--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/26

ヒース・レジャー遺作「Dr.パルナサスの鏡」The Imaginarium of Doctor Parnassus動画3本

「Dr.パルナサスの鏡」(The Imaginarium of Doctor Parnassus)先日カンヌ映画祭で上映されましたが、ヒース・レジャーが出演しているシーンなど3つがネットに公開されています。

特にパルナッサス博士が昔話をするシーンに出てくる建物は中央アジアの仏教遺跡っぽくてなかなか良い感じです。テリー・ギリアムらしいイマジネーションに満ちた美術ですね。
動いてしゃべるヒース動画見ると色々な思いにとらわれますが、ここは純粋に物語を楽しみたいと思います。でも最後の作品なので、良い出来になっててほしいですよね。
出来たらジョニー・デップの出てるシーンもちょっと見たいです。
カンヌでの評判はストーリーは複雑だが映像は良いというものですね。

ところで Parnassusはパルナッソスだとばかり思ってましたが、世間の皆様の記事を見たらパルナッサスらしいです。
こっそり昔の記事も「パルナッサス博士の想像力」に変えておきました。テヘッ。
日本公開はショーゲート配給でHP http://www.showgate.jp/movie_idx.html  によると2009年秋全国ロードショーです。

10/3追記:邦題は「Dr.パルナサスの鏡」に決まりましたので、さらにこっそり変えておきます。

パルナッサス博士の娘ヴァレンティナ(リリー・コール)が自分の年齢を言うシーン


パルナッサス博士(クリストファー・プラマー)が娘ヴァレンティナ(リリー・コール)に昔話をするシーン


悪魔の手下トニー(ヒース・レジャー)出演シーン


原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus
監督 :テリー・ギリアム
脚本 :テリー・ギリアム チャールズ・マッケオン
出演者: クリストファー・プラマー 、トム・ウェイツ、リリー・コール、ヒース・レジャー、 ジョニー・デップ、コリン・ファレル
公開: 2009年6月6日(英国)2009年秋(日本)
邦題:Dr.パルナサスの鏡
公式サイト:http://www.parnassus.jp/

関連記事:
「パルナッサス博士の想像力」 ヒース・レジャーの写真
映画「パルナッサス博士の想像力」のポスター

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
こんばんは!

テリー・ギリアムの新作映画ってタイドランド以来でしたっけ。
わたしは映像が良ければとりあえず映画はそれが一番と思ってしまうほうだから、カンヌの評判がこういうものだったら期待が持てますね。

ヒース・レジャー、どんなものか観てみましたが、マスクつけてましたね。ちょっと残念(笑)
でも最後の作品となると、わたしも良い作品であって欲しいと思います!
>薄荷グリーン さん
はい、テリー・ギリアムは2005年の「ローズ・イン・タイドランド」以来の作品ですね~。
バンデットQやフィッシャー・キング、2モンキーズなど好きな作品が多い監督さんなのですが、ブラザーズ・グリムみたいな作品もあり一抹の不安があります。
とりあえず日本公開を楽しみに待ちたいと思います。
パルナッソスはギリシャ語?
聖書でいうところのノアの洪水みたいな洪水が起こったとき、残された陸地はパルナッソス山だけだった、と神話に出てくるお山です。そこに現在の人類の先祖が非難し…、と。

だからパルナッサスはおそらく英語読みのカタカナ表記では?

私のテリー・ギリアムはだから、Fear and Loathing in Las Vegasなんですよ。あれが大好き。12Monkeysもフィんシャーキングもよかったですね。
>LimeGreenさん
なるほど~!
どこかで聞いた地名でしたが聖書でしたか・・・。英語題の邦訳ですからおっしゃるように「パルナッサス」になるんでしょう。

「ラスベガスをやっつけろ」とはやっぱりデップ好きですね~。今作のデップの出番楽しみですよね。
テリー・ギリアムは一時低迷してましたが、、またがんばってほしいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。