--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/29

マット・デイモン「インビクタス/負けざる者たち」「Green Zone」予告篇

マット・デイモンの新作の予告篇が続けてリリースされてました。

一本目はクリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン主演の「インビクタス/負けざる者たち」(原題:Invictus)。南アフリカ共和国大統領となった黒人のネルソン・マンデラ氏とラグビーの南ア代表チーム“スプリングボクス”の白人キャプテン、フランソワ・ピーナーとの友情を描く物語です。
ネルソン・マンデラが、国民の気持ちを一つにするのはスポーツだと信じ、95年ワールドカップを自国で開催、初の白人と黒人混成チームで参加、初優勝するまでを描く感動巨編だそうです。
題名の 「インビクタス」はマンデラ氏愛読の詩(19世紀の英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーが1875年に発表した四行詩。ラテン語で「征服されない」という意味)が由来です。

イーストウッドの年2作というハイペースで監督するバイタリティにも驚きますが、「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」「グラン・トリノ」と年追うごとにますます質が高くなってるのも凄いですよね。

イーストウッドが「インビクタス」の次に監督する「ヒアアフター(Hereafter)」というスリラーでもマット・デイモンの主演が決定していますし、俳優と監督との相性も良さそうです。

予告見るとマット・デイモンが内部告発者を演じたコメディ「The Informant !」 では13kg増量して「誰コレ」状態だったのとは正反対の引き締まった体型です。顔つきもキリッと精悍だし若く見えますね。

イーストウッド作品だし、題材もドラマチックだし、公開がとっても楽しみです。

邦題:インビクタス/負けざる者たち
原題:Invictus
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム
原作:ジョン・カーリン「Playing the Enemy: Nelson Mandela and the Game That Made a Nation」
出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン
全米公開:2009年12月11日
日本公開:2010年2月5日(金)
配給:ワーナー・ブラザーズ




もう一本はボーンシリーズのポール・グリーングラス監督作品。イラクで大量破壊兵器を追う「Green Zone」。
手持ちカメラの揺れる画像、短いカットの切りかえなどサスペンスを盛り上げるグリーングラス節炸裂です。
原作はジャーナリストのラジャフ・チャンドラセカラン「Imperial Life in the Emerald City: Inside Iraq's Green Zone」で、あくまで社会派っぽい硬派な作品のようです。
イラクが舞台の社会派作品はアメリカではヒットしなさそうですが、グリーングラス監督+マット・デイモンというボーンシリーズのコンビですし、日本公開があるのか気になります。

グリーン・ゾーン
原題:Green Zone
監督:ポール・グリーングラス
脚本: ポール・グリーングラス、ブライアン・ヘルゲランド
出演者: マット・デイモン、エイミー・ライアン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン
音楽: ジョン・パウエル
撮影監督: バリー・アクロイド
編集: クリストファー・ローズ
全米公開: 2010年3月12日



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
「インビクタス」、イーストウッド監督なら期待してしまいます。
俳優もマット・デイモンに加えてモーガン・フリーマンなら、まず間違いなしの作品になる?
全米では年末公開だそうですが、日本での公開は決まっているのでしょうか?公開して欲しいですね。
>サイズ君さん
日本公開は2010年2月5日だそうです。
たのしみですね!
これ見ます
TVのスポットを昨日見ました。その瞬間「これ観る!」と宣言。いえ、DVD出るまで待ちますが。

ポチ2
>LimeGreenさん
アメリカ公開は2009年12月18日ですが、もうTVスポット始まってるんですね。
早いなぁ~。
日本でも劇場での予告編は始まってるので、日米とも気合いが入ってるのは間違いなさそうですね!
DVDになるのは来年初夏くらいでしょうか?しばしお待ち下さいませ~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。