--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/20

トロント国際映画祭観客賞は『プレシャス!』 “Precious: Based on the Novel "Push" by Sapphire”

push今年1月のサンダンス映画祭2009でも審査員グランプリ&観客賞&パフォーマンス賞を受賞した、サファイア原作の映画『プレシャス!』がトロント国際映画祭でもグランプリに当たる観客賞を受賞しました。
昨年『スラムドッグ$ミリオネア』がトロントで観客賞受賞して全米公開が決まりあれよあれよという間にアカデミー賞までいったので、今年のトロント観客賞は非常に注目されていました。この受賞で『プレシャス』の11月からの全米公開(限定)にも更に弾みがつきそうですね。

「1980年代のNY、ハーレム地区を舞台に、16歳の黒人の少女・プレシャスが直面するレイプと妊娠、母親との確執、教育問題などを描き、ある女性教師と出会った事から文字を覚え、自ら生きる希望を見いだしていく」ストーリーです。

主役のプレシャスを演じる新人のガブレイ・シディブの演技が評判になっています。またレズの教師を演じるマライア・キャリー、看護師役のレニー・クラヴィッツなどのキャストも話題です。

ただ一つ難点はコロコロ題名が変わることです。
サンダンスの時は"Push"で、オプラ・ウィンフリーとタイラー・ペリーが後押しして全米公開するというニュースが出た5月頃は"Precious"って題だったのに、トロントに出されたのは"Precious: Based on the Novel Push by Sapphire"。日本人の私には経緯が分からず戸惑ってしまいます。

でも、サンダンス、カンヌ、トロントと大きな映画祭で次々に受賞し話題になっているので日本公開もあるかもしれませんね。


原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire
監督:リー・ダニエルス
原作:「プッシュ」サファイアSapphire
出演:ガブレイ・シディブ、マライア・キャリー、レニー・クラヴィッツ



関連記事:
”500 Days of Summer”と”Precious”の予告篇
『プレシャス:ベイスド・オン・ザ・ノベル・プッシュ・バイ・サファイア』(原題)原作「プッシュ (単行本)」 感想
「ぼくと1ルピーの神様」 スラムドッグ$ミリオネア原作本感想
映画「スラムドッグ$ミリオネア」感想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(4) | Trackback(3)
Comment
興味深い映画ですね。
公民権運動の頃かと思いきや、20年ほど前の事。
少しは今とは違うと思いたい気持ちです。

メディアでほとんど目にした事がなかったのですが、
(気が付かなかっただけ??)
是非に日本でも公開してほしいです。

Linkさせていただきます。
>piccoloさん
あまりに凄い設定のため、原作読むとさらに「これって現実的な話なの?」と疑問に思う部分もありますが、その原作をどんなふうに映画化してるかも興味あります。

Linkありがとうございます。URLをお書き頂けましたら遊びに伺いたいと思います。
こんにちは
原題の変更についてちょこっと書いてありました。
ttp://www.cinematoday.jp/page/N0017345
裏方のドタバタで題名が変わっちゃうなんて、
観客としては困惑・・・ですね。。。


>piccolo さん
まぁ!そんな理由があったのですね。確かに同じ題の映画が公開されてましたね。
お知らせ下さってありがとうございます。お陰で納得できました。

管理者のみに表示
Trackback
0923 更新  まだ???を観ていません。 先日記事にもしましたが、 2週間ほど前に開催されていたトロント国際映画祭で グランプリにあたる観...
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。