--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/11

映画「狼の死刑宣告」感想

「狼の死刑宣告」見てきました。
傑作とは言いませんが、思わぬ拾い物で面白かったです。基本的にはヴィジランテ(自衛団)アクションなのですが、正義や裁きについて考えさせられる映画でした。
death_sentence00.jpg


ストーリーは「家族と幸せな生活を送っていた平凡なビジネマンのヒュームは、ある日、目の前で息子のブレンダンを不良少年に惨殺されてしまう。心の傷も癒えぬまま裁判を迎えたヒュームだったが、納得のいく刑罰が与えられないことを知り、自らの手で息子の仇を打つこと決める。」というものです。

まず、家族ビデオではじまる導入部分から物語に引き込まれました。
父親が小さい息子にアイスホッケーのスティックをプレゼントし、使い方を教え、やがて優秀な選手と育っていく成長の過程を家族ビデオで見せられるので、私も親せきや近所の子供の成長を見守っている気持ちになり、その後の悲劇がズシリと心にのしかかります。だから、父親が復讐を決意する気持ちに共感させられてしまいます。

裁判所の予審で犯人がへらへらしてるのを見て父が決心するシーンや、次男のベッド脇で再び決意する父を目の表情だけで演じるケヴィン・ベーコンの演技がとても良かったです。また街中の追跡や駐車場の長回し(追われる父とギャングを十分に描いた後に切り替えて見せる演出)などとても巧くて、この監督これからも面白い作品を一杯つくりそうで期待出来ますね。(怖いのは苦手なので、ホラー以外でお願いします。)
death_sentence02.jpg

またそれまで一般人だった父が銃の説明書を見ながら練習するところや、髪を自分で刈ってるので刈り残しがあるのもすっごくクールで格好良かったです。

ただ説明書を読んだだけであんなに百発百中の腕になっちゃうのはツッコミどころですね。あと、街中で襲われた時、ギャングに護身術で勝つのも普通の一般人には無理ありますよね~。それに警察が無能すぎとか都合良く進みすぎですが、まぁ細かい事は出演陣の演技力と映像の迫力に押されあまり気になりませんでした。110分と短いのもちょうど良かったです。
death_sentence01.jpg


でも結局復讐しても父親が得るのは「俺たちと同じ」に墜ちただけで、復讐が何も生まない事を描いていて、『暴力は君を幸せにしたか』という「アメリカン・ヒストリーX」のセリフを思い出しました。
法で裁けない悪をやっつけるというのは、善のように思えますが、実際はただの暴力行為で誰も幸せにしないんですよね。
本作は、「ソウ」のジェームズ・ワン監督が「狼よさらば」の続編小説をほとんどストーリーを変えて映画化し、アメリカでもDVDになってから人気が出た作品です。そう思うと良くぞ日本で劇場公開されたな~って感じです。
「カールじいさんの空飛ぶ家」のおまけアニメの時も思いましたが、この映画でも車の盗難防止ブザーが効果的に使われています。こういう小物使いが巧いとぐんと話が面白くなりますね!

説明書をいつもしっかり読む人やフィルム・ノワール好きにおすすめしたい作品です。



B00313O40U狼の死刑宣告 [DVD]  3/19発売
原題:Death Sentence
監督:ジェームズ・ワン
原作:ブライアン・ガーフィールド
脚本:イアン・マッケンジー・ジェファーズ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
音楽:チャーリー・クローサー 
編集:マイケル・N・ヌエ
上映時間:1時間46分
出演:ケビン・ベーコン、ギャレット・ヘドランド、ケリー・プレストン、アイシャ・タイラー、ジョン・グッドマン
公式HP: http://www.ookami-sikei.jp/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
お父さんが頑張る映画その1「96時間」感想
お父さんが頑張る映画その2「幸せはシャンソニア劇場から」感想
映画の感想カテゴリの他の記事
映画の感想 | Comments(8) | Trackback(3)
Comment
No title
こんにちは~。

ふぉうさぎ、説明書をしっかり、読むひとです。
うへへ。

監督の、名前をみてびっくり。
調達できる、予算がふえて、ほんとうにつくりたい映画への、
ねらいを、さだめはじめたのでしょうか。
「SAW」だけで、おわるのかなと、思っていたのですが、
ちょっと、たのしみに、なってきました。
>ふぉうさぎさん
おはようございます
説明書読む派ですか~!偉いなぁ
私は読んだつもりでも取りこぼしがあって、後で慌てるタイプです。
インストールや設定が上手く行かず素行錯誤の結果やっと出来て、その後よくよく読んだら「確かに書いてあるよ…」っと何度がっくりした事か。
きちんと読む人尊敬します。

そう「SAW」の監督なんですよ。ホラーは若手監督の登竜門なんですねぇ~。
SAWシリーズのプロデュースやゲーム脚本で忙しいのか、2007年の本作の後は2008年に短編コメディ映画撮ってるだけです。でもIMDbによると2011年にドラキュラの映画を撮るみたいなので楽しみです。
ご無沙汰です
こんにちは~。
遅くなりましたが、新年のご挨拶をさせてもらってなかったので・・・
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

コメント欄が開いたということは忙しいのも一段落されたのでしょうか?
今年はかなり冷え込む冬になっています。
風邪など引かぬよう、お体には気を付けてください。

ケヴィン・ベーコン、年をとるにつれて良い演技をするようになったなぁと思います。
また出演映画の選び方も上手いのかも。
この映画も面白そう♪
今年もlifeonmarsさんのブログで映画情報をチェックさせてもらいますね(^^)/
>サイズ君 さん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

11月はくたくたに疲れて帰宅、そのまま爆睡、4時頃起きてblog更新なんて無茶してましたが、やっぱ体力的にもネタ的にも無理っすということでおサボりしてました。
多少落ち着いてきたのですが、今度はおサボり癖がついてしまいました…。
まぁぼちぼちやって行きたいと思います。

今年は本当に寒いですね~。12月中旬までは暖冬になるかと思ってたのに…。
温かくしてお過ごし下さいね!
あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しています。遅ればせながら新年のご挨拶を。
コメント欄が再開されて良かったです。でも呉々も無理なさらないでくださいね。
本年も情報を楽しみにしておりますので、宜しくお願いいたします。

今回の紹介作品、興味深そうですが胃にきそうなお話!
最近、ヘタレてますので体調を整えてチャレンジしたいと思います。
来週は『プッシング・デイジー』シーズン①DVD発売で
疲れた頭を癒そう♪と思ってます。
>湛 さん
本年もよろしくお願いいたします。
すっかりご無沙汰してすみません。
人間って体が資本だなぁ~としみじみ感じております。
元気が一番ですね!

おお、プッシング・デイジーやっと発売ですか!めでたいです。
あっ
コメント欄が戻ってる!

いつも楽しみにしてますので無理せず続けてください。
>toto さん
ご無沙汰しております。

出来る範囲でぼちぼちやっていきたいと思います。
温かいお言葉ありがとうございました。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。