--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/31

映画「サイドウェイズ」感想

サイドウェイズ (小日向文世、生瀬勝彦 出演) [DVD]映画「サイドウェイズ 」見ました。
俳優の実年齢が設定と違っているのが多少気になりましたが、俳優のイメージを活かした配役が嵌っていて、小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子らの魅力が良く出た映画でした。

美しい風景に美味しいワインをこれでもかと見せ、この映画がきっかけとなってナパ・バレーに観光に行く日本人が増えそうで、観光誘致映画として大成功だと思います。


サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]
(2007/11/21)
ポール・ジアマッティ

第74回アカデミー脚色賞受賞作「サイドウェイ」をリメイクした
「仕事も私生活も冴えない中年シナリオライターの道雄は、親友の大介の結婚式に出席するためカリフォルニアを訪れる。結婚式前の1週間を使って大介と2人、カリフォルニアのワイナリーを巡る旅に出るが、その途上でかつて思いを寄せていた麻有子と再会し……。」というストーリーです。


日本人による「大人の青春映画」という小洒落たコンセプトが恥ずかしくて受け付けられない私には、平常心では見られない、ちょっぴり赤面しちゃう映画でした。

40代~50代をターゲットにし、正しいマーケティングをした映画という印象です。
ワインにカリフォルニア、留学、大人の青春、離婚して仕事でステップ・アップ。書くだけでこっ恥ずかしいアイテム満載だけど、40代~50代はこういうのに興味あるとマーケティングで分析されたアイテムをぶっ込み作ったのがプンプン香ってます。

使われている音楽もシンディー・ローパーの「タイム・アフター・タイム」やケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」など懐かしい曲がいっぱいです。
たしかに90年代を代表する良い曲だけど、美しいナパ・バレーの風景にマッチしてるジェイク・シマブクロの曲で全編やっても良いのに、あわよくば90年代洋楽名曲を収録したサントラも買ってね~というミエミエの戦略を感じました。
sideways.jpg


見るとワインが飲みたくなる映画と盛んに宣伝されていましたが、私はそんなにワイン好きじゃないので、作中の蘊蓄聞いても「はぁそうですか、いちいちそんな事考えながら飲まなきゃいけない酒なんて面倒だなぁ」と思うばかりです。
でもワインに興味ある人、蘊蓄好きな人には、キャラクターをワインにたとえるセリフなどもあって非常に楽しい映画でしょう。

前半長すぎ、ラストはがらりと恋愛映画になってて、ちぐはぐな印象です。
もう少し前半短くしてすっきりまとめてあったら、テンポ良く見られたかもしれません。

さんざん文句言いましたが小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子らはそれぞれ魅力的でした。
特に小日向文世じゃなければ絶対成立しない映画だと思います。あの人の良さそうで真面目っぽくて、少し運の悪そうな感じが脚本にぴたりと嵌ってます。
家でワインでも飲みながらだらだら見たら、「大人の青春映画」というコンセプトも受け入れられ、生瀬勝久の「キャプテン・ニンジャ」ネタもツボに嵌ってゲラゲラ笑えそうです。

元ネタのハリウッド映画「サイドウェイ」をとっても見たくなるリメイク作品でした。。



監督:チェリン・グラック
原作:レックス・ピケット
オリジナル脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
日本版脚本:上杉隆之
音楽:ジェイク・シマブクロ サイドウェイズ・オリジナル・サウンドトラック
出演:小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子、鈴木京香
上映時間:2時間3分
公式HP:http://movies.foxjapan.com/sideways_jpn/

関連記事:
生瀬勝久出演映画「南極料理人」感想
映画の感想カテゴリの他の記事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の感想 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
なるほど
予告を見てすでに赤面しかけましたが、うーんやはりそうですか。
果たして40代~50代は観に行くのでしょうか。
行かないような気がしますが。
しかし気持ちとしては、ハリウッド映画の日本リメイクという試みは今後を占う上で面白いと思うので、成功して欲しいなあと思います。(すでに見る気なし)
>totoさん
40~50代の外国人が愛だの恋だのやってるの見ても恥ずかしくないのに、日本人だと「いやん恥ずかしい」というのもよく考えたら可笑しいんですけどね…。

そんな日本人が照れずに見られるよう、コメディ色を強めた作りにしていたり、色々苦労のあとが見える作品でした。
もっとトンデモ作品になるかと思ったリメイクでしたが、意外とまともな出来ですよ。

確かに下手な邦画のオリジナル脚本より失敗がなさそうだから、これから増えるかもしれませんね。

でもやっぱりこっ恥ずかしかったです。
80年代
には私の思い出がいっぱいつまっていて、曲を聞くだけでその頃の自分がいた場所の匂いまで蘇ってきます。

(ただ、今現在はDanger Zoneを聞くと、Blue Angelsが空をかっ飛んでいるところしか思い浮かばない体になってしまいましたが…笑)

実はもともとのオリジナルの映画のほうを見ていません。

ポチ2
>LimeGreen さん
実は私もオリジナルを見ていません。(笑)
レンタルしようと行ったのですが、貸し出し中です。
みんな考える事は同じなのね~と思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。