--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/10

マシュー・グレイ・ギュブラー出演"How to Be a Serial Killer"予告編+シド・アンド・ナンシー

How to Be a Serial Killer

マシュー・グレイ・ギュブラー自身のマイ・スペースで「"How to Be a Serial Killer"を7月24日からのサンディエゴ・コミコンで上映するよ」と宣伝していたので予告編探してみました。

サンディエゴ・コミコンwiki)とはカリフォルニア州サンディエゴで毎年7~8月の4日間開催される世界最大規模のアニメの大会で、世界中のアニメ・ゲームファンが集まる祭典です。近年はSF・アニメーション・VFX映画やTVの宣伝の場としてハリウッド映画各社も力をいれる重要なイベントとなっていて、大きな映画祭のようにスターたちが出席しています。キャスト・スタッフたちがパネル・ディスカッションで作品について熱いトークを展開し、マニア達と対話する光景は大変羨ましいかぎりです。

"How to Be a Serial Killer"のストーリーは「たった10の簡単なレッスンであなたもチャールズ・マンソンみたいなカリスマ連続殺人犯になれます」、とトニー・ロビンスの自己啓発セミナーのように教えてくれるホラー・コメディです。
武器の使い方、死体処分の方法などをマンツーマンで教えてくれるのがマイク・ウィルソン役のダミオン・クラーク、生徒バード役がマシュー・グレイ・ギュブラーです。

予告を見る限りかなりブラック入ってるコメディですね。スプラッタ苦手な私には「ギャッ」となるシーンもありますが、楽しそうにシリアルキラーを演じている主演のダミオン・クラークは、この作品でNew York City Horror Film Festival主演男優賞を獲っています。
コミコンでの盛り上がり次第で、全米大ヒットとなれば、ひょっとしたら日本でも公開されるかも…なんて期待しておりますが、どうでしょうか。

監督:ルーク・リッチ
出演:ダミオン・クラーク、マシュー・グレイ・ギュブラー、ローラ・リーガン、ライアン・スミス、ジョージ・ワイナー、メアリー・ジョー・キャトレット
上映時間:91分
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt1038971/
公式HP:http://www.howtobeaserialkiller.com/




マシュー・グレイ・ギュブラーはついでに「(500)日のサマー」も7月17日から全米公開だよ」と言ってますので、こちらも宣伝用動画貼っておきます。マシューは出ていませんが、なぜか主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイ・デシャネルが「シド・アンド・ナンシー」を演じています。しかもジョゼフ・ゴードン=レヴィットがナンシー役で、黒い下着姿です。面白いけどいいのかこれ?って感じです。


関連記事:
「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい
マシュー・グレイ・ギュブラーが登場した"500 Days of Summer"の予告
3月9日はマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)の誕生日
ブラックなコメディ映画「バーン・アフター・リーディング」感想


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
おお、面白そう
のこぎり、シャベル、クルマ、バット、プール・・・とかでの
殺人方法を教えてくれるみたい。わくわくします(笑)。
私はスプラッターでも、ブラックでもコメディは好きです。
>エリアンダー さん
自己啓発セミナーをからかった作りだし、後学(?)のために色々な方法を学べて良さそうですよね。
エリアンダーさん、スプラッタ大丈夫なんてなんて偉いんだ~!

私は「ウッ!」とか「ギャッ!」とのけぞって五月蠅いので、周りが迷惑するタイプです。日本公開されても劇場で見るのは無理かも・・・
No title
わたしもスプラッタは苦手ですが、
コメディならなんとか…。
明るい作りですねー。笑
>penpenさん
かなり明るくいろんな方法をレクチャーしてくれてます。
penpenさんも苦手なんですね。ナカーマが増えて嬉しいです。

皆さんがコメディだから大丈夫そうとおっしゃってるのを聞いたら、私も劇場行けそうな気がしてきました。これはもう日本公開してもらうしかないですね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。