--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/14

映画「オーケストラ!」感想

「オーケストラ!」見てきました。
政治に翻弄された人々がたくましく生きる様子に笑わされ、ホロリとし、最後は音楽の持つ力にじ~んとさせられました。特に12分22秒のラストシーンは、あまりセリフはないのに音楽と演技だけで奇跡が起こっている事が伝わってきてまさに圧巻でした。後味もすっきり、評判が良いのも納得の素敵な映画ですね。
クラシックやロシアについて知識がなくても世代関係無く楽しめるコメディ作品です。ただベーゼが現在では口づけという意味では使われていないなど、現在のフランス語について知識があれば、もっと笑えそうだったのが唯一もったいない点でした。

ストーリーは「1980年、ロシア・ボリショイ交響楽団から多くのユダヤ人が排斥され、それに反対した天才指揮者のアンドレイも楽団を解雇されてしまう。いつか復職する日を夢見て劇場清掃員として働いていたアンドレイは、ある日パリのシャトレ座から送られてきた出演依頼を見つけ、偽のオーケストラを結成することを思いつく。」というものです。

ソ連時代プレジネフ政権下で排斥されてから30年、アンドレイ以外の元楽団員も皆苦労し、救急車やタクシーの運転手、引っ越し屋、ポルノ映画の音響技術者、博物館の監視員、蚤の市業者など様々な職業についています。しかし理不尽な状況を嘆く作りではなく、パワフルにたくましく生きている姿がなんともユーモアーがあって楽しかったです。

予定をすっぽかし自分勝手に行動し呼び出しも無視する彼らと、ソリストのアンヌ=マリー・ジャケ、指揮者のアンドレイそれぞれの過去と気持ちがチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」を演奏するうち一つに昇華していくラストは、コンサートを見た時のように拍手喝采をしたくなりました。

オーケストラの楽器のように個性豊かな登場人物(ロシア人、ユダヤ人、ロマ、フランス人、ロシアンマフィア、ロシアの大富豪)を活かした協奏曲のような脚本・演出がこのカタルシスを生んでいるんでしょうね。

基本コメディなので、あり得ない展開や無理がある設定もあります。
練習シーンが全くなかったり、60人分のパスポートとビザがずっと通用したり、初めてのパリでフランス語も分からないのに商売できてたり…などなど。でもそこ突っ込むのはヤボと思わせ、粗も気にならなくなるのは、最後の演奏シーンが素晴らしいからでしょうね。
主要なキャスト以外の楽団員は本物の音楽家を使ったそうで、演奏シーンにリアリティがあります。ヴァイオリンソリスト役のメラニー・ロランの指と弓はちょっと不自然なところもありましたが、知的な美しさと華があってぴったりの配役です。「イングロリアス・バスターズ」の時より綺麗になってる気がしました。
またコンサートシーンは演技や演出も良いけど、カメラワークも素晴らしく、登場人物の心の動きがしっかり画面から伝わってきました。また彼らのその後までさらりと見せてハッピーな気持ちにさせてくれる編集も良かったです。

あり得ない設定と言いましたが、「ソ連時代プレジネフ政権によってボリショイ交響楽団からユダヤ人音楽家たちが排斥され、彼らを擁護するロシア人もまた解雇された」というのと「2001年偽のボリショイ・オーケストラが香港で公演」というのは実話らしいです。ロシアにはガス油田でボロもうけした大富豪も実在しますし、パリ・コミューンに憧れるロシア共産党員やロマの演奏家もいそうですよね!

映画はクラシックの他、テクノなどさまざまな音楽が使われています。特にロマの宴会シーンは生活の中に音楽があり、それを楽しむ気持ちの豊かさが溢れている素敵なシーンでした。

映像的にはDVDでも十分ですが、臨場感ある演奏シーンを楽しむには音響の良い劇場で見た方がおすすめです。



冒頭10分の動画も公開されています。
http://gagamovie.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=158


邦題:オーケストラ!
原題:Le Concert
監督・脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ
出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ミュウ=ミュウ
上映時間:124分
公式HP: http://orchestra.gaga.ne.jp/

B003COBQTK オーケストラ! サントラ【全28曲】
 3. ナニナニ 、7. カリンカ 、9. カルゥ 、11. 交響曲第1番「巨人」第3楽章より 、13. 剣の舞 (DJ Ahmed Remix) 、14. ピアノ協奏曲第21番第2楽章より 16. ツィガーヌ 、26. ヴァイオリン協奏曲より など
amazonで一部試聴可。

劇中使用曲:モーツァルト「ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV467」、チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35」「白鳥の湖」、バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007」「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調BVW1043」、ロッシーニ「ウィリアム・テル」、シューマン「夕べに」「なぜ」、ドビュッシー「西風の見たもの」、パガニーニ「24のカプリース作品1」、ハチャトゥリアン「剣の舞」、マーラー「巨人」、リムスキー=コルサコフ「交響組曲「シェラザード」Op.35」、ラロ「スペイン交響曲ニ短調Op.21」、メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64」他


映画の感想 | Comments(0) | Trackback(4)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。