--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/31

映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」感想

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」見て来ました。
派手なアクションシーンが続き、ともかくヒュー・ジャックマンが格好いいです。爆破あり銃撃戦あり肉弾戦あり棒術ありバイクありヘリコプターありと様々取りそろえられています。アクションを見てスカッとしたい人にはぴったりの作品です。
でも、ミュータントを描くことで人種差別問題を描いたX-MENとしてはイマイチの出来だと思います。
X-Men Origins: Wolverine

ストーリーは「驚異の肉体再生能力と戦闘力を持つ兄ビクターと弟ローガンは、150年以上に渡り共に生きてきたが、ある事件が引き金となり袂を分かつ。ローガンは自らの体に超金属アダマンチウムを移植し、ウルヴァリンとしてビクター打倒を誓うが……。」というものです。

タイトルロールのウルヴァリンの出生の秘密や南北戦争、ノルマンディ上陸、ベトナム戦争はスピーディーに彼の生い立ちを見せてくれてこれからどんな物語が展開するのか非常に期待させられます。

しかし本編が始まると、沢山キャラクターが登場し、それぞれのキャラを紹介するのに時間をとられ、ドラマに感情移入する暇がありません。
出演時間も短く見せ場もないのでここで出す必要があったのかと疑問に思うキャラが多いです。魅力的な新キャラもいてもっと面白くできたはずなのに、ミュータントの力は映画のアクションの見せ場のためだけに使われ、ストーリーに活かされていないのも残念でした。

あらすじを思い出すとそれなりにドラマのあるストーリーなのに、見終わって「ウルヴァリンの壮絶かつ壮大な過去」を見た気がしません。
アクションの見せ場が全編にちりばめられて、全体的に散漫な印象になり、ストーリーも詰め込みすぎで、心理描写がお座なりなせいだと思います。

せっかくウルヴァリンとセイバートゥースを異父兄弟という設定にしたのだから、その兄弟の心理をドラマとして見せて欲しかったです。ヒュー・ジャックマンもリーブ・シュレイバーも演技できる俳優なのにもったいないです。
X-Men Origins: Wolverine

後ろで爆発が起きてるのに振り返らず歩み去るヒュー・ジャックマンを見て、「クールガイは爆破を振り返らない、スローモーションで決めるぜ~♪」とMTVムービーアワードで、ウィル・フェレルとアンディ・サムバーグとJ・J・エイブラムスが唄ってたのを思い出し、つい吹きそうになってしまいました。
Cool Guys Don't Look at Explosions (youtube)ごめんね、ヒュー。

X-Men Origins: Wolverine

ガンビットを演じていたテイラー・キッチュTaylor Kitsch(IMDb/wiki/画像検索)は役柄も良かったので今後人気出そうですね!
エージェント・ゼロ役のダニエル・ヘニーは韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン 」で見たときはハーフなのに西洋人っぽい顔だなと思ってたのに、西洋人の中でみたらアジアンにしか見えません。不思議なもんです。

エンドロールの前半部分とエンドロール終了後にぞれぞれおまけシーンがありますので、最後まで見ましょう。

追記:マーベル作品映画によくカメオ出演するスタン・リーは出ていなかったと思います。



原題:X-Men Origins: Wolverine
監督:ギャビン・フッド
製作:ローレン・シュラー・ドナー、ラルフ・ウィンター、ヒュー・ジャックマン、ジョン・パレルモ
製作総指揮:リチャード・ドナー、スタン・リー
脚本:デイビッド・ベニオフ、スパイク・ウッズ
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
美術:バリー・ロビンソン
編集:ニコラス・デ・トス、ミーガン・ギル
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
上映時間:1時間49分
出演:ヒュー・ジャックマン、リーブ・シュレイバー、ダニー・ヒューストン、ウィル・アイ・アム、リン・コリンズ、ケビン・デュランド、ドミニク・モナハン、テイラー・キッチュ、ダニエル・ヘニー、ライアン・レイノルズ、ティム・ポコック、ターニャ・トッティ
公式HP:http://movies.foxjapan.com/wolverine/
日本公開日:2009年9月11日(金曜日)

関連記事:
映画の感想カテゴリの他の記事
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のプロモでヒュー・ジャックマンが来日するよ
サブカテゴリ:ヒュー・ジャックマンの記事
リーブ・シュレイバー出演映画「ディファイアンス」感想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の感想 | Comments(2) | Trackback(4)
Comment
むむむ…
> ミュータントを描くことで人種差別問題を描いたX-MENとしてはイマイチの出来
ここ、ひっかかるなあ。X-MENはその切なさが好きなんだけど。
X-MENシリーズとは別物と思ったほうがいいんですかね?
それにしても「爆破を振り返らないクールガイ」な絵をいつかパロって撮ってみたいと思っていましたが、すでにそれ自身がパロディ化しつつあるんですね(笑)
>toto さん
X-MENシリーズでは人種差別問題が肝だと思っているのですが、本作にはそういうのは無いですね。スピンオフだからあえて外したのでしょうか?う~ん、どうなんでしょう。

>「爆破を振り返らないクールガイ」な絵をいつかパロって撮ってみたいと思っていました
日本でも是非やって欲しいです~。
そういえばぷっすま「芸能界ビビリ王決定戦」はクールガイ演じながらも、みなさん血圧が上がってて面白かったです。

管理者のみに表示
Trackback
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」★★★★ ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン主演 ギャヴィン・フッド監督、109分、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★ ...
X-MENシリーズ、好きなんだよねヽ(^o^)丿 大好きなX-MENシリーズからの記念すべき スピンオフ第1作、ウルヴァリン!コレは観に行かないと(^^)v ...
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。