "Write the Future"でした。多分コレ↓かな?金かかってますなぁ~。カッコイイし面白いけどね。


■サイバー部門
金賞 ユニクロ 「LUCKY LINE」(HP上で創業祭カウントダウンに並ぶと割引クーポンが当たるというもの。私も3回くらい並びました。毎回100円だったけど…。お正月にもお年玉3000円が当たるってのをやってました。)
金賞 NTT docomo 「森の木琴」http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/#play 
(間伐材を使った携帯。今回初めて見たけれど、ピタゴラスイッチ的木琴で奏でられるバッハの「主よ人の望みの喜びよ」が森に染みいるようで画面・音共に美しいです。ツンとした森の香り、冷気まで漂って来そう。全長44メートル、鍵盤413枚、失敗すること49回とメイキング見た後再度見ると更に楽しめます)

銀賞 ユニクロ 「LUCKY LINE」
銅賞 TABIO「TABIO SLIDE SHOW」(靴下のカタログ。楽しそうにすべってるのがカワイイ!)http://www.tabio.com/uk/event/slideshow/
銅賞 アディダス「ADIDAS SKYCOMIC」(http://www.magictouchjapan.com/blog/2010/06/12/adidasskycomic2/ コレは見てみたかった!)
銅賞 「SOUR/映し鏡」インタラクティブミュージックビデオ
(http://sourmirror.jp/  コレは楽しい!該当ブラウザじゃない人はyoutube http://www.youtube.com/watch?v=lcIHpPSogaQで。必見) 


銅賞 広島平和記念資料館「PEACE SHADOW PROJECT」http://www.peaceshadow.net/ 自分の影を「平和の影」として焼き付ける署名「ピースシャドウ・プロジェクト」。)
銀賞 ユニクロ「LUCKY LINE」
銅賞 ユニクロ「LUCKY COUNTER」

■デザイン部門
金賞 SHU'S PRODUCTION「CHEMICAL REACTION」(http://www.canneslions.com/work/design/entry.cfm?entryid=9512&award=2 ロゴデザイン)
金賞 PIE INTERNATIONAL 「GRAPHIC EXPLANATION」(http://www.canneslions.com/work/design/entry.cfm?entryid=4440&award=2 タイポグラフィー)
金賞 SOUR/映し鏡
銀賞 広島平和記念資料館「ピースシャドウ・プロジェクト」



■メディア部門
金賞 岩手日報「IWATTE」(http://iwatte.jp/ 個人向け記念号外発行サービス「IWATTE(イワッテ)」これは思い出に残るサービスですね。プレゼントに利用してみたいな~)
銀賞 九州新幹線 「祝!九州縦断ウェーブイベント」

■アウトドア部門
金賞 東芝「10年カレンダー」LED電球 http://www.toshiba.co.jp/lighting/jp/img/ad/pdf/led_0616_02.pdf 窓に映る10年間の家族の記録に色々なドラマが見えてくる素敵なポスターだが重くて開くの大変)
金賞 九州新幹線 「祝!九州縦断ウェーブイベント」
銅賞 広島平和記念資料館「ピースシャドウ・プロジェクト」

■フィルム部門賞 
銀賞 NTT docomo 「森の木琴」
銅賞 九州新幹線全線開業「九州新幹線全線開業CM」
銅賞 日本酒類販売ニコラフィアット・シャンパン「Toast Men」


http://www.youtube.com/user/Nishuhan トーストってバター塗ったパンじゃなくて、乾杯するって意味があったんですね。「人生に、できるだけ多くの乾杯を。」

■フィルムクラフト部門賞
金賞 NTT docomo 「森の木琴」


どの広告も一度見ただけで心に残るCMですね!海外のグランプリ作品もさすがの面白さ。もっと日本の公式HPで見られたらいいのにね・・・。(あ、そうしたらバカ高い資料が売れないか・・・)

【参考】
名称が「カンヌ国際広告祭」から「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」(英:Cannes Lions International Festival of Creativity)に今年から変わった広告祭。
このカンヌライオンズは映画に併映される劇場用広告(シネマアド)の業界団体(SAWA)がプロモーションのため1954年9月にカンヌ映画祭と同じ場所で始め、発展したものです。今ではカンヌ国際広告祭本部(IAFF)が主宰し、13の部門ごとにグランプリ・金賞・銀賞・銅賞が設けられています。2011年は全13部門に2万8828作品が応募したそうです。


フィルム部門映像とアイディアでクリエイティブを競う
プレス部門印刷媒体の広告を評価する部門
アウトドア部門看板、サインなどの屋外広告
サイバー部門インターネット上のマーケティングやキャンペーンの独創性を評価する部門
メディア部門媒体の活用手法を競う
ダイレクトマーケティング部門ダイレクトマーケティングを対象
ラジオ部門ラジオ広告の内容を評価
チタニウム(統合キャンペーン)部門総合プロモーションを評価
デザイン部門 企業ロゴ、商品ロゴ、商品パッケージ、ポスターデザイン、本のカバーデザインなどデザインのクリエイティブ性を競う
ダイレクト部門ダイレクトマーケティングを対象とした部門
プロモ部門サンプリング、タイ・イン、イベント、POPなど
PR部門PRの実例を、業種別あるいは手法別で評価する部門
フィルム・クラフト部門作品ではなく、プロセスにおいて発揮される優れた技術(ディレクション、コピーライティング、編集、音楽、サウンドデザイン等)を評価する部門



wikiおよび 日本公式より 
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
NikeのCM
面白かった!イタリア・ナイキなんですよね?その一蹴がどれだけ未来を塗り替えるのか、そんなこと考えるサッカーが盛んな国々って本当に面白い。

森の木琴もすごかったです。Jesu, Joy of Man's Desiringは年とったらだんだん心にしみるようになってきてて(オルガンだと結婚式しか思い浮かばないけども…笑)、これには涙ほろりです。早速YouTubeのほうに飛んで、FBでシェアさせていただきました!
>LimeGreen さん
すっかりご無沙汰してすみません。
商品のコンセプトが伝わるだけじゃなく、同時に企業イメージもUPされるCMってなかなか無いですよね~。
個人的には撮影場所がそんなに山奥のイメージがない嘉麻市で、鹿が出る土地だというのにびっくりしました。

まったく関係ないですが、小学校での木琴の話になって、30代の知人と世代間の溝を深めつつ大笑いしまいました。40歳くらいが木琴を学校で習わなくなった分水嶺らしいです。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。