--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/06

リドリー・スコット&ディカプリオで「すばらしい新世界」を映画化

リドリー・スコットディカプリオ

先日、「エイリアン5」の監督することが製作の20世紀フォックスにより発表されたリドリー・スコットですが、レオナルド・ディカプリオと共に、オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説「すばらしい新世界」を映画化するそうです。

リドリー・スコットは、エイリアンやブラックレイン、ブラックホーク・ダウン、キングダム・オブ・ヘブンなど異文化と出会う事によって人物が成長していく様子を描くのが巧い監督なので、この題材はぴったりですね。
またこの二人は「ワールド・オブ・ライズ」でもコンビ組んでいました。マーティン・スコセッシ監督もそうですが、ディカプリオという俳優は何度でも使いたくなる素材なんでしょうね。

すばらしい新世界 (講談社文庫 は 20-1)すばらしい新世界 (講談社文庫 は 20-1)
(1974/11)
オルダス・ハクスリー
人工授精やフリーセックスによる家庭の否定、条件反射的教育で管理される階級社会――かくてバラ色の陶酔に包まれ、とどまるところを知らぬ機械文明の発達が行きついた“すばらしい世界”!人間が自らの尊厳を見失うその恐るべき逆ユートピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルに描いた文明論的SF小説。
人々は生まれる前から遺伝操作され、成長後の仕事もすべて階層によって決められていますが、睡眠学習によって自分の階級が一番素晴らしいと思い込まされているので悩むこともない「素晴らしい世界」です。主人公バーナードはある日、蛮人保護区でジョンという青年と遭遇します。


監督にとっても自らが過去に手がけた人気シリーズの続編というか前日譚「エイリアン5」よりも、ジョージ・オーウェルの『1984年』とともにアンチ・ユートピア小説の傑作として有名な「すばらしい新世界」の映画化の方が本人もやりたいんじゃないだろうかって気がします。

ディカプリオが主演と言うことは、α(アルファ)階級なのに手違いからγ(ガンマ)階級の姿で生まれてしまい劣等感に苦しんでいるバーナード・マルクス役でしょうか?まぁ最近は劣化が激しいから特殊メイクしなくてもγ(ガンマ)階級の姿が演じられそう(涙)ですね。複雑な気持ちです。ううっ。

追記:原作読み始めたら、ディカプリオ演じそうなのは、野蛮人ジョンのような気がしてきました。小説と違い映画は世界観をながながと説明する必要がないのでジョンの登場が早くても問題ないですしね。)

バーナードの友人で完璧なα(アルファ)階級の美男・ヘルムホルツ役は誰になるのでしょうか?完璧遺伝子をもってそうな容姿というと、「ガタカ」の頃のジュード・ロウみたいな感じですよね!どんな俳優がキャスティングされるか楽しみです。
脚本は「アポカリプト」のファラド・サフィニアです。

リドリー・スコットは現在2010年公開の「ロビン・フッド」の撮影が終わった所で、「エイリアン5」が2011年公開の前にも、ケイシー・アフレック主演のThe Kind Oneという作品も予定されています。

またレオナルド・ディカプリオの方も現在クリストファー・ノーラン監督の「Inception」を撮影中で、ルーズベルト大統領を演じる「The Rise of Theodore Roosevelt」やロバート・ラドラムのサスペンス小説「The Chancellor Manuscript(『囁く声』)」の映画化など 、IMDbに沢山予定が載っています。
こんな働き者二人の組み合わせなので2011年公開というのは少し無理な気もしますが、内容はとっても楽しみです。
とりあえず原作読んで続報を待ちたいと思います。

関連記事:
11月30日はリドリー・スコットの誕生日
リドリー・スコット監督の「ロビン・フッド」にはワールド・オブ・ライズのあの二人も出演
ディカプリオ主演・クリストファー・ノーラン監督の次回作”Inception”に渡辺謙出演
映画「ワールド・オブ・ライズ」感想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
監督 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
エイリアン5の話を知らなかったのでそっちのほうが驚きでした。
昔コメンタリーか何かでエイリアン5か6をやりたいとリドリー・スコットが話しているのを聞いたときは、あり得ないと思ってましたがほんとに実現するとは。
どっちも楽しみですね。
>totoさん
エイリアン5の監督については、リドリー自体は若手監督を推していたけれど会社側が納得せず、本人がやることになったんですよね~。
ほんと、楽しみですね。
No title
こんばんは!

おおお、リドリー・スコットが「エイリアン5」を??
すみません、こちらの方が衝撃でした(笑;)。
原点に戻る感じでしょうか??気になるなあ。

「ワールド・オブ・ライズ」は今度観たいと思います。
リドリー監督&デカプリオってどんな雰囲気なんだろう??

ガツンと応援いきますよ♪凸
>umetraman さん
エイリアン5は、エイリアン1の前日譚になるようですよ~。
どんな脚本・キャストになるか楽しみです。

リドリー監督&デカプリオはわりと相性良いと思います。スコセッシ&デカプリオは飽きて来たので、新しいコンビに期待です。

応援ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。