--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/15

映画「K-20 怪人二十面相・伝」 感想

「K-20 怪人二十面相・伝」の試写会行って来ました。
ネットの酷評を読んでいたので友人誘うのもビクビクだったのですが、思ったよりずっと楽しい作品でした。お正月に家族や友人で楽しく見るにはぴったりの映画だと思います。

CGも美術も頑張ってるしパルクールも良かったです。
確かに突っ込みどころの多い脚本と演出が古いのはマイナスポイントですが、邦画のアクションものとしては合格点だと思います。もう少し構図を工夫して、前半の不要なシーンを切ったら更に良くなったかもしれません。
日本以外でも公開予定あるんですかね?香港あたりではヒットするんじゃないでしょうか?

個人的には仲村トオルのタバコを吸う指の美しさにほれぼれしました。監督もきっと指フェチですね。

企画・制作プロダクションはROBOTで、VFXは白組です。日本のCGも頑張ってますね。
1949年なのに東京タワーに酷似した建造物があったのは架空の都市「帝都」だから細かいこと言っちゃ駄目なんだよね?

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝
監督 : 佐藤嗣麻子
出演 : 金城武 、 松たか子 、 仲村トオル
配給 : 東宝  上映時間 : 137分
2008年12月20公開
映画公式 http://www.k-20.jp/

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
発売日:2009年06月24日
金城 武、松 たか子

商品詳細を見る

にほんブログ村 映画ブログへ

※予告篇は映画公式ページかmore>>...をクリックしてご覧下さい。


関連記事:
金城武出演、映画「ウォーロード/男たちの誓い」感想
映画の感想カテゴリの他の記事
映画の感想 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。