--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/27

映画「アドレナリン/ハイ・ボルテージ」感想

アドレナリン/ハイ・ボルテージ「アドレナリン/ハイ・ボルテージ」見てきました。徹頭徹尾エロと銃撃戦と暴力だけで、見終わった後に何も残らない愛すべきおバカ映画でした。もの凄く下らないし下品だしストーリーも無いのですが、監督・スタッフは楽しく作っただろうなぁというのが画面から伝わってきて、なぜか好感が持てる映画でした。

ストーリーは「殺し屋のシェブは、ヘリコプターから落下してロサンゼルスの路上に叩きつけられたところを、謎の中国系ギャングに拉致されてしまう。その3カ月後、やっと目を覚ましたシェブは自分の体に電池式の人工心臓が埋め込まれていることに気付く。自分の心臓を取り戻すためギャングの行方を追うシェブだったが、人工心臓には定期的な充電が必要で……。」というものです。
アドレナリン/ハイ・ボルテージ

近所の映画館ではレイトショーで1日1回だけ2週限定の上映です。この上映回数は正解だと思います。18禁だし、万人に受ける内容とも思えないし、デートで見るには向きません。もし憧れの彼が人前でこの映画を熱く語っていたら、もし好きな女の子のDVDコレクションにコレが並んでいたら、ちょっと困ってしまう類の映画です。

前作同様、ゲームをそのまま映画にしたような作品でストーリーは二の次、全編ゲームのようにパワーチャージ・アクション・仲間orアイテムを手に入れ次のステージに進みます。話の繋ぎはお下品な笑いかエロかグロです。見ているうちに突っ込むのさえアホらしくなり、「もうこれはコレで良い。好きなようにやって頂戴」という気分になります。それを受けたかのようにトランスポーターの名前を出したり巨大化して戦ったり、子供時代の回想がなぜかTVのトークショーだったりと、もうやりたい放題やってます。笑ったら負けなにらめっこのように、この映画を真面目に見たら負けって気がします。

でも真面目に不真面目やってるというか、手抜きせずお馬鹿やってる姿勢に好感が持てます。低予算ながら色々なアイデアを出し、スタッフ・キャストが一丸となって作ったというのが伝わって来ます。スタッフロールの最後に出てくるメイキング見て、あれがCGじゃなく実際にジェイソン・ステイサムが演じているのに驚きました。(でもとっとと最初に流してくれたら良いのに、スタッフロール長すぎで、これだけはNGです。私が驚いた場面は下に貼った予告編の最後についてますので、大画面で見たい人以外はスタッフロールは見なくても良いと思います。)

また量販店で買える家庭用ビデオカメラ、Canon VIXIA HF10で撮影されたそうですが、他の場面と画質の差は私には分かりませんでした。というか家庭用ハイビジョンカメラでもプロが使えば映画だって撮れちゃうんですね。
アドレナリン/ハイ・ボルテージ

思えば70~80年代の映画は無意味におっぱいが出ていました。主人公が子悪党を懲らしめる場面ではおっぱい出してキャーキャー逃げ惑うお姉さんがいましたが、なぜか弾は女性には当たらず死ぬのは男性のみでした。この映画でもいっぱいおっぱい出したお姉さんが出てキャーキャー逃げ惑うのですが、ほとんど弾が当たって死んでしまいます。とっても男女同権です。
またストリッパーになったヒロインが胸に黒いバッテン型のニプレス(欧米のストリッパーさんがやるのはPastiesというのらしいですが)貼ってるのに対し、子悪党も絆創膏を貼っています。「女もすなるニプレスといふものを、男もしてみむとてするなり。」という意図で、あそこではアレを切ったんだとニヤリとしてしまいました。

前作で可愛いワンピース着ていたヒロインが、今回は最初から服を脱ぎまくりです。前作では頭弱い設定だった気がしますが、今回は頭を使った活躍もしますし、ヒモ男をボコボコに殴ったり腕力も使ってました。「バタフライ・エフェクト」で不幸オーラ出しまくりだった女優さんとは思えないお馬鹿さ全開です。しかしエイミー・スマートはこんな作品でサービスしすぎで、将来の女優人生に支障がないかこっちが心配になります。
アドレナリン/ハイ・ボルテージ

