--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/01

映画「息もできない」感想

「息もできない」見てきました。暴力や社会問題など過酷な現実を見せながら痛々しい魂をリアルに描き、しかもクスッと笑わせるユーモアーもある、何とも言えない魅力溢れた作品でした。俳優の演技も巧いのですが、容姿や雰囲気が脚本に嵌っていて本当にこうゆう境遇のこんな人いそうというリアルさがありました。さらに演出や編集も緩急のつけかたが巧くて、息詰まるような緊迫感や、やるせない心の動きが画面から滲み出てきます。家族の問題に押しつぶされそうになりながらも躙るように生きる二人が出会い魂が寄り添っていく過程は痛々しく切なく、漢江の岸辺シーンあたりからラストは涙が止まりませんでした。
上映館が少ない作品ですが、DVDになるまで待つのももどかしいです。オンデマンドでもやってますが、近所でやってるなら是非劇場でご覧下さい。

ストーリーは「父への激しい怒りと憎しみを抱き、社会の底辺で生きるサンフンはある日、心の傷を隠しながら生きる勝気な女子高生ヨニと出会い少しずつ変わっていくが……。」というものです。
韓国映画は暴力とエロが多くて苦手なのですが、この作品も暴力シーンから始まります。ボッコボコに相手を殴る頭悪そうな顔の主人公サンフン。下品な罵倒語しか言わず、女も殴る最低の暴力男ですが、抜けたところもあってだんだん感情移入してしまうのが不思議です。

この映画について前知識は一切持ってなかったので、前半「ヤンキーナルシスト監督の無垢女子高生による魂救済映画か…」と誤解してしまいました。私が無知でした、ごめんなさい。しかし二人の関係は恋愛というよりDV被害者(同時に加害者でもある)が共鳴したような痛々しいものです。

互いの境遇について二人は知らず、過去の因縁も知っているのは観客だけです。たしかに身に降りかかった物事の原因が全て解明されてて当事者がぜんぶ知ってるなんて現実には無いですもんね。そこからラストに繋がる脚本は憎いくらい巧いです。

また手持ちカメラによる人物目線画面は登場人物達の心情に迫り、ドア越しだったり殴ってる顔のアップと音だけで表現した暴力シーンはバイオレンスよりドラマ=心情描写を重視してて、暴力が題材の映画ながら嫌悪感を抱かせない作りになっています。

言葉で気持ちを伝えられず感情を暴力でしか表現できないサンフンの心情の変化を、台詞に頼らず手に取るように分からせた脚本・演出・カメラ・そして俳優、どれもとても良かったです。

そして思いっきり泣いた疑似家族として希望があるかに見えた結末の後、ラストシーンも非常に考えさせられるものでした。暴力の連鎖・因縁というギリシャ悲劇のような普遍的な物語になって、静かだけど衝撃的な終わり方でした。

いや~、これが長編デビューの監督・製作・脚本・主演ヤン・イクチュン、すっごい才能ですね。
しばらく見てなかったけどまた韓国映画が見たくなりました。



原題:Breathless
監督:ヤン・イクチュン
製作:ヤン・サンジン
撮影:ユン・チョンホ
美術:ホン・ジ
編集:イ・ユエンジュン、ヤン・イクチュン
音楽:インビジブル・フィッシュ
上映時間:130分
出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス、パク・チョンスン
公式HP:http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/
「アクトビラ」(http://actvila.jp/)と「J:COM オン デマンド」(http://www.jcomondemand.jp/)でオンデマンドでもやってます。
映画の感想 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
当方地元では5月22日より公開!

ちょっと怖いけど、今から楽しみにしています!!
>ばるたん(V)o¥o(V) さん
これは「必見」です。
韓国映画は苦手だけど、今年のベスト映画になっちゃうくらい良かったです。暴力シーンもあるけど、全く自己陶酔(所謂「男の美学」系統の…)がないのも気に入りました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。