--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/10

映画「(500)日のサマー」感想

(500)日のサマー」見てきました!
昨年のサンダンス映画祭の時から約1年、待った甲斐がありました。
切なくて可笑しくてカワイくてほろ苦い、しかもリアルな映画でした。
なによりジョゼフ・ゴードン=レヴィットがキュートで、恋するトムを応援したくなります。
好きになってもなかなか告白出来なかったり、相手の何気ない言葉で浮き沈んだり、ベッドインして浮かれてみたりと、男子目線の恋愛模様がこれでもかってくらいにリアルに描かれています。これは21世紀の恋愛バイブル映画になっちゃうんじゃないでしょうか?

ストーリーは「建築家を夢見つつもグリーティング・カード会社で働くトムは、社長秘書として入社してきたサマーに一目ぼれをする。運命の恋を信じるトムに対し、サマーは真実の愛を信じられない女の子。正反対なふたりの恋のゆくえ」を描いた作品です。
500daysofsummer001.jpg

相手のサマーは恋を信じないのに、キスしたり手を繋いでデートしたりと勘違いさせる行動多すぎなんですよね。
恋はしたくないけど誰かといたい寂しがり屋タイプの人って端からしたら大迷惑ですね。「真剣に付き合う気はないの」とか「踊りたかったから」とか、テメーふざくんな(怒)と一発なぐりたくなったのは私だけじゃないでしょう。エキセントリックな性格が反って魅力になっちゃうタイプの女の子に、ズーイー・デシャネルのお人形のような容貌にはまっていてぴったりなキャスティングでした。

でも、途中からサマーだけが悪いわけじゃない気がしてきました。恋愛って二人同時に同じ重さで好きになる事はまずないですよね。どちらかが早かったり、どちらかの想いの方が大きかったりするものです。相手にそこまで想ってもらえたら、付き合ってるうち好きになるかもしれない、趣味も話も合うし人柄も良いしそのうち恋になるかもしれない、そんな風に付き合い出す人も結構いるでしょう。だけどどうしても恋にならない。あの映画を見ながらサマーは気づいちゃったんですね…。

一方先に好きになった方としては、付き合って行くうちに相手も同じ気持ちになると期待する、これも痛いほどよく分かります。若い女性に多いけど、自分の愛の力で相手が変わるって期待しちゃうんですよね。
でも人を変えられるのは本人だけで、他人の心は変えられないものです。
結局サマーもトムも恋によって変わり成長するラストが爽やかで心地良い余韻に浸りながら帰宅しました。
500daysofsummer002.jpg


二人の500日間をあっちこっちに飛ぶ構成も、音楽ビデオ出身らしいユニークな演出も音楽使いも監督のセンスが光っていますね。また洋服や小物もキュートでマネしたくなる物がいっぱいです。
楽しくて仕方なかった行動が、気持ちの変化で嫌で堪らなくなったり、好きだったところを欠点として挙げてみたりとこのあたりの脚本が恋の本質をついていて憎らしいほど巧いです。
また脇役も良い!私のお目当てポール役マシュー・グレイ・ギュブラーもカメオ程度かと思ってたら、意外に出番が多くて嬉しかったです。同僚マッケンジー役のジェフリー・エアンドも妹レイチェル役のクロエ・グレース・モレッツも勤務先社長役のクラーク・グレッグも作品の雰囲気にあってましたね~。

前売り1枚しか買わなかったのが悔やまれますが、もう一回くらいは見に行きたいです。気がすごく早いですが、2010年のベスト10映画に入ります。ついでにアメリカでは既にDVDが出ているのを円高なので注文してしまいました。

そのアメリカアマゾンにあった動画へのリンクも貼っておきますね。自分のアパートからがっくり出てくるトム。あのダンスシーンと同じ場所なのに、気持ちが沈んでると噴水の出まで悪いんですね(笑)
URL http://www.amazon.com/gp/mpd/permalink/m3OE8XQGX12FTD

こんなにこんなに好きなのに、どうして恋が上手くいかないんだろうと切ない思いをした事がある人にお勧めです。



B002BAODSC(500)日のサマー
原題:(500) Days of Summer
監督:マーク・ウェブ
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:エリック・スティールバーグ
美術:ローラ・フォックス
編集:アラン・エドワード・ベル
音楽:マイケル・ダナ、ロブ・シモンセン
上映時間:1時間36分
出演:ジョセフ・ゴードン=レビット、ズーイー・デシャネル、ジェフリー・エアンド、クロエ・グレース・モレッツ、マシュー・グレイ・ガブラー、クラーク・グレッグ、レイチェル・ボストン、ミンカ・ケリー
公式HP:http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
(500)日のサマーの他の記事
映画の感想カテゴリの他の記事
建築・インテリアの他の記事へ
映画の感想 | Comments(6) | Trackback(7)
Comment
この動画!
以前にも、リンク貼らせていただいたんですが、コメントを残したかどうか忘れてしまいました。。

Twitterで(500)の応援アカウント作って勝手に応援してます。

このamazonの動画、どういう経緯の動画なんでしょう??

面白すぎます!

Twitterからリンク張らせていただきました
>のぼんば さん
こんばんは~
リンクありがとうございます。
ほんと、見たらますます応援したくなる映画ですよね!
これからもどんどん応援して下さい。

この動画は私も今回初めて見ました。DVDには削除シーンが入るらしいのでこれがその特典かもしれません。
最後は青い鳥にフンかけられちゃってて気の毒すぎです。
No title
応援がんばります!(笑)

最後のフン…笑いました。

青い鳥が、なぜかアニメじゃなくって、3Dっぽいのはなんなんでしょうね。

amazonのDVDのところに動画が貼ってありましたから、やっぱり特典なのかな。日本版にも入ればいいなぁ。
No title
これはいい映画でしたよね!!
>のぼんば さん
DVD特典は他にもコメンタリーが付いてるらしいです。
私の注文は1/11出荷で到着予定が2/5~2/26ととってもアバウトな連絡がきました。
見たらどんな特典がついていたか報告いたしますね!
>チュチュ姫 さん
> これはいい映画でしたよね!!

はい!恋愛のスレ違いや、男女のズレをきちんと描いてて、しかもキュートな映画でした。
全部好きです。

管理者のみに表示
Trackback
(500) Days of Summer これは痛いですね。観ている最中、もうトムが可哀想で可哀想で。でも泣ける、っていうのでもない、そんな風に感情的にさえ...
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。