--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/18

映画「フィリップ、きみを愛してる!」感想

「フィリップ、きみを愛してる!」見てきました。
ユアン・マクレガーが恋する乙女してて、俳優って凄いな~と感心してしまいました。
劇場で是非ってほどではないですが、97分と短く気軽に見られる楽しいコメディなのでDVDならおすすめです。

ジム・キャリーとユアン・マクレガーがゲイのカップルを演じる、実話に基づいたラブストーリーで「愛する妻子と平穏な生活を送っていた警察官のスティーブは、ある日、瀕死の交通事故に遭ったことで人生を見つめ直し、妻に自分がゲイであることを告白して家を出て行く。やがて詐欺で得た金で恋人を満足させるようになったスティーブは、逮捕・収容された刑務所で、フィリップという青年と運命的な恋に落ちる。」というものです。

これが実話ってのにまずびっくり。直截な表現が多くて最初はキモいゲイカップルですが、そのうち彼の一途さが可愛く見えて来ます。そして電話のシーンでは思わずウルッとなり、オチには笑ってしまいました。
ジム・キャリーは相変わらず顔芸で怪演してますが、特記すべきはユアン・マクレガーのゲイ達者ぶりですね!女の子の走り方だし、上目使いで恥じらう顔もキュートだし、拗ねた顔も可憐、指先までもカワイイです。もう恋する乙女にしか見えません。とても「天使と悪魔」の理想に燃えた演説をするカメルレンゴと同一人物じゃないですね。
ロスの街をゲイっぽく闊歩するロドリゴ・サントロ格好良かったですね!それに後半ちょっぴり泣かせてくれました。チョイ役だけど良かったです。
それにしてもスティーブの詐欺や脱獄方法が大胆不敵で騙しっぷりがお見事でした。実話じゃなければこんな都合主義な~とツッコミ入れたくなるくらい痛快でした。
犯罪実録物ではなくラブストーリーなので楽しく見られる1本だと思います。


原題 I LOVE YOU PHILLIP MORRIS
監督・脚本:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作:アンドリュー・ラザー、ファー・シャリアット
製作総指揮:リュック・ベッソン
原作:スティーブ・マクビカー
撮影:ハビエル・ペレス・グロベット
美術:ヒューゴ・ルジック=ウィオウスキ
編集:トーマス・J・ノードバーグ
音楽:ニック・ウラタ
出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ
上映時間:1時間37分
公式HP: http://iloveyou.asmik-ace.co.jp/
映画の感想 | Comments(12) | Trackback(1)
Comment
同じくユアンに拍手♪
絶対にユアン・マクレガー、凄いですね。
西洋人の方が東洋人より老けが速いのに、本当に「可憐」という表現がピッタリのフィリップだった。
40過ぎてあの可愛さは素晴らしいです。そう見えるよう演じている所が。
ロドリゴ・サントロも、ラテン系にしてはくどくない相変わらず男前で、「これだけ?」と思ったら
重要なキャラとしてきちんと描かれており、ストーリーの構成が良いですね。
ジム・キャリーは相変わらずなのですが(少々行き過ぎの描写も)、
それでもタイトル通りフィリップに気持ちを伝えるシーンは胸が温もりました。
上手い俳優達の仕事を観たな、という思いです。
昨日婦人科で
待ち時間にPeopleをめくってて、プロモだったかなんとか賞だったかで(よく覚えていない)二人がキスしている写真を見て、「ぎゃぁー」と思ってしまったところでした。話題がタイムリーです(笑)。

ユアンのキスの角度がとっても女性っぽかったので、よくよく見たらよくお似合いだったのが、さらにびっくりでした。

とっても気になる映画なのですが、ジム・キャリーを克服して観られる自信が余りありません…。大丈夫だったのがSimon Birchぐらいしか…。
No title
ゲイ映画にハズレなしと思ってるし、
ジム・キャリーも苦手ではないし、
何よりユアンが好きなのでぜひ観たいと思ってます。
ユアンが可愛い作品なんですね♪楽しみですv-238
何かの番組でジムが自分にとって「トゥルーマンショー」や「マジェステック」のような作品」と言っていましたが、
それよりもコメディ色が強いのかしらん。
>湛 さん
>上手い俳優達の仕事を観たな、という思いです。

おっしゃるとおり!!!
ホント良い仕事見せて頂きました。
あのカワイイ仕草を私がまねてもキモイだけだと思いますが、40男のユアンがやるとキュートで可憐でした。俳優ってすごいなぁ~と思う1本ですね。
構成も巧いですね。
惜しむらくは映画の宣伝で実際のスティーブが服役中だと分かっているので、あの電話の後が読めてしまうところですね。
>LimeGreenさん
私もジム・キャリーかなり苦手なのです。
あのオーバーアクションと顔芸が暑苦しくて…。
でも人気ありますよね。

映画は面白かったですよ~。
>栄子さん
「フィリップ、きみを愛してる!」と「カラヴァッジョ」をはしごしてしまい、両方に男性とのキスシーンがあってまさに「ゲイゲイゲイゲイゲイ」の1日でした。
ユアンの可愛らしさを是非ご覧になって下さい。

ジム・キャリーもこの作品には思い入れ強いみたいですね。「エターナツサンシャイン」と並べてどうしても出たかった作品だという記事がでてました。
それはそうとジム・キャリーのでこが結構広くなってて、役作りなのか、素なのかちょっと気になります。
はじめまして
はじめまして、最近映画館によく行くようになった者です。
映画は映画館でみるとやっぱり面白さが違いますね。

ジム・キャリーって嘘つきがよく似合う気がします(笑)
本人はけっこう苦労人らしいことを以前どこかで読みましたが。
この映画、一途な愛が微笑ましいけれど、その裏に地道に生きられない詐欺の高揚感を求める生き方に、なにやら切ない物を感じてしまいました。
ユアンはちょっとむっちり体型も(役作り?)ほんとにかわいかったですね。


>mi-ya さん
いらっしゃいませ
確かに映画館で見た方がDVDより物語に入り込んで見ちゃいますね~
ジム・キャリーのでこも役作りなのかがすご~く気になりました。
どうなんでしょうか?
初めまして。
ユアン・マクレガーの「ゲイ達者ぶり」について、
自分の中に巻き起こった感情が見事に文章化されてて、
思わずコメントしてしまいました。

本当にユアンが恋する乙女で、可愛くて。。。
横レスですが、もう40歳過ぎてるんですねぇ。
ビックリです。
あんなに可憐な40歳がいるのか!と。
ジム・キャリー観に行ったようなものなんですが、
見事にユアン大好きになって帰ってきました(笑)。

乱文、失礼しました。
>幸 さん
ほんとユアンが40歳過ぎてあんなに可愛いくって、俳優って凄いな~と感心しました
多分女性がやったら嫌味になっちゃいそうなキャラですが、そこを純真で無垢な性格として厭らしさなく作り上げてましたね~
また次もどんなキャラを見せてくれるか楽しみです
No title
初めまして。
私もびっくりしました、噂以上のユアンの乙女ぶりに!
どうでもいいことですけど、ユアンはまだギリギリ40歳すぎていないと思いますよ。
私はジムが50近いのにあのポップさに驚いています!!
いまさらのコメントですみません。
>りおんさん
あぁああああ、乙女(?)の年齢を間違えるとは…申し訳ない事をしてしまいました。
確かにギリギリとはいえ30台です。ごめんなさい。昔から活躍しているので、つい勘違いしてしまいました。
あの可愛らしさは是非見習いたいものです。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。