--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/07

「ある愛の風景」のリメイク映画”Brothers ”予告篇

スサンネ・ビア監督の「ある愛の風景(原題:Brodre) 」をナタリー・ポートマン、トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホールでハリウッドリメイクした”Brothers ”の予告です。

昨日、アメリカ軍の基地で13人死亡の銃乱射事件があり、兵士たちの心的外傷後ストレス障害(PTSD)の問題がニュースになっていました。
「2008年時点でイラク駐留米兵の約6割が2回以上の戦地赴任を経験し、このうち3度目の派遣となった兵士では約4分の1がPTSDの症状を抱えていた」という米軍の調査結果を聞くと、戦地でのトラウマが引き起こすPTSDというのは深刻な問題です。

brothers_poster.jpg「遠い国の戦争にかり出された兄の訃報がそれまで家族の厄介者だった弟を真面目に立ち直らせるが、奇跡的に一命を取り留め帰国した兄は捕虜時の過酷な経験から別人のようになっていた」というストーリーの「ある愛の風景」は脚本も素晴らしい映画でした。
兄嫁役コニー・ニールセン、兄役ウルリク・トムセン、弟役ニコライ・リー・コスの演技がリアリティがあり、それぞれの苦悩がどれもよく分かりますが、ラストは残酷な運命から家族が再生に向けて歩み出す希望があり、見ごたえのある作品でした。
また前半の出来の良い兄がいなくなった事で家族を支えるように頑張り出す弟の姿に、出来が良くない妹である自分を重ねてしまい、胸に迫るものがありました。

ハリウッドリメイクする必要ない完璧な作品と思うのですが、予告編のトビー・マグワイアの鬼気迫る目を見たら、かなり楽しみになってきました。

トビー・マグワイアはスパイダーマン3のぽっちゃり体型とは打って変わり、過酷な捕虜生活をおくり、精神的にもダメージを受けているのが一目でわかりますね。
「ある愛の風景」では表面上は見えない兄の内面ががらりと変わっていた驚きがありましたが、ハリウッド版は兄の見た目も変えちゃったので狂気がより分かりやすくなってそうです。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)を克服するというのは簡単な事ではないでしょう。
wikiにも、PTSDの深刻さ困難さが書かれていました。
この家族がそれにどう立ち向かうのか、スクリーンで見てみたいですね。

賞狙いしやすい時期の12月公開ですが、トビー・マグワイヤがもっとも賞を狙いやすい役でしょう。

クレジットでは三番目のジェイク・ギレンホールもハリウッドリメイクではもう少し積極的になっちゃうのかもしれないですね。原作の兄嫁と危ない雰囲気になった後の気まずい感じや仲直りするあたりの微妙な心情がすごく良かったので、出来たらあのまま展開は変えずにやって欲しいです。

監督は「マイ・レフトフット 」「父の祈りを」のジム・シェリダンです。




多忙の為しばらくコメント欄は閉じさせていただきます。

関連記事:
N・ポートマン、J・ギレンホール主演"Brothers"予告編


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。