--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/21

2009年1月1日は1日が一秒長いうるう秒

2009年1月1日は1日が一秒長いうるう秒。
情報通信研究機構日本標準時プロジェクトさんによると、2009年1月1日午前8時59分59秒のあとに1秒挿入され、午前8時59分60秒、午前9時00分00秒となるらしい。
世界一斉に1秒伸びてると思うと世界中で1秒お年玉貰ったみたいで、ちょっとニコニコしてしまう。

私たちにとって1日の午前8時59分60秒が、他所の国では31日の23時59分60秒だったりするのも楽しいですよね。
うるう秒の制度が1972年に始まってから、今回で24回目なせいかあまり注目されてませんけどね。
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。