--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/06

トゥーレ・リンハーツ主演「誰がため」(原題"Flame & Citron")予告編

Flammen & Citronen
「天使と悪魔」のシャルトラン役で絶賛ブレイク中(私の中で)のトゥーレ・リンハーツ(トゥーレ・リントハートという記載もあり)と「007/カジノ・ロワイヤル」のマッツ・ミケルセン主演の"Flame & Citron"の予告編がありました。

「誰がため」(原題"Flame & Citron")は第2次世界大戦中ナチに占領されたデンマークに実在した、対照的な2人のレジスタンスを主人公に描く、オーレ・クリスチャン・マッセン監督作品です。
「ホルガー・ダンスク」というのは、中世フランスの武勲詩『ドーン・ド・マイアンス(Doon de Mayence)』に登場する伝説上の英雄で、その名にちなんだデンマークのレジスタンスグループが第二次世界大戦中に活動していました。そのレジスタンスのメンバー二人の名前が題名になっています。

デンマーク史上最高額と言われる900万ドルの制作費を投じたそうで、予告見ただけでも美術やエキストラも一杯使ったしっかりした作りの作品だと分かりますね。
それにしてもトゥーレがコートの裾を翻しながら歩く様がきまってます。予告だけで何度もコートひらひらさせて、絶対この監督は裾ひらひらフェチだと思います。

「天使と悪魔」でもタバコ吸ってましたが、この作品のポスターでも吸ってますね。この前オドレイ・トトゥの「ココ・アヴァン・シャネル」のポスターがタバコを手に持ってるってだけでフランスのバスや電車には貼れなかったそうですが、これデンマークでは大丈夫だったのでしょうか?

この作品でトゥーレ・リンハーツはマッツ・ミケルセンと共にヨーロッパ映画賞 (EUROPEAN FILM AWARDS)2008年・第21回の男優賞にノミネートされています。作品自体も多くの賞にノミネート・受賞しています。なんとアルシネテラン配給で12月日本公開予定です。出来も良さそうだし公開が楽しみですね。

デンマークの公式HPには壁紙、インタビュー動画などがありました。

トレーラー

トレーラーB



トゥーレさんの役は23歳なんですね~。人妻に誘惑されてあごが引けてるところがキュートです。
このあとどう展開したか気になります。



邦題:誰がため
原題:Flammen & Citronen
監督:オーレ・クリスチャン
出演:マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルセル、ハンス・ツィッシュラー
全米公開:2009年7月31日
日本公開:2009年12月、シネマライズにてロードショー
上映時間:130分/ 配給:アルシネテラン
日本公式HP:http://www.alcine-terran.com/tagatame/ ←日本語字幕付予告あり 
公式:http://www.flammenogcitronen.dk/
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt0920458/

関連記事:
映画「天使と悪魔」感想
「天使と悪魔」サン・ピエトロ広場のセットが凄い
ダ・ヴィンチ・コードの続編「天使と悪魔」ニコライ・リー・カースが出演してます
ココ・シャネルの伝記映画「Coco avant Chanel」の予告とマッツ・ミケルセン出演「ココ・シャネル&イーゴリ・ストラヴィンスキー」の話題

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
カルミナ・ブラーナ
トレイラー観ました。緊迫感あふれる映像で、「麦の穂・・」をちょっと
思い出し、観たくなりました。
紹介ありがとう。
上のトレイラーの最後に「カルミナ・ブラーナ」が使われていますね。
緊迫感を強調したり、オカルト映画などによく使われる曲です。
>エリアンダー さん
「麦の穂をゆらす風」は本当にずっしり重い作品で、覚悟をしないと見直す事ができません。戦争と人間について考えさせられます。あの草原の緑がアイルランドの色なんだな~と、セントパトリックスデイのニュースをみて思います。

>上のトレイラーの最後に「カルミナ・ブラーナ」が使われていますね。
おお!良く聞く曲ですが、曲名それなんですね。ありがとうございます。確かにこれが流れると緊迫感が出ます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。