--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/10

「ターミネーター4」レジスタンスのビデオ

Terminator Salvation

「ターミネーター4」はいよいよ2009年5月22日全米公開でそれに先立ち、新しい予告篇や写真がいっぱいリリースされてますが、その中にレジスタンス側の戦況を伝えるビデオがありました。
http://resistorbeterminated.com/

「ターミネーター4」のストーリーは「2018年、核戦争後の荒廃した世界。人類と機械の壮絶な戦いが繰り広げられる中、「スカイ ネット」は、人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようとしていた。一方、レジスタンスのリーダーとなったジョン・コナーは、過去の記憶を持たないマーカス・ライトという謎の男と出会い、スカイネットの核心に迫っていく―。 」というもの。

youtubeをみる限り人間側はかなり不利な戦況ですね。






こちらはスカイネット社のビデオ


さて、今回登場するターミネーターのマーカスは自身を人間だと思いこんでいて、女性兵士との恋愛感情も芽生えるらしいです。人間とロボットとの恋愛って映画やSFでは良くあるシチュエーションですね。

実際「不気味の谷(wiki)」は深くて越えるのは難しいと思うのですが、もし「人間そっくり」を越えて「人間と同じ」ロボットが出来たらそんな事もあるかもしれません。

子供の頃見てた手塚アニメでは小型原子炉を積んだアトムが空を飛び回ってました。
善悪を判断し感情をもったロボットアトム。
今その未来に生きてますが、実現した事や想像以上に進んだテクノロジーもある反面、足下にも及ばない部分もあります。コンピューターはずっと小型で身近なものになり、携帯電話が登場したのに、人間と同じサイズで動くロボットを動かす動力源は出来ませんでした。
善悪の判断ができるロボットはもう開発されているんでしょうか?チェスのチャンピオンを負かすコンピューターもいますし、善悪の判断は判例の積み重ねだからそんなロボットもできそうですね。

でも人間と同じサイズで自己判断の出来るロボットは私が生きてる間は実現しないでしょうから、ロボットとの恋愛の倫理を考える必要はなさそうです。ちょっと残念です。


A.I. [DVD]A.I. [DVD]
(2002/03/08)
ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ

商品詳細を見る

愛情をもったロボットの映画「A.I. 」
純粋に愛を求めるロボットのお話。ジュード・ロウ演じるジゴロのロボットも面白い存在ですね。本気になっちゃう人間はいなかったのかなぁ?

サイバー・コンパニオン【字幕版】 [VHS](原題:The Companion) (1994)
「女流作家ギリアンは執筆活動のために山小屋にこもるが、雑用係としてジェフリーと名付けられたアンドロイドを借りる。彼女はジェフリーの設定を変更し、より人間らしくなるようにするが、それは禁断の恋のはじまりとなる。」
これはPCの設定やスタートアップをいじったりカスタマイズした経験がある人はなんとなく分る感情だと思うのですが、設定を変えだんだん自分好みになるのは楽しく嬉しい体験です。ハマっちゃって色々やりすぎちゃったんですよね・・・。
アンドロイドのジェフリー役ブルース・グリーンウッドは「スタートレック」(2009)に前艦長クリストファー・パイク役で出演してます。ロボット三原則が出てくる映画「アイ・ロボット」にも社長役で出演しています。

銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF)
(2007/04)
タニス リー

商品詳細を見る

銀色の恋人 (ハヤカワ文庫SF): タニス リー
ロボットとの恋愛をスバリ描いたSF小説。以前の川原由美子の表紙の方が好きでした。




監督:マックG
出演:
ジョン・コナー: クリスチャン・ベイル
マーカス・ライト: サム・ワージントン
カイル・リース: アントン・イェルチン
ケイト・コナー: ブライス・ダラス・ハワード
ブレア・ウィリアムズ: ムーン・ブラッドグッド
バーンズ: コモン
セリーナ・コーゲン: ヘレナ・ボナム・カーター
T-800: ローランド・キッキンガー
T-600:ブライアン・スティール
ヴァージニア:ジェーン・アレクサンダー
アシュドン:マイケル・アイアンサイド
サラ・コナー(声のみ):リンダ・ハミルトン
公式HP: http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/
日本公開は6月6日、6月7日が先行上映、6月13日公開です。
小説:
ターミネーター4 廃墟から (角川文庫)ターミネーター4 廃墟から (角川文庫)
(2009/04/25)
ティモシイ・ザーン

商品詳細を見る
価格:740円(税込)

関連記事:Terminator Salvationのポスターが凄い!

にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
情報をあんまり入れないようにしようと思ってたのについ面白くて予告編含め見てしまいました(笑)
『ターミネーター』はロボットものと思ったことはなかったけど、なるほどそういう見方もあるんですね。
>toto さん
あっ、結構考えなしに書いてるので、色々情報を垂れ流してるかもしれません。すみません。
多分youtubeの動画はバイラルマーケット用で本編には出てこないと思います。
Tarminator/Batman
ブルース・ウェインがターミネーターに出演するのって、やや反則な気もしますが…。

A.I.は泣けて泣けて、もう二度と見たくありません。

そういえばアトムもハリウッドリメイクされるんですよね!

ポチ
>LimeGreen さん
アルフレッドやルーシャス・フォックスのいないブルース・ウェインがどれだけ一人で頑張れるか見届けましょう!
アトムは制作会社の資金繰りが悪化してるそうなので、仕事が粗くなってそうで少し心配です。
全米・日本公開は2009年10月23日らしいです。
http://www.astroboy-themovie.com/
こんにちは~♪( ^∇^ )ノ”
すっりとGWボケの私です。
ターミネータ大好きなので、楽しみです(*〇´∀`艸)*
実家に戻ってもレンタルDVDで映画ばかりみてました。
ボクの彼女は、サイボーグという邦画をみましたよ
「ターミネーター3」で、思いっきりハズレくじを引いたので、イマイチ期待できなかったのですが、Youtubeを見ると、期待できそう?
マイケル・ビーンのカイル・リースに惚れましたが、彼ももうオジサン・・・
新カイル・リースの出来はいかに?
>ママ美 さん
おかえりなさい~。
おぉ、そういえば「僕の彼女はサイボーグ 」もありました。
あいにく私は見てないのですが、綾瀬はるかちゃんがキュートそうな映画ですね。
他にも「絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜」ってTVドラマもあり、この分野は人気ですね。
>サイズ君さん
今回の映画化で「ターミネーター3」は無かったことになってるみたいです。
まぁ仕方ないですね。

マイケル・ビーンのカイル・リースは良かった!あの戦場でこっそり写真を見るときの口元、かわいかったですね。
最近あの映画の設定では、リンダ・ハミルトンが女子大生だったと聞いて驚愕しました。ありえないですよね!!

今度のカイル・リースもかわいくてよさそうです。でもこの手の髪質はデコに来そうです。ヒース・レジャーのデコを予見した私の目に狂いはありません。・・・まぁヒースは誰の目にも明らかだったんですけどね。
「ターミネーター3」はなかったことに・・・う~ん、納得。

そうそう!あんまり笑わない役なんだけど、こっそり笑みが浮かぶところが、良いんだよねぇ。
マイケル、最近はヒット作がないけど、WOW WOWで「グラインドハウス」が放送された時に出てて、ちょっと嬉しかったです。
予見のとおり、髪がきてそうでしたが・・・

リンダが女子大生という設定、オイラも聞いた時にはビックリしました。
それよりもビックリしたのがキャメロン監督がリンダとできちゃったこと。
まあ、すぐ別れたし、キャメロン監督は結婚離婚を繰り返していますから・・・
>サイズ君さん
やっぱり皆女子大生設定には突っ込みたくなりますよね
キャメロン監督との話は知らなかったのでちょっとびっくりです。
う~ん、そういうのが多いんでしょうかねぇ~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。