ヴィーナス役のエフレン・ラミレッツって若く見えますが35歳なんですね。「バス男」で主人公の親友メキシコ人転校生やってましたが、あの時既に30歳だったのね…。ちょっとびっくりです。これからも脇役として活躍しそうですね。ヴィーナスの胸の入れ墨は「寂」…。「トランスポーター3 アンリミテッド」ヒロインの入れ墨「安」よりはずいぶんマシです。

バイ・リンも42歳なのにハデな化粧にコミカルな演技で頑張ってます。今までスキャンダルばかり目についてましたが、コメディに向いてるような気がします。

そうそう、エル・ウロン役はクリフトン・コリンズJr.が演じてます。あの「サンシャインクリーニング」で片腕だった人です。出演作見たら「スター・トレック」にも出ていたんですね!全く気づきませんでした。11月6日にDVD出たら確認してみたいと思います。

6月に亡くなったデヴィッド・キャラダインもこんな役で良いのかというスケベ爺さん役で出ていました。死んだ状況を考えるとこの役ってぴったりだったのかもしれませんが、TVドラマ「燃えよカンフー」知ってるものからすると、これが遺作じゃなくて良かったです。(IMDbによるとまだまだこれから公開される編集中の映画が何本もあります)

ジェイソン・ステイサムの人相の悪い三白眼が好きで堪らない人にはお勧めしますが、それ以外の人はよく考えてから出かけ、見てる間は何も考えない事をおすすめします。
しかし、リアル友人も見てるこのblogで取り上げ熱く語って良かったのだろうかと少し心配です。



アドレナリン/ハイ・ボルテージ
原題:Crank 2: High Voltage
監督・脚本:マーク・ネベルダイン、ブライアン・テイラー
撮影:ブランドン・トゥロスト
美術:ジェリー・フレミング
編集:フェルナンド・ビレナ
音楽:マイク・パットン
出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、クリフトン・コリンズ・Jr.、エフレン・ラミレッツ、バイ・リン、デビッド・キャラダイン、レノ・ウィルソン、ジョセフ・ジュリアン・ソリア、ドワイト・ヨーカム
上映時間:1時間36分
公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/crankhighvoltage/

関連記事:
映画「トランスポーター3 アンリミテッド」感想
映画「サンシャイン・クリーニング」感想
映画「スター・トレック」感想
映画の感想カテゴリの他の記事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の感想 | Comments(13) | Trackback(4)
Comment
No title
アクションコメディなので前半の文言はちょっと酷かなと思いました……
ストーリーもきちんとプロットがありテンポよく飽きさせない、よく練られた作りだと感心しました。
久しぶりに劇場内が笑いに包まれて楽しかったです。
ただ上映館が少ないのが残念でなりません……
No title
こんばんは!

定期的に充電しないといけない人工心臓って無茶な設定とその充電中の写真で「何だかとんでもなく面白そう♪」って思いました。
スタッフに徹底的に面白がらせてやろうって云う熱気があって、それが伝わってくるような映画なら、極端さを目指すものって結構好きだから、わたしは楽しめそうな感じで記事を読みました。
ただ、コメディは作るのが難しいところがありますよね。笑いのポイントは人によって本当に千差万別だから。

音楽がマイク・パットンなんだ。この人はフリーキーな雄たけびあげてた人って云うイメージがあるんですけど、予告編でもそんな感じの音楽が流れてましたね。
No title
こんばんは~★

こうゆうおバカ映画の感想は女性の立場からすると難しいでしょうね。
インモラルな描写の多い映画はやはり少年のまま大人になった男たちの観るものなのかもしれません。

因みに昨晩、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のプログラムディレクター塩田氏は最近観た中で1番面白いと言っておりました。

