--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/08

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想

evangelion
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」見てきました。TVアニメを見てない私の知識は金曜ロードショーでやった前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」と中川翔子が和田アキ子にヲタク学をレクチャーしてた番組くらい。以下、はじめてエヴァ見たので後半のストーリーもTV版結末も知らないため、かなりトンチンカンな部分もあるでしょうが、感想です。

物語自体は少年の成長譚として芯が通っているので、分かりやすく共感しやすいです。3号機出動のあたりから最後自分の意志で行動するに至る展開は感動的で良く練られたストーリーでした。
特に料理のエピソードは四人の気持ちを揺り動かす小さな起爆剤としてとっても良かったです。
終わって、次回予告のところで作中で死んだと思っていた人が元気に出ているのも、初心者にサービス・サービスしてくれる作りでした。

実は前作で独特の世界観はつかんだつもりでしたが、最初からヱヴァンゲリヲン5号機と日本語を話す眼鏡少女が出てきて、誰コレ状態でした。主な疑問は後で開発責任者の女性がセリフにて設定を説明してくれるので徐々に解決しますが分からない点も多かったです。
使徒とは何か?なぜネルフ本部のある街しか襲わないのか?どうして毎回一人(一台?)ずつしか現れないのか?最後に「今度は」というセリフがあるけど、これはTVシリーズとはパラレルワールドなのか?この辺は見終わってもさっぱり分かりませんでした。

また父が綿密に計画し息子に過酷な使命を課し覚醒を促すのか?前作で非情なばかりと思った父が、本作では一緒に墓参りをし、食事をしようとするのを見ると、その計画というのが結果的には息子のためになる事のように思えてきました。
その辺を考えると、アーサー・C・クラークの「地球幼年期の終わり」のように、使徒が人類の進化を促しに来たオーバーロードのように感じました。
そういえば使徒の頭の上に白い輪があり、天使の光輪のようですよね?まぁ全4作見たらきっと様々な疑問が解決するのでしょう。

「三百六十五歩のマーチ」「ふりむかないで」「恋の季節」など挿入歌がやたら懐かしいです。
でも盛り上がるところでかかる「今日の日はさようなら」はまだしも、「翼をください」はちょっとヘタですよね?声優さんが歌っていたんでしょうか?

それにしても絵が素晴らしいです。特に使徒のデザインが個性的で人知を超えた存在だというのをよく表していますし、結晶化した変化の仕方など見たこと無かったのでとても新鮮でした。
また踏切・電線・線路など日常風景の絵や、空・雲などがとても美しく描かれていて物語に深みを与えていました。
ただ、戦闘シーンで非常に目が疲れましたので、続き2作は劇場ではなくDVD鑑賞にしたいと思います。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
総監督・企画・原作・脚本:庵野秀明
監督:摩砂雪、鶴巻和哉
キャラクターデザイン:貞本義行
メカニックデザイン:山下いくと
作画監督:鈴木俊二、本田雄、松原秀典、奥田淳
音楽:鷺巣詩郎
アニメーション制作:スタジオカラー
上映時間:1時間48分
出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)


関連記事:
映画「モンスターVSエイリアン」感想
映画「ウォッチメン」感想
映画の感想カテゴリの他の記事


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の感想 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
エヴァンゲリヲンは精神分析におけるユング心理学を始め、旧約聖書からの引用、
各種神話、科学など・・・幅広い知識を持って初めて全てを理解出来ると思うので
なかなか初見でご覧になるには難しい作品だと思われます。 

かく言う私も100パーセント理解は出来ていないと思うので・・・^^;

私は『序』までしか観ていませんが、lifeonmarsさんの持たれた疑問はとりあえず精神分析と
旧約聖書創世記における使徒の役割・・・をご理解出来れば解決すると思います。

すごく上から目線でゴメンナサイ・・・・;;
こんにちは
おお、今度はアニメ。興味の対象の幅が広いです。
海外のアニメサイトでベストアニメっていうと「エヴァンゲリオン」
「秒速5cm」「千年女優」「NARUTO」「時をかける少女」が選ばれますね。

youtubeで「エヴァンゲリオン 破」の「翼をください」を聞きました。
声質はとても好感がもてますが、高音部がちと苦しいです。
>Verian さん
> すごく上から目線でゴメンナサイ・・・・;;

いえいえ、何も知らないので勉強になります。

> 旧約聖書創世記における使徒
あまり印象になかったけど、旧約に使徒が出ていたんですね~。
と言うことは、神に使命を啓示され民に神の意志を伝える存在なんでしょうか??

ユング!う~んまた難しいですね。ユングに影響された小説は肥大化したイドに押しつぶされるストーリーが多くて苦手なんですよね~。

そういう基礎知識が必要となると、私には全く合わないアニメだったんだ、分からなくて当然ね!って気になりました。
>エリアンダーさん
ものすごく評価が高かったので見に行ってきましたが、よく分からない事だらけでした。
多分、分からない事を各自補完するのが楽しいタイプのアニメなんだろうな~と思います。

私も声質はとても良いと思いました。
高音がきついのあるんですが、同じ演出で先に別の曲が使われるので、「翼をください」は更にいまいちに聞こえちゃうんですよね。あの演出は1回きりの方が良いと思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。