--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/23

11月24日はキャサリン・ハイグルの誕生日

キャサリン・ハイグル
11月24日はキャサリン・ハイグルの誕生日です。(Katherine Heigl、1978.11.24生まれ)
病院を舞台にしたシリアスなTVドラマ「グレイズ・アナトミー」のイジー役でブレイクし、エミー賞を獲得しています。
2008年2月24日の第80回アカデミー賞授賞式の赤いドレス姿は本当に綺麗でした。実力と美貌を兼ね揃えた女優さんです。

映画では「無ケーカクの命中男/ノックトアップ Knocked Up 」(映画公式HP)(12/20公開。この邦題は強烈ですね)「幸せになるための27のドレス 」(映画公式HP)とヒットを飛ばし一躍ラブコメの女王になった感じがします。

「無ケーカクの命中男」は一夜限りの関係の末に、子どもができてしまった男女の奮闘と成長を描いたコメディ。アメリカでは2007年に公開され年間14位になった大ヒット映画です。アカデミー脚本賞を取った「JUNO」が15位、「ダイ・ハード4.0」が17位ですからどれだけヒットしたか分かると思います。
結構きわどい場面もありますが、アメリカではよくこの手のHなコメディヒットしますよね・・・。
日本と違って若い男性客が映画館に行くからでしょうか?
日本ではDVDになってから一人でバカ笑いしながら見るのがよさそう。少なくとも家族で見たら気まずいです。

アメリカ版Knocked Up の予告です。日本版は(映画公式HP)でどうぞ。


「幸せになるための27のドレス」は他人の幸せをアシストしてばかりで、自分の幸せは二の次となっているヒロインが、幸せをつかむまでを描いたラブコメディ。
妹に対する仕打ちなど多少納得いかない点がありましたが、楽しい作品でした。キャサリン・ハイグルが着る27着の花嫁付添人のドレスもとっても可愛いのや、それは無いだろうという酷いのまで(キモノ風のドレスは特に酷い)色々あって面白かったです。
「魔法にかけられて」  「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 「スーパーマン・リターンズ 」 「きみに読む物語」 などで毎回条件良いのに振られる役だったジェームズ・マーズデンがやっとヒロインの相手役だったので、良かった!苦節○年!っとにんまりしてしまいました。



グレイズ・アナトミーが続いているので映画出演は年に1~2本のペースかも知れませんが、もっとどんどんスクリーンで見たい女優さんです。

にほんブログ村 映画ブログへ
俳優 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。