--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/08

キャメロン・ディアス主演”My Sister's Keeper”「わたしのなかのあなた」の動画

My Sister's Keeper

キャメロン・ディアス主演、アビゲイル・ブレスリン出演で、2009年6月26日全米公開予定の”My Sister's Keeper”。先日、原作「わたしのなかのあなた」の感想を書きましたが、動画が何本か公開されていました。

ストーリーは「白血病を患う姉ケイトのドナーとして、遺伝子操作によって生まれてきたアナ・フィッツジェラルドは13歳。臍帯血の提供にはじまり、輸血や骨髄移植など姉の治療のためにさまざまな犠牲を強いられてきたが、ケイトの病状は一進一退を繰り返し、両親はついに腎臓移植を決意する。だが、アナはこれを拒み、弁護士を雇い両親を相手取って「自分の体に対する権利は自分で守りたい」と訴訟を起こす。」というものです。
題材は衝撃的ですが、家族愛のストーリーです。

4歳で白血病になり入退院を繰り返し、普通の女の子が過ごす学校生活や恋愛に無縁だったケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)が、同じように病気と闘っている男の子テイラー(トーマス・デッカー)と知り合う場面。母(キャメロン・ディアス)が、耳ダンボ状態で見守っています。


ダンスパーティに出かけるケイト。発病以来常に死と隣あわせだったケイトが、普通の娘のように着飾って出かけられるという事に母(キャメロン・ディアス)も妹アナ(アビゲイル・ブレスリン)も狂喜乱舞しているところ。
もう一人写真を撮りまくってるのは叔母役のヘザー・ウォールクィストでしょうか?ケイトが父(ジェイソン・パトリック)に「綺麗?」と聞いて出かけて行きます。
もう原作読んでると、ここだけで涙がどわっっと出てしまいます。


テイラー役のトーマス・デッカーといえば、TVドラマ「Heroes」シーズン1でクレアの友達、「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」でジョン・コナー役だった男の子ですね。
My Sister's Keeper


結構豪華キャストの"My Sister's Keeper"は全米公開6月26日です。
キャメロン・ディアスはコメディのイメージが強いですが「イン・ハー・シューズ」みたいなじ~んとくる演技も上手いのでこれも見てみたいですね。
追記:ギャガ・コミュニケーションズ配給で2009年12月日本公開予定
邦題「わたしのなかのあなた」


関連記事:
「わたしのなかのあなた」My Sister's Keeper原作感想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。