--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/22

絶対TVで流すべきだった「スペル」の予告篇

「スパイダーマン」シリーズの監督、サム・ライミが久々に手がけたホラー「スペル」は、日本でも11月6日公開され、一週目8位にランクインしていました。

ストーリーは「昇進を間近に控える銀行員のクリスティンは、老婆・ガーナッシュが懇願する不動産ローンの延長を断固拒否する。その夜、クリスティンは狂人と化したガーナッシュに襲われ、聞きなれない呪文のような言葉を浴びる。それからクリスティンの周囲で、次々と不穏な現象が起こり始める。」というものですが、見た人の感想見たら怖いというよりB級とかホラーコメディーという単語が並んでいます。
なるほど、下の動画見たら、これはコメディーで間違いなさそうです。
原題"Drag Me to Hell"をなぜ「私を地獄に連れてって」にしなかったのか配給のギャガに文句言いたい人も多いでしょうが、私はこのCMをTVでやればよかったのにと言いたいです。
一見、ファン制作のMAD予告のようですが、youtubeのギャガ・コミュニケーションズ・ムービーチャンネルに登録の動画なので、配給ギャガの正式な予告です。

上映回数が減ってますが、今週まではやってますので、「キレたら怖いバァさん」を堪能されたい方は劇場でご覧下さい。


原題:Drag Me to Hell
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、アイバン・ライミ
美術:スティーブ・サクラド
音楽:クリストファー・ヤング
出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイバー、ディリープ・ラオ、デビッド・ペイマー、アドリアナ・バラッザ、チェルシー・ロス、レジー・リー、モリー・チーク、ボヤナ・ノバコビッチ、ケビン・フォスター
上映時間:1時間39分


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。