--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/18

映画「トイレット」感想

映画「トイレット」見てきました。
所謂森ガールが好きそうなほっこりさせるTOTOウォシュレット宣伝映画でした。もたいまさこありきの映画だけど、「ば~ちゃん」の背景や気持ちが私には見えず、腑に落ちないもやもやが残りました。

ストーリーは「プラモデルオタクのレイ、引きこもりピアニストのモーリー、勝ち気でわがままな女子大生リサの3兄妹は、お互いに干渉せず、それぞれマイペースに暮らしていたが、母親の死をきっかけに家にやってきたナゾの祖母“ばーちゃん”との四人暮らしが始まる。」というものです。

母を亡くした三兄妹と祖母という関係なのですが、「ば~ちゃん」は日本から来たばかりで英語が話せない設定かと思いきや、日本語すら話しません。話さなくても仕草や目線や佇まいで愛情表現があれば昔の頑固爺さんのようにむっつり寡黙なおばあさんという設定かとも思えるのですが、そういうシーンも全くなく、一体何を考えているかさっぱり分かりません。
コミュニケーションを取ろうともせず、部屋に引きこもってる祖母に孫達への愛情があるのかさっぱり分からないまま物語は進みます。
笠智衆みたいに突っ立ってるだけで絵になる俳優なら似合う役だと思うのですが、もたいまさこにはもっと表情を活かしたキャラにしたほうが良かったんじゃないでしょか?

兄弟のキャラ設定も冒頭ではこんな人間だと言ってるわりに、すぐにまともな人間に変わっていきます。別に母の死や祖母との暮らしで変化したという感じがしないんですよね。設定が脚本に活かされてないので、ちぐはぐな印象でした。
また三兄弟の物の考え方が日本人チックな気がしました。日本人の母に育てられたからと言われればそうなんですけどね…。
でもピアノの音楽は良かったです。良い曲でした。
あとはインド人の同僚が良いキャラでなかなか良かったです。

人には合う合わないがあるものです。私には合いませんでしたが、受けてる層には受けると思うので、これはこれで良いと思います。

監督・脚本:荻上直子
撮影:マイケル・レブロン
音楽:ブードウー・ハイウエイ
美術:ダイアナ・アバタンジェロ
編集:ジェームズ・ブロックランド
上映時間:109分
HP:http://www.toilet-movie.com/
出演アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ


映画の感想 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。