--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/19

エドワード・ノートンが一人二役の映画"Leaves of Grass"

エドワード・ノートンが一人二役を演じる映画"Leaves of Grass"がトロント国際映画祭で上映されなかなか評判良いようです。
Leaves of Grass

ノートン演じる双子の一方ビル(アイビーリーグのブラウン大学の哲学教授)が故郷のオクラホマに招待されると、双子の片割れは大麻の水耕栽培をしており事件に巻き込まれるというコメディタッチのスリラーです。
監督・脚本はインクレディブル・ハルクにサミュエル・スターンズ教授役で出演していたティム・ブレイク・ネルソンです。
脚本はあらかじめエドワード・ノートンをイメージして書かれ、ノートンが断った場合の第二候補は全く考えていなかったそうですが、その割に二人分演じた出演料はいつもの半分くらいだとノートンがニューヨーク・デーリー・ニュースに答えています。
「チャーリーとチョコレート工場」で一人で何人ものウンパ・ルンパを演じたディープ・ロイが演じた人数分の出演料を得たのとは大違いですね。

今のところフィンランドで2010年4月公開が決まってるだけですが、早くトレーラーも見たいし、全米や日本でも上映して欲しいですね。

ノートンのインタビュー映像と映画の動画が少しありました。
ノートンの二役というと「ファイトクラブ」での素晴らしい一人格闘シーンを思い出します。また「25時」でも麻薬ディーラー演じてましたが、あれよりはずっとコミカルな感じですね。
演技に定評のあるノートンの一人二役是非スクリーンで見てみたいです。



原題:Leaves of Grass
監督:ティム・ブレイク・ネルソン
出演:エドワード・ノートン、メラニー・リンスキー、スーザン・サランドン、ケリ・ラッセル、リチャード・ドレイファス
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt1151359/

By the People: The Election of Barack Obamaエドワード・ノートンといえば、彼が製作のオバマ大統領のドキュメンタリー映画「By the People: The Election of Barack Obama 」はアメリカのケーブルTV・HBOで2009年10月3日に放送予定です。
ノートンがイリノイ州選出の上院議員だったオバマ氏に2006年にアプローチし、オバマ氏が07年に米大統領選への出馬を表明し、熾烈なキャンペーンを戦う姿から現在までを長時間に渡って収録してきたドキュメンタリーで、監督はアリシア・サムズ&エイミー・ライスです。

製作しているという話を聞いた予備選の頃は、まさかオバマ氏が大統領になるとは思いもせず、そんな映画製作して大丈夫かしらと思ったものです。しかし予備選・一般投票と勝ち抜くオバマ氏のニュースを見て、エドワード・ノートンの慧眼に驚きました。(まぁ日本人には分からなかったけど、アメリカのリベラルな人には予想できたのかもしれませんが…)大統領就任式にはエドワード・ノートンの姿もあり、就任そうそう放送されるかと思ってたので10ヶ月も遅れたのは意外でした。

HBO公式HP http://www.hbo.com/events/bythepeople/

ファイト・クラブ [DVD]
ファイト・クラブ [DVD]
(2008/10/16)
エドワード・ノートン
ブラッド・ピット
商品詳細を見る
25時【廉価2500円版】 [DVD]
25時【廉価2500円版】 [DVD]
(2007/03/02)
エドワード・ノートン
フィリップ・シーモア・ホフマン
商品詳細を見る
プライド&グローリー [DVD]
プライド&グローリー [DVD]
(2009/11/18)
エドワード・ノートン
コリン・ファレル

商品詳細を見る



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(6) | Trackback(1)
Comment
ウィットマン
の詩集のタイトルと同じなので、「おお?」と思ったのですが、何の関連もないようですね(笑)。

ポチ3
>LimeGreen さん
そう、私も何か関係あるのかな~と思ったけど、よく分かりませんでした。
もしかしたら大学教授が研究課題とかなのかしら?まだ予告もないのでよく分からないんですよね~。
でも最近のエドワード・ノートンにハズレ無しなのできっと面白いに違いないと思って期待してます!
楽しみです
面白そうですね~。

エドワード・ノートンは、DVDを1枚しか、持っていないのですが、
けっこう好きです。
脚本を厳選する、タイプだと思うので、
ギャラがすくないのも、脚本に納得のうえでではないかと、
思ったりします。
>ふぉうさぎ さん
おっしゃるように、きっと本人も演じ甲斐がありそうな脚本だと思って引き受けたのでしょうね~。
エドワード・ノートンは人間の二面性を演じさせたらとっても巧い俳優さんなので、今回は二役をどう演じているかも楽しみです。

Grass
が大麻の隠語なので、それで引っ掛けたんじゃないかと思いました、記事の内容から察するに。大学教授のほうがこれでポエトリーを教えている教授だったら二重の意味になって面白いと思いますが。
>LimeGreen さん
あ、そう言われればそうですね!隠語とかけてるんでしょう。
ともあれ早く全米公開も決まって欲しいです。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。