--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/30

ミシェル・ファイファー主演「シェリ」のインテリアにびっくり

Chéri
ミシェル・ファイファー主演の映画「シェリ」の動画が公開されています。IMdbの評価はイマイチ?ですが、インテリアに驚いたので動画貼ってみました。

コレット原作の「シェリ」は1920年代(1894年に生まれたエドメが18歳なので、1912年のようです。)のパリを舞台にした49歳の元高級娼婦と、シェリ(いとしい人)と呼ばれる24歳の美貌の青年との恋愛を描いた作品です。

まずはこちら
パリ近郊ヌイイにあるシェリの母マダム・プルーの屋敷、ガラス張りの広間。

いや~、この毛皮のソファーにびっくり。毛皮を敷いたソファーと読むと、ムートンや虎皮を想像してましたが、こんなご婦人の外套のような立派な毛皮を敷いたのは見たことがなくて驚きました。
さすがシェリを産んだとたん一財産築いたマダム・プルーさん。すごい成金趣味ですね。
ソファーやシャンデリアの形式はアンピール様式です。
オルモル(ブロンズに金メッキした、家具の金具や装飾)の椅子、シャンデリアは鎖やガラス玉を連ねたひもを円錐台形に吊るしたのが特徴的ですね~。
Chéri

アンピール様式(フランス語発音からアンピール様式、英語読みでエンパイア・スタイル、帝政様式) ナポレオン1世の時代に起こった様式で、ナポレオン権威の誇示のため古代エジプトやギリシャの装飾様式を取り入れています。全体的に重々しく武骨な感じで金メッキのブロンズ金物が代表的です。月桂樹、スイカズラ、唐草、羽根を付けた人物像、輪をくわえたライオン、柱頭につくエジプトのスフィンクス、脚部の動物の足首などが特徴です。ナポレオンの衰退と共にすたれています。
Empire Empire


Chéri
右端の人が着ているのはキモノを意識したデザインのドレスですね。キャラクターそれぞれの性格を反映したデザインで面白いです。
オレンジのドレスのマダム・プルーは流行に無頓着ですし、紫のマリ=ロールは冷淡で、その娘のエドナは慎み深い白を着ています。

恋のはじまりの場面です。
友人マダム・プルーの息子でしかなかった19歳のシェリとキスして43歳のレアが動揺してるのが可愛いですね。映画ではシェリの年齢設定変わってるかもしれません。どうみても19歳に見えないので…。
ルパート・フレンドはキーラ・ナイトレイのBFとして有名ですが1981年生まれの27歳。綺麗なんだけどね19歳じゃないですよね。


キャシー・ベイツが品がないマダム・プルーをやりすぎなくらいくらい熱演してます。
ダイニングはガラス張りの部屋に比べたら普通(笑)の落ち着いたインテリアですね。


シェリがレアの行き先を使用人に聞くレアの屋敷場面。原作では門番のエルネストと話してましたが、映画ではマルセルが窓を磨いています。
この枠に張ったレースのカーテン素敵ですね~!パネル式でうち開きに開閉するのかな?縁取りのフリルも女性らしい優雅な雰囲気です。カーテン生地も見るからに高級そうです。部屋の内側からも見てみたいですね。


レアの寝室とバスルーム。グレーがかった白い大理石に緑の大理石でデザインされています。窓ガラスはステンドグラス。
室内にはアールヌーボーのランプとピンクのシェードのランプ。女性らしいエレガントで趣味の良い寝室です。色遣いが良いですね。

いや~、それにしてもミシェル・ファイファーが若いですね。今年51歳。
同じ1958年生まれのマドンナといい、驚異的ですね。自分とは元の素材が大きく違いますが、若さを保ってる部分を見習いたいです。
インテリアをもっと見たいので日本公開あったら良いですね~。

原題:Chéri
監督:スティーヴン・フリアーズ(「クイーン」)
脚本:クリストファー・ハンプトン(「危険な関係」)
原作:コレット『シェリ』
出演:ミシェル・ファイファー、ルパート・フレンド、キャシー・ベイツ
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt1179258/
シェリ (岩波文庫)シェリ (岩波文庫)
(1994/03)
コレット
文庫: 270ページ
ISBN-10: 4003258525
ISBN-13: 978-4003258521
商品詳細を見る

関連記事:
ミシェル・ファイファーとルパート・フレンドの「シェリ(Cheri)」の予告篇
衣装が素敵な映画「ある公爵夫人の生涯」感想
年下男性との恋愛映画「僕の美しい人だから」とハンバーガーショップ
血の伯爵夫人「The Countess」の予告篇は年上女の切なさ一杯
建築・インテリアの他の記事へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちは~ヾ ^_^ 

いつも暖かいコメントありがとうございます。
この毛皮は、高そうですねライオンなんでしょうか?
1920年代って相当貧富の差があったんですね(;´▽`lllA``
>ママ美さん
長椅子のほうは毛足が長いので貂かイタチでしょうか?ひょっとしてミンク?あまり毛皮に縁がなくて(;´▽`lllA``
斑点のあるのは豹でしょう。そういえばヤンキーの人が車のダッシュボードにこういうの敷いてますね。
ゴージャスなの好きだし、マダム・プルーはヤンキー気質かもしれませんね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。