--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/22

ショート・フィルム傑作選

映画のジャンルに短編映画、ショートフィルムというのがあります。
だいたい30分以内の作品で少ない予算で出来るため、長編映画監督デビューを目指す者が習作として作成したり、映画学校で実習として作成される事もあるようです。
欧米では確率されたジャンルですが、日本ではあまり上映される機会が少なく、映画祭で上映されるくらいです。
今では有名になってる監督のメジャーデビュー前の作品など、たまにネットで見かける事がありますが、その監督らしさがぎゅっと凝縮されていて面白い作品が多いです。その時から仲のいい俳優さんを、有名な監督になっても使っている人などもいて、ファンにはたまりません。
先日もクリストファー・ノーランのショートフィルムを見たのですが、メメントやプレステージ、ダークナイトに通じる人間の二面性や疑心暗鬼に陥って行く様などをネチネチ撮る作風はこの時から既に健在です。
また有名俳優が映画学校の生徒さんの為に出演している事があります。ヒューゴ・ウィーヴィングが出演したショートフィルムを映画学校のサイトで見ましたが、生徒さんの作品でもきっちり悪人を演じていて、若い人材の育成に貢献してる姿勢に、いい人だぁ~と益々ファンになってしまいました。

そのショートフィルムをオセロットというインターネットテレビ(オンデマンド動画サイト)で、扱っていました。
これは有料サービスですが、普段上映されずDVDもないショートフィルムを見るにはネット配信というのはとても向いてる手段だと思います。
これからこの手のショートフィルムの配信が増えると良いなと思います。

商品紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。