--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/03

エメリッヒ監督の「2012」5分間の動画

世界が2012年に終わる黙示録的予言を描いたSF超大作、ローランド・エメリッヒ監督の「2012」の5分間の動画です。

悪い意味で何をやってもエメリッヒ監督作って感じのパニック映画ですね。CGとVFXだけが見所なので、大画面で見ないと更につまらなさそうです。でもCG好きな層には堪らない監督なんでしょう…っとブリブリ文句は言ってますが「デイ・アフター・トゥモロー」はキャスティングが良くて結構好きなんですよね。「2012」も地味ながらいいキャスト集めてるのでちょっと気になります。

でも、この5分の動画見ただけで、飛行機で逃げても燃料切れたらどこの滑走路に着陸する気なのかつっこみ入れたくて堪りません。

だいたい2012年に世界中で地殻変動が発生し人類に滅亡の危機が訪れると古代マヤ人が終末を予言したそうですが、人類の終末より自分たちマヤ人の数末は予言してなかったのが不思議。

日本公開は2009年11月21日(土)。やっぱり大画面で見ないと楽しさが半減しそうなので劇場に行っちゃいそうな気がします。

監督・脚本: ローランド・エメリッヒ
脚本: ハラルド・クローサー
出演:ジョン・キューザック 、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー 、オリヴァー・プラット 、タンディ・ニュートン 、キウェテル・イジョフォー



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
こちらにもお邪魔します♪
もう映画館でもガンガン予告流れてると聞きます。
仰る通り、真にエメリッヒ作品なんでしょうね。
でも主演に釣られて観に行く気でいるカモな私♪
こういう映画にたま~に出て、
ギャラでまた自主映画作る気なんでしょうか。
そういう意味で、彼がこの手に出て来ると
その後が楽しみなんです♪
No title
ジョン・キューザックとダニー・グローバーが出演していたら、演技は問題なさそうに思いますが、実際の内容はどうなんでしょうね。
予告編ですっげー面白そうに思って、見てみるとガッカリっていうことが前に多かったから予告編、極力見ないように前知識つけないようにして見るようになりました。
でも、lifeonmarsさんの記事はとても参考になるし、なるほど~なんて違った目線なんかも教えてもらえるから、毎回楽しみなんですよ。
No title
たぶんぐだぐだな内容な気がするのでエメリッヒの映画は全く見る気は起きないのですが、lifeonmarsさんが見て面白かったというなら見てみようかなと思っています(笑)
しかしエメリッヒがCG技術の発展に貢献していることだけは認めざるを得ませんね。
No title
こんばんは!

>人類の終末より自分たちマヤ人の数末は予言してなかったのが不思議。

確かに(笑)

このトレーラー、劇場のロビーのモニターでかかってるのを観たことあります!
単純に面白そう♪って思いました(^^
エメリッヒ監督はわたしには、壮大な設定の話を大味な味付けにしてしまう人っていう感じなんですよね。
視覚効果をどれだけ派手に使っても、お話そのものに目で観てるほどのスケール感が出てこないっていうか。
これね、「スターゲイト」の時に、ゲートを潜った先にどんなとんでもない世界が広がってるんだろうと思ってワクワクして観てたら、ただのエジプトもどきだったっていうがっかりな感じを受けて以来、その印象がずっと纏わり付いてるんですよね。

これも視覚効果は凄そうですよね。もうこれ以上ないって云うくらいにCGてんこ盛りになってるのが予告編だけでも分かるし。グラフィックは一見の価値はありそうでそういうところは面白そうに思うんですけど、お話はどうなんでしょうね。やっぱりいつものエメリッヒ監督仕様なのかなぁ…。
No title
こんばんは!ご無沙汰しております^^

トレーラー観ましたが、いやはやとんでもないことになってますね!どこまで地盤沈下が追ってくるんだよ!?みたいな(笑)。地球がとんでもないことになるようですね。
現実の世界がとんでもないことになる映画って好きなんで、非常に気になるのですが、これエメリッヒなんですね。微妙かな(笑;)。

黙示録を相手にするのって、お話的にどうなんでしょうね。こんなにド派手に作ってオチをどうするのかが気になるところです。

ガツンと応援いきます♪凸
>湛 さん
ハハハ、大作映画の稼ぎを自主製作につぎ込んでるんですね!
そうなるとその後が確かに楽しみになりますね~。
じゃぁ私もこっそり注目しておきます。
>サイズ君さん
あ~、ありますね!予告だけが傑作という作品が…。
M・ナイト・シャ○ラン監督作品とかニコラス・ケ○ジ出演作とか、何度騙された事か!
私は結構予告篇みてわくわくしながら待ってるほうなので、本編見て「え~っ!」となってしまうことも多いです。

前知識をつけずに見るのも純粋な気持ちで映画を見ることができてよさそうですね。こんどやってみます。
>toto さん
> しかしエメリッヒがCG技術の発展に貢献していることだけは認めざるを得ませんね。
そう言われたら確かにとっても貢献してそうです。初めて見た時は凄さに興奮しましたものね。
そう考えると、ぐたぐた映画も「またCG大作か」とケチつけるばかりでなく、感謝の気持ちで見られる気がしないこともないです。
う~ん、万一試写会当たったら見ます。でも先月からさっぱり当たらなくなってしまったので無理かも(笑)
>薄荷グリーン さん
>ワクワクして観てたら、ただのエジプトもどきだったっていうがっかりな感じを受けて以来、その印
>象がずっと纏わり付いてるんですよね。

多分今回もそのがっかりを味わえるでしょう!ほぼ99%いつものエメリッヒ監督仕様としか思えないし…。
あとちょっと人間ドラマに力入れて、細かなとこに気を配ったら、ものすごく面白くなりそうなんですけどね~。




>umetramanさん
>どこまで地盤沈下が追ってくるんだよ!?
こんなに沈下したら平地が無くなって地球全部海底に沈んじゃいそうですよね~

>黙示録を相手にするのって、お話的にどうなんでしょうね。こんなにド派手に作ってオチをどうするのか>が気になるところです。

確かに、相手がでかすぎるので、オチの付け方が難しそうです。宇宙人オチとか平行宇宙オチだったら嫌ですねぇ~。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。