--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/11

「007 カジノ・ロワイヤル」のトリビア

今夜は「007 カジノ・ロワイヤル」が地上波放送されますね!
大好きな映画なのでとっても嬉しいです。
というわけで、トリビア集めてみました~。

  • ダニエル・クレイグがロンドンの古本屋で、イアン・フレミングによる「カジノ・ロワイヤル」の初版本を買おうとしたことからボンドに決まったとスクープされた。

  • クリス・コーネルが歌唱した主題歌“You Know My Name”は、サウンドトラック盤には入っていない。また歌詞に映画の題名「カジノ・ロワイヤル」が入っていない。オープニングテーマ中に女性のシルエットは1人も登場しない、一瞬だけヴェスパーの顔が出る。実写でなくアニメというのはシリーズで始めて。

  • 2006年7月30日ロンドン郊外のパインウッド撮影所で火災が発生し、撮影が終え解体中のセットなどが灰になってしまった。

  • ル・シッフルが訪ねて行った時ウガンダの「自由の戦士」のボスがやってるピンボールスコアは1049だったのに、次のカットでは500になってる。

  • 冒頭でパルクールを使ったアクションで爆弾男モロカを演じているのはのセバスチャン・フォーカン。

  • 配給のMGMがソニー傘下になっているため、作中で使用するノートパソコン(VAIO)とデスクトップパソコン用液晶ディスプレイ、デジタルカメラ(Cyber-shot)、リゾートホテルの監視用ブルーレイディスクレコーダー、大使館の監視モニターはソニー製、登場する携帯電話は全てソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製である。また、「M」が見るGoogleの検索画面のスポンサーリンク欄に、BRAVIAが表示されている。

  • 007-01.jpg
  • バハマのホテルは「ワン&オンリー・オーシャン・クラブ」。
    ボンドが過ごしたヴィラは、プライベートのプールとガーデン付き、ベッドルーム4室の部屋。パーソナル・シェフが好みの料理を作ってくれ、専属のバトラーが24時間サービスを行なうという贅沢な部屋で一泊7500ドル~8500ドル※1泊1室料金、サービスチャージなどは別料金

  • ボンドが駐車場係りと間違われるシーンで駐まってる車は、フォードとのタイアップを生かしランドローバー、ボルボ、ジャガーズなどフォードとその子会社のブランドのもの。

  • ボンドの香水はサンタ・マリア・ノヴェッラの柘榴の香り。100ml 定価14700円

  • その他のタイアップはハイネケンビール、 フェデックス貨物、ターンブル&アッサーのパジャマ、スミノフなど。

  • ヴァージン・アトランティック航空のリチャード・ブランソン会長がマイアミ空港でセキュリティチャックを受ける客役でカメオ出演している。

  • マイアミ空港のシーンはプラハ空港で撮影された。

  • マイアミ空港でテロリストによって殺害されたタンカートラックドライバーを演じているのは監督のマーティン・キャンベル。プロデューサーのマイケル・G.ウィルソンはモンテネグロの警察署長、撮影監督のフィル・メヒュー はMのオフィスに現れる国家財政委員会の人を演じている。

  • 007-03.jpg
  • アルジェリアの愛の飾り結びのネックレスはソフィー・ハーレーのデザインで£1939、本日のレート(1ポンド=142円)で約27万円

  • カード、チップ、などのポーカーの小物は、ベルギーのCartamundi(カルタムンディ)社製。レプリカも発売されている。

  • ボンドがカジノロワイヤルの外でアストンマーチンに乗る時、運転席ドアは開いていたのが、次のショットでは閉まっている。

  • ジェームズ・ボンドがアルファベット数字式キーパッドに入力するパスワードは、VESPER(837737)のはずが、実際画面で入力するパスワードは836547。

  • ベニスでボンドが滞在しているホテルの内部はプラハの国立博物館で撮影された。

  • 007-02.jpg
  • イギリスのデル・モンテから水着を着たダニエル・クレイグ型の棒付アイスキャンディーが2009年6月1日から7日まで発売された。

  • 傾いている家の内装はベニスのホテルダニエリをモデルにしている。

  • 燃料タンクを登るアクションシーンではダニエル・クレイグのパンツの下から白い防護服が覗いている

  • 辞表をタイプし始めた時の腕時計は「シーマスター プラネット・オーシャン」だが、終わると「シーマスター ダイバー 300M」になってる

  • 作中でボンドが辞職したのは「女王陛下の007」(1969)「007 消されたライセンス 」(1989)に次いで本作で3回目。「007 ダイ・アナザー・デイ」 (2002)では逆に00ナンバー剥奪された。

  • 水から引き上げられたヴェスパーの胸が動いているなどミスが全部で60個見つかっている。


関連記事:映画のトリビア

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画のトリビア | Comments(7) | Trackback(1)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
007シリーズは全作しっかり観ています。
しかしこんなにもトリビアがあるんですね!
昨晩は観る事ができませんでしたが。。。
今度はしっかりピンボールのスコアを
チェックしてみます!(笑)
>永田や COO さん
> 007シリーズは全作しっかり観ています。

おぉ、シリーズのファンなんですね!私はカジノ・ロワイヤル以降のにわかファンでございます。
シリーズファンにとっては常識のトリビアも多かったかも…?
まぁ地上波記念という事でよろしくお願いいたします。
生きていると思いました!
この記事を読んだら、もう一度じっくり観たくなりました。
水から引き上げられたヴェスパーさん、
生きていたっ!!と思ったのですが、
あの時点で、すでに心肺停止だったんですね^^
>piccolo さん
実は胸だけでなく、カットによって脚も開いたり閉じたりしてるんですよね。
でも物語上は誰がなんと言っても「心肺停止」という強引さが好きです。
No title
酒好きふぉうさぎから、トリビア。

作中、ボンドがオーダーするマティーニは、
"ヴェスパー"とよばれているのですが、
使用するキナ・リレというお酒、実は映画の製作時点で、
すでに製造されていません。
なので、今ではまぼろしの、カクテルです。
(現在はリレ・ブランで代用します)

でも、リレ・ブラン自体も、製造量がすくなく、
手にはいりにくい、お酒です。。。
>ふぉうさぎ さん
おぉ、すごいトリビアです!どうもありがとうございます。それは知りませんでした!

ここのレシピの銘柄は聞き流してましたが、キナ・リレ(リレ・ブラン)はワインですよね?ベルモットじゃなくワインを使ってたのがポイントなんですね。どんな味になってるのかしら?
公開当時このヴェスパーを出すお店もあったのに、試さなかったのを、今更ながら後悔です…。

管理者のみに表示
Trackback
( ゚д゚ )はああああ?  新007としてお馴染みのダニエル・クレイグが、なんとこのたびアイスキャンディになって登場したよ!まずはご覧あれ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。