--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/19

外国人が見た日本の風景"Beetle Queen Conquers Tokyo"の予告

beetlequeen

またまたドキュメンタリー映画の話題ですみません。
"Beetle Queen Conquers Tokyo"という作品でJessica Oreck監督の作品です。

う~ん、この予告見たら「日本人ってちょっと変」と思ってしまいます。たかが虫に17000円も支払うなんて信じられません。
そして夜景はとってもファンタジックで綺麗です。普段見慣れた日本の景色なんだけど、まるで映画のセットみたいです。これだけ見たら、日本って訳がわからない国のように思えます。

それにしてもカメラと編集が上手い予告編ですね。
映画として¥1800払うかというと躊躇しますが、TVでやったら絶対見てしまいそうです。
これも色々賞を取ってる作品なんですね。
ドキュメンタリー映画って今まで興味無かったけどこうして見ると面白いですね。

公式HP:http://beetlequeen.com/
IMDb http://www.imdb.com/title/tt1339635/



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
こんにちは
ビートルズ来日時のドキュメンタリーかと思いました(笑)。
かぶとむしの映像が多いですが、日本の変わった(外国人から見て)
風景が捉えられているのでしょうか。
アニメや漫画の影響で日本文化(サブカルチャーも含めて)が海外に
広がっています。「変な日本」もけっこう愛されているんです。
「cool Japan」という言葉も定着してきました。
映画でもどこかに日本のものを入れるのが流行っていますしね。
>elleander さん
そういえば、ダークナイトのクリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の映画も東京赤坂の森ビルでクランクインしたそうですね。
そういうのきっかけでもう少し洋画にも頑張って貰いたい所です。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。