いろいろと心配でしたでしょうが、こうゆう類いの映画を勇気を出して熱く語ってくださったlifeonmarsさんの高感度100倍です★

また宜しくお願いしますね~♪

>mt さん
いらっしゃいませ、こんばんは。
言葉が酷かったですか。すみません。
でもこの映画にあるのはストーリーというより展開って感じがしました。ゲームっぽさを狙って作ってるのでこれはこれで良かったと思います。お馬鹿さもココまで極めれば立派だと思いました。監督やスタッフの「楽しませてやろう」という意欲が凄く感じられる映画でした。

笑いが起きる劇場でご覧になれて羨ましいです。私が見た劇場では、シーンとしてましたので、逆にこっ恥ずかしかったです。
>薄荷グリーン さん
やりすぎ感が楽しめるとすっごくハマる映画だと思います。
ここまで徹底してお馬鹿に作るのは偉いし、男の子の妄想全て叶えます系を明るくやってるのが良いと思いました。編集もスピード感があってかっこ良いし、音楽の高揚感も作品にぴったりでした。
何よりそんな事をウダウダ考えさせない勢いがありますね。楽しんだもの勝ちという映画でした。
もし機会があったら是非どうぞ~。

日本版予告に使われている曲はマキシマム ザ ホルモンの「爪爪爪」という曲だそうで、PVも見ましたが、なんだか雄叫び上げてました(笑)。(全部聞いたら結構いい曲です。)
>Benny さん
男の子の妄想炸裂のわりに明るくお馬鹿なのは良かったですし、楽しい作品だと思います。
正面きって褒めるのは難しいですが、つい熱く語ってしまったように、これはこれで良い映画だと思いました。まぁ、万人向けではありませんが…。
「最近観た中で1番面白い」というのも良く分かります。
No title
前作は、みていないのですが、
ジェイソン・ステイサム好きなので、みたいです。
おバカな映画は、頭をカラッポにして、楽しめますもの。

DVDのレンタルは、しないことにしているので、
買うのが、追いつきません(汗)。
気にいったら、何度でもみるので、
レンタルにいったり、返す手間や、料金を考えたら、
買ったほうが、よかったりします。
Crankはわりと好きだったのですが
2を作ってもらっても困るなぁという気がします…。

あそこでぐしゃっといってもらってお仕舞い、が良かったのに、ドラゴンボールのように生き返ってもらってもねぇ…。

ポチ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>ふぉうさぎ さん
前作見ないでも十分分かる作りですが、登場人物は前作に関わる人が多いので、先に見ておく方が良いと思います。
ジェイソン・ステイサムは本作ではひたすら三白眼です。
>LimeGreen さん
2どころか3も作る気満々のラストでしたよ~
でもCRANK が制作費$12Mで全米$27M稼いだのに対し、本作は制作費未公表で全米$13Mしか稼いでいませんので、作られるかどうかは微妙ですね~。
TBありがとうごうざいました
俳優生命をかけたような、奇抜な役作りをしてる脇役たちもこの作品の要ですね。
>かめ さん
> 俳優生命をかけたような、奇抜な役作りをしてる脇役たちもこの作品の要ですね。

かけているんだか、楽しんでやってるんだかよく分かりませんが、ともかく頑張っているな~、偉いな~と思います。是非次回作では、イメージアップになる役を皆さんやって欲しいです。

管理者のみに表示
Trackback
応援団員レナです。 今日は、朝起きたら9月26日(土)!(あたりまえですが・・・)さっそく「めざましどようび」のプレランのコーナーでの期待度を見ていたら『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』!堂々の5位!!!(ってまあ紹介していただける作品は5本ですが、あとにも?...
今回は、徹底的にふざけたアクション作品の続編「Crank High Voltage アドレナリン:ハイボルテージ」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsLl4x436oqt6SsLF8mGDA2xS4P1czEhKQSAO87EA4=] ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    自分をハメ...
監督:ネヴェルダイン 出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、クリフトン・コリンズ・Jr、エフレン・ラミレッツ、バイ・リン 評価:90点 なんでこんな映画にマイケルジャクソンのThis Is Itより高い点数をつけるのだ、お前はどこまでドアホなんじゃ....
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。