--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/13

「アバター」3分30秒のTVスポット

12月18日(金)全世界同時公開予定だったのに、なぜか日本だけ12月23日に変更になっちゃった「アバター」の全米TVスポットです。

かなり映画の内容やあらすじが分かる予告篇になってきましたね!

9月に出た最初のトレーラーはキャラの気持ち悪さや雰囲気しかわからず、どんなストーリーなのかさっぱり伝わってきませんでした。
今回の映像は空中戦のメカや宇宙船・異世界の風景映像などSFっぽい描写を減らし、代わりに人物描写が増えたお陰で、ストーリーがよく分かりますね。最初から出し惜しみせず、こっちを流して欲しかったです。

人間もそうですが、第一印象が悪いと、そこから良いイメージに変えるのは大変です。
逆に、第一印象は悪かったが、その後付き合うなかで好印象に変わった人の方が、末永く深く仲良しになるって事もありますね。
「アバター」が後者を狙って意識的に最初はつまんいトレーラー出していたのなら、広報の人ってもの凄い策士ですね…。

これは全米でのTVCMですが、日本では特別編集された90秒TVCM三部作が放送されます。
11月14日にパート1、15日にパート2、3が地上波にて放送され、15日には3本全てが「アバター」公式サイトで見られるようになります。

  • パート1「Recruitment(旅立ち)」
    車椅子の元海兵隊員ジェイク(サム・ワーシントン)が“アバター・プロジェクト”への参加を要請され、神秘の星パンドラへと旅立つ。
  • パート2「Discovery(発見)」
    アバターとしてパンドラに降り立ったジェイクが、先住民ナヴィや未知の生物、文化に触れ、次第に彼らの生活に溶け込んでいく。
  • パート3「Destiny(運命)」
    ジェイクがパンドラを脅かす自身の任務に疑問を抱き、星の運命を決する選択を強いられる。

というキャメロン監督が日本のためだけに監修した3本のTVCM、放送が楽しみですね!



現在、多忙なためコメント欄閉じています。
感想書きたい映画もいくつか溜まってるんですけどね…。
時間的・精神的余裕がでるまで、こんな調子の更新が続くかもしれません。すまんです。

関連記事:
ちょっと見直した「アバター」の新しい予告篇
第一印象はイマイチなジェームズ・キャメロン監督「アバター(Avatar)」2分9秒のティーザー予告編
ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」コンセプトアート


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。