--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/09

2008年洋画興収ベストテン

バラエティ・ジャパンに2008年洋画興収ベストテンの記事が出ていました。TOP10を引用しますと

1位『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』57億円
2位『レッドクリフ PartⅠ』(45~50億円)
3位『アイ・アム・レジェンド』(43億円)
4位『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(35億円)
5位『ハンコック』(31億円)
6位『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(30億円)
7位『魔法にかけらて』(29億1000万円)
8位『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』(26億円)
9位『ウォンテッド』(25億円)
10位『アース』(24億円)

興行通信社の週末ランキング!で洋画離れが顕著だとおもってましたが、こうして数字をみますとかなり深刻ですね。
この洋画興収TOP10の合計金額は345~350億円。
2007年540億円、2006年は573億円ですから激減です。(日本制作者連盟の資料より)

いくら邦画がヒットしても、洋画がこんなに落ち込んでたら、映画館は大変だったのではないでしょうか?館内の飲み物やパンフレットなどのグッズの売り上げも、不況で減っていそうですし。

今年の洋画TOP10の内6位までは大味な大作で、数字的に厳しくても仕方ないように思います。
結局アイドルや旬の俳優が出た邦画がドラマの勢いやマスコミの物量作戦で売れた1年でしたね。
というか自分の好きな『ダークナイト』や『落下の王国』あたりが思ったよりヒットせず、広く見て貰えなかったのは本当に残念です。大きなスクリーンで見る価値があったのになぁ・・・。

この資料は11月末までに公開されたものなので、12月公開の『ウォーリー』と『地球が静止する日』には是非頑張ってもらって、来年12月には50億円以上の作品がずらりと並ぶランキングを見たいですね。


にほんブログ村 映画ブログへ
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
コメントありがとうございます。
umetramanさん
コメントありがとうございます!
umetramanさんのblog面白かったです。私もあんなふうに楽しい文章が書けるよう頑張ります。
デス・レースはあいにく未見ですが、今年の上位と言うことはかなり面白そうですね。同じジェイソン・ステイサムのバンク・ジョブも期待しています。
まだ拙いblogですが、どうぞまたお越し下さいませ。
umetramanさん間違って消してしまいました
umetramanさん
ごめんなさい!
コメント承認ボタン押したつもりが間違って消してしまいました。本当に申し訳ありません。
一度消したら復活できないんですよね・・・。
あぁ自分のアホさに呆れてしまいます。
重ね重ねお詫び申し上げます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。