--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/21

ティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」の新しい写真

ティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」全米公開日2010年3月5日、日本公開日が2010年4月17日(土)ですが、ちょこちょこコンセプトアートや写真が出てきてますね。

写真の印象では映画『チャーリーとチョコレート工場』っぽいカラフルな色合いなのでしょうか?
原作とは違い、映画ではジョニー・デップ演じる "帽子屋"がストーリーの鍵を握る重要な役割を果たすことになるそうです。ジョニー・デップが抱えているウサギが三月ウサギなんでしょうか??
それにしても赤の女王の衣装が可愛いですね!
alice-in-wonderland alice-in-wonderland alice-in-wonderland
(写真クリックで、大きな写真のあるリンク先に飛びます。または下のURLをコピーアンドペーストで。)
赤の女王 http://www.facebook.com/RedQueenSubjects
帽子屋   http://www.facebook.com/MadHatterSubjects
白の女王 http://www.facebook.com/WhiteQueenSubjects

追記:クリック先のFacebookのいずれかに7月23日東部標準時午後7時(日本時間で言うと7月24日午前8時)までに参加すると、一番得票が多いグループ参加者が一般より早く24日にティーザー予告を見る事ができます。(当然帽子屋だと思いますが・・・。)
でも少し我慢すればyoutubeにUPされますので、個人情報をわざわざ入力して参加しなくても良いでしょう。それでも一刻も早く予告みたい人は「facebookアカウント作成」で検索なさって参加下さい。

帽子屋のコンセプトアートは「マイケル・クーツエ」という人が担当しているそうです。
IMDbによるとMichael Kutscheが映画に関わるのはこれが初めてのようですね。
検索したらデンマークのサイトに行き着きました。
コンセプトアートやキャラクターデザイン、イラストレーションをなさっている方のようです。
ギャラリー見たら、面白い絵がいっぱいありました。こういう新しい才能をどんどん取り入れて映画って出来上がっていくんですね。
最近デンマークって俳優さん(ニコライ・リー・カースやトゥーレ・リンハーツ)や映画監督(スサンネ・ビア)などで色々目にすること多くて、どんな国か興味沸いて来ました。なんと言ってもドグマ映画の本場ですしね~。でもデンマーク語が分からないし、頼みのweb翻訳サービスもデンマーク語ってないんですよね~。残念。未公開のデンマーク映画のDVD通販が出来るサイトも増えて欲しいです。

さて、「アリス・イン・ワンダーランド」のキャストは
主演アリスを演じるのはオーストリアの新進女優のミア・ワシコウスカ。
独裁者である"赤の女王役"はヘレナ・ボナム=カーター。
帽子屋はジョニーデップ。
赤の女王の妹で慈悲深い"白の女王役"はアン・ハサウェイです。

実写映像とモーション・キャプチャーの融合が可能にしたファンタジー作品らしいので、早く予告が見たいですね。

関連記事:
A・ハサウェイ、H・ジャックマン、J・マカヴォイらがアカデミー会員に!
ダニー・エルフマン(Danny Elfman)ザ・リトル・シング(The Little Things)
ジョニー・デップも出演テリー・ギリアム監督作「パルナッサス博士の想像力」 ヒース・レジャーの写真
3Dモーション・キャプチャー映画、スピルバーグ監督の「タンタンとなぞのユニコーン号」にジェイミー・ベルとダニエル・クレイグが出演

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
webぺーじ翻訳って訳じゃないんですが、先日翻訳を調べたかった時に使ったこのサイトはいかがですか?
http://free-translation.imtranslator.net/Japanese-language
一応、デンマーク語を翻訳してくれるみたいですよ。
Mad Hatter
やっぱりちょっと怖いですね。

Wonkaはきもいかったですが、こっちは怖いわー。

ポチ3


P.S.置き手紙の紹介、ありがとうございます!早速使い始めました。非楽天ブログではlifeonmarsさんしか押してくれていませんが(笑)。
No title
アリスの映画は数々あったように思いますが
これはまた色っぽいですね。
ルイスキャロルのそもそもの
性癖があれなので
映画もこんなふうになるのでしょうか。
見てみたいです!
こんにちは
「アリス」と「オズ」をしょっちゅう間違えています。

赤と黒を基調としたヂザインで顔を白塗りにして、おでこを広くして
いるのはエリザベス1世を思い起こさせます。
この画をみるだけでワクワクしてきます。

ティム・バートンの「コルプス・ブライド」がすきでしたので、楽しみです。
トレイラーを見てみたいですが、登録は面倒です(笑)。待ちます。

>サイズ君 さん
おぉおおおお!素晴らしいでございます。これこれ。こういうのが見つからなかったんですよ~。
ありがとうございます。早速デンマークのwikiを読んでみます。嬉しい~!
>LimeGreen さん
帽子屋さんの帽子はコンセプトアートでは、まるでガマガエルの背中みたいな色合いでしたが、衣装になったら穏やかな表現に自粛されてると思いました。
ともあれ予告編がどんな内容か楽しみです。

「置き手紙」私も置いて見ましたが、実は使い方というかメリットがいまいち分かりません。使ってる人曰く、一気に訪問先を開けて便利そうなんですけどね~。
>penpenさん
ディズニーアニメの青いワンピースに白いエプロンという今までのイメージに比べて、大人向けで毒がある感じの画像ですよね~。いったいどんな映画になっているのでしょう?
ともかく予告編を早く見たいです。(でも登録は嫌だ~)
>エリアンダーさん
>エリザベス1世を思い起こさせます。
あはは、確かに!肖像画で見ていたのに、エリザベス一世のドラマ見た時はギャグかと思いましたもん。なんで背中にキラキラ羽根しょってるんだ~とか、その白塗りは何~とか、周りは止めなかったの~とか。
赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターはこういうヘンテコな役が上手いのでとっても楽しみです。

>登録は面倒です(笑)。待ちます。
同士よ!私も面倒くさいので待ちます。どうせ半日もすれば誰かUPしてくれると期待してます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。