--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/24

原作本「100歳の少年と12通の手紙」感想

「100歳の少年と12通の手紙」読みました。
短い作品で、さらっと読み終えてしまいますが、「生」「死」について、10歳の子どもでも分かる言葉と考え方でつきつめ、ユーモアーも忘れない温かな物語です。
実際自分の「死」について考えると「生きる」の意味を知りたくなります。オスカルが至った心境がたった一つの答ではありませんが、信仰や生死について思いを巡らしたくなる本です。

ストーリーは「不治の病におかされているオスカルは、マミーローズに教えられて、一日を10年間として考えて日々の生活を送ることにする。そのなかでオスカルは年を重ね、生きる意味を自分で悟っていく」物語です。

映画の予告どおり子どもが不治の病で死ぬ話、しかもオスカーは10歳。これから人生が始まる年ごろなのに、その前に死んでしまう運命です。
ピンクの白衣を着たボランティア女性・マミーローズは自分の故郷の「年末12日間の天気を観察することで、翌年12ヶ月の天気がだいたいわかる」占いをオスカルに教え、1日を10年と考えその日の出来事を観察し、神さまに手紙を書くようにすすめます。
1日10歳ずつ歳を重ねるオスカルはその中で人生の様々な出来事を経験します。もうこの辺の流れはすごく巧い。死に行く子の親、担当医師など、周りの登場人物描写も計算つくされた感じです。
あざといとまで言いませんが、オスカーが良い子過ぎて、こんなに達観しなくてもいいのに、もっとジタバタしても良いのよ~っと切なくなってしまいました。
実際自分が死ぬときは絶対ジタバタすると思いますし、自分の親兄弟にもジタバタしてもらった方が気が楽です。多少糞ガキ、糞ババア、糞ジジイでも思い出で美化するものなのに、こんな良い子が死んだら、神さまに感謝する気持ちになれませんし、悲しすぎて立ち直れません。

でも自らの死を前にすると、人は信仰の対象となる人知を超えた絶対的存在「神」(この話ではキリストとなっていますが、ヤハウェでもアッラーフでも仏とも呼ばれる何か)と会話したくなっちゃうんでしょうね。
自分が世界から受け取っている物(空気や日光や食物や命や人との関わりetc)について当然のように考えがちですが、よくよく考えると凄い事なんだなぁとオスカルの目を通して考えさせられました。

もともとダニエル・ダリューの戯曲のために書かれた本で、戯曲にもなっています。薔薇の名前にもなっていいるダニエルダリューが、マミーローズというのも洒落ています。
映画は予告見ただけでも子役が愛らしくて涙出そうです。原作にはないローズの母などどんな脚色があるのかも楽しみです。




邦題:100歳の少年と12通の手紙
監督・脚本・原作: エリック・=エマニュエル・シュミット
音楽: ミシェル・ルグラン
出演:ミシェル・ラロック 、アミール 、マックス・フォン・シドー 、アミラ・カサール 、ミレーヌ・ドモンジョ
公式HP http://100-12.com/
公開日:2010年11月6日(土)

4309205526
100歳の少年と12通の手紙
エリック=エマニュエル シュミット (著), Eric‐Emmanuel Schmitt (原著), 阪田 由美子 (翻訳)
単行本: 116ページ
出版社: 河出書房新社 (2010/10/21)
ISBN-10: 4309205526
ISBN-13: 978-4309205526
発売日: 2010/10/21
商品の寸法: 17.4 x 13.2 x 1.6 cm

映画の原作本 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
こちらでは
イーストウッド監督のHereafterがやはり生と死(というか死後のことかな)を取り上げていますよね。

こういう映画(なぜ生きるのか、なぜ死ななくてはいけないのか、その先には何かあるのか)は、結構観るのに気合いが要るんですけど、The Five People You Meet in Heavenなどもとってもよかったし、観てみたいとは思うんですよね。

でも14年間一緒に過ごした愛猫を亡くしてまもなくて、めちゃくちゃ影響されてしまいそうなのも怖いんです。
>LimeGreenさん
ちゃーちゃんの件、大変でしたね。お悔やみ申し上げます。とてもお辛いと思いますが、元気だして下さいね。

私の普段の暮らしでは死は無縁で、従って信仰・宗教について考えることがなく、信念をもって語れるほどの結論に至ってません。でも本当はちゃんと考えて生きないともったいないですね。映画や読書でも、やはりその時の心理状況に影響されるというか引き摺られてしまうとのうのは、ありますから、私も切羽詰まってない今のウチに色々読んでみたいと思います。まぁそういう問題に直面したら映画見に行ってる暇はないかも知れないですが…。

The Five People You Meet in Heavenは日本では公開されてないのですが、原作小説はでてるようなので今度差がしてみますね。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。