--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/11

ダコタ・ファニング、クリステン・スチュワート主演「ザ・ランナウェイズ(The Runaways)」撮影風景動画

The Runaways1975年にアメリカで結成され、1979年に解散した元祖ガールズロックバンドの伝記映画「ザ・ランナウェイズ(The Runaways)」(2010年公開)の撮影風景がyoutubeにありました。
出演者達のヘアメイク、ローラースケート場での演奏風景などが映っていて、シェリー役ダコタ・ファニングとジョーン・ジェット役クリステン・スチュワートが映ってますね。ダコタ・ファニングは背中が大きく開いた青いパンタロンスーツ(死語?)姿です。あの有名なコルセットとガーターベルトの下着姿という過激なファッション写真もそのうち出てくるのかしら?
先日何枚か写真が出ていましたが、こちらも70年代のファッションや世間の流行が分かって面白いですね。

The Runaways The Runaways
映画はリードボーカル&キーボードのシェリー・カーリーが書いた伝記「ネオン・エンジェル」が原作です。75年に結成され、76年にデビューシングル「チェリー・ボム(悩殺爆弾)」で衝撃のデビュー、人気絶頂のさなかにバンドの顔シェリーが脱退するまでを描くそうです。
ランナウェイズと言えば、このデビュー曲しか知りませんが、1977年来日し歌番組に下着姿で出てたのを覚えてます。(youtube)しかし邦題が「悩殺爆弾」だったとは知らなかった…。ものすごいインパクトの四文字ですね。

1975年~1977年ごろといえば、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎の新御三家や、森昌子、山口百恵、桜田淳子の中三トリオ、ピンク・レディ、キャンディーズなどのアイドルが人気を博していた時期です。
一方で、風、チューリップ、アリス、甲斐バンド、イルカ、荒井由美などのニューミュージックが台頭していた時期でもあります。
とはいえこの頃、女の子たちをとりこにしていたのはなんと言ってもベイ・シティ・ローラーズですね。今でいうとジャニーズっぽい人気で、女子中高生がきゃぁきゃぁ言ってました。フィルムコンサートに行ったらダメと学校からお達しが出て友人がわんわん泣いていたのを覚えています。禁止するほど過激な音楽でも衣装でもなかったのに、なんでダメだったんでしょう?不思議です。
The Runaways

さて「ザ・ランナウェイズ(The Runaways)」監督はこれが長編劇映画初監督のフローリア・シジスモンディ。全米公開は2010年で、早ければ今年の秋には予告編が見られるかもしれません。アメリカより日本で先に人気が出たバンドなので、これは日本でも公開して欲しいですよね。

追記:配役
ダコタ・ファニング        シェリー・カーリー/リードボーカル&キーボード
クリステン・スチュワート    ジョーン・ジェット/ボーカル&ギター
スカウト・テイラー=コンプトン リタ・フォード/ギター
ステラ・メーブ          サンディ・ウェスト/ドラム
アレッサンドラ・トッレサーニ  ジャッキー・フォックス/ベース←IMDbには記載ないので未確認
マイケル・シャノン        キム・フォーリー/バンドプロデューサー

原題:The Runaways (2010) 伝記映画 http://www.imdb.com/title/tt1017451/
監督:フローリア・シジスモンディ
衣装:キャロル・ビートル
出演:ダコタ・ファニング、クリステン・スチュワート、スカウト・テイラー=コンプトン、ステラ・メーブ、アレッサンドラ・トッレサーニ、マイケル・シャノン


2010年3月13日追記:ダコタ・ファニングがチェリーボムを歌ってるとこ動画



関連記事:
リリィ、はちみつ色の夏(「リリィ、はちみつ色の秘密」原作)
Twilight 愛した人はヴァンパイア」感想(映画「トワイライト~初恋~」原作)
「トワイライト~初恋~」のファン必見、モデルになった町とロケ地ガイド
「スウィーニー・トッド」のジェイミー・キャンベル・バウアーがバンパイアに!
ファッションの他の記事へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
エキストラの誰かが隠し撮りしたっぽい動画ですけど、よく消されませんね~。
なかなか楽しめました。
それにしてもダコタ・ファニング、いつも思うけどガイジンって成長早いですね。
>totoさん
やっぱり盗撮ですよね(笑)
あちこちの映画サイトに載ってたのでひょとしてバイラル動画かなぁとも思ったのですが・・・。
となるともうすぐ消されてしまうかもしれません。

> それにしてもダコタ・ファニング、いつも思ね。演技も上手だし、このまま凄い女優さんになりそうで楽しみです。
誰がLita Fordを???
Runaways好きですー。Joan Jettをみていると、ついついそんな気はないのに、「そんな気」が自分にもあるんじゃないかと思い始めてしまう、危険、危険、なのでした。

ちなみにJoanはコルセット(というかMerrywidowですね)は着なくて、皮のジャンプスーツだったと思います(ま、当たり前ですね)。

80年代のロックが大好きで、Videoは片っ端から観ました。よってLita Fordも好きでした。彼女は誰が演じているのか本文にはありませんでしたが、ちょっとまだ分からないのでしょうか?
こんにちは
えらく画面が揺れて、左右にパンしまくりで
酔ってしまいました。

やはり盗撮の制約があったのでしょう。

ダコタ・ファニングは、私の好きな映画「美しい人」で
グレン・クローズと墓地でしゃべっていた子なんですね。
>LimeGreen さん
リタ・フォード役はスカウト・テイラー=コンプトンという女優さんだそうです。

あの下着姿は衝撃的でしたが、今見ると扇情的というよりキュートでかわいいです。時代も見る側も変わったのもあるんでしょうが・・・。
>エリアンダー さん
画面揺れすぎでしたね。

子役が大きくなってると「あっら~、しばらく見ないうちにすっかり娘さんらしくなっちゃって!」っと、"親戚のおばちゃんモード"になってしまいます。黒柳徹子のマネしながらやるとトークショー風味になりますが・・・。
No title
スチルは海外の大手映画サイトでも見ました。
これ、観たいですよね~。日本公開!是非!
それにしてもクリステンとダコタちゃん、濃い化粧が似合わないこと!元々の顔立ちが綺麗だからかなぁ。
>P さん
ダコタちゃんもクリスティンも、ランナウェイズという素材も人気あるので、日本公開あると信じてます!
まだまだ若いダコタちゃんは化粧濃くない方がずっとずっと可愛いですよね。まぁ役柄がそういうロッカーなので仕方ないですが・・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。