--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/16

映画「GOEMON」感想

映画「GOEMON」見てきました。「こんな時代劇、観たことない。」というキャッチコピー通り、絢爛豪華な映像と俳優の熱演が見どころの映画でした。

石川五右衛門(江口洋介)が、織田信長(中村橋之助)暗殺の秘密を知ったことから、権力闘争に巻き込まれていく姿を、浅井茶々(広末涼子)との恋、霧隠才蔵(大沢たかお)との戦いを交えて描く紀里谷和明監督作品です。
ネオ時代劇とでも言うのでしょうか?東洋と西洋、過去と現在が奇妙に混じった世界観は面白いですし、衣装や小道具・セットなどの美術が効果的に使われ2時間8分楽しめる作品になっていました。
パチンコやゲームのような映像、CG臭さを押さえる努力を放棄している、声が大音量なのにこもった感じで聞き取り辛い、広末涼子の前髪が変、など難点は多いですが、これはこれでアリだと思います。

俳優陣も頑張ってました。江口洋介も大沢たかおも格好良かったです。また織田信長の中村橋之助が一差し舞うシーンは腰が決まってて迫力ありました。キャスティングは本当に良い作品です。

ただ、脚本は格好いい画面にキメ台詞を言わせたいがためのツギハギって感じで、深いテーマは感じられません。さっき子供に説教してたのと逆の行動だったり、五右衛門が異常な程の身体能力発揮する割にピンチでは凡人並の力に低下する不思議には突っ込まずにはいられませんでした。

衣装も時代や様式を無視した面白いデザインでしたが、昨年の石岡瑛子の「落下の王国」のようにキャラクターを体現するデザインで、これしかないという必然性は感じられず単に豪華だなぁという感じです。
更に言えば、石田三成って有能な官僚のはずなのにおバカな役なのと、玉山鉄二の無駄使いっぷりが気の毒でした。

以前「王妃の紋章」のCG臭さ・下品な色使いと脚本のつまらなさに猛烈に腹が立ってしかたなかったけど、似たようなハチャメチャっぷりなのに日本の歴史だと許せてしまうのは、日本人だからかもしれません。日本の歴史上の人物を使ったオマージュ、同人誌のノリ、ゲームの脚本のようなエンタメの楽しさがこの作品にはあります。
「王妃の紋章」も中国では大ヒットしたけれど、海外ではそこまで受けていないのと同様、この映画も日本人が思うほど海外では受けないでしょう。
なぜなら海外の人は日本人のようには五右衛門、才蔵、佐助、茶々を知らずどう改変されているか、その改変の面白さが分らないからです。
金襴緞子のローブ、大阪城の薔薇窓、スターウォーズ帝国軍兵士のような白い鎧など、日本人の目からは、西洋を意識したデザインで面白いんですが、欧米から見たらアジアらしさがないんじゃないでしょうか?まぁ、海外でアニメ「NARUTO」大人気だから心配ないかもしれませんが・・・。

というわけで、5月1日に公開の「GOEMON」、監督の前作「キャシャーン」に比べて、ストーリーもまとまってますし、映画の日に見るにはちょうど良い作品だと思います。

GOEMON
監督・原案:紀里谷和明
上映時間:2時間8分
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう
公式HP:http://www.goemonmovie.com/
GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]GOEMON
(江口洋介 主演) [DVD]

()
不明

商品詳細を見る



関連記事:
GWに見るならこれ一択!映画「グラン・トリノ」感想
京都で青春炸裂コメディ。映画「鴨川ホルモー」感想
2009年ベスト映画の1本「スラムドッグ$ミリオネア」感想
見る人を選ぶ映画「バーン・アフターリーディング」感想
映画の感想カテゴリの他の記事

にほんブログ村 映画ブログへ
映画の感想 | Comments(10) | Trackback(13)
Comment
前作「キャシャーン」は結構好きだったので楽しみにしてたのですが、そうですか。ちょっと脚本が弱そうですね。
(キャシャーンも脚本いまいちでしたが)
「落下の王国」と比べてはかわいそうな気がしますが(笑)とりあえず映像を楽しみに期待しすぎず見ることにします。
ありがとうございました。参考になりました。
>totoさん
映像や美術はとても見事でした。ゲームで五右衛門や才蔵になってプレイできたらすごく楽しそうな世界観を見事に映像化しています。
脚本はちょっと弱いけどキャシャーンよりずっとましなので、豪華絢爛な映像美を2時間お楽しみ下さい。
ご訪問ありがとうございますm(__)m
応援のぽちヽ(^o^)丿
面白そうですね(^ー^* )
私は、ベタな時代劇が好きですよ~♪
ポスターも、なかなかですね(´-`●)
>とまとさん
応援ありがとうございます
>ママ美 さん
ゲームみたいで面白かったですよ~
ただあのゲームっぽさが受け付けない人も多いでしょうね
TBありがとうございました。
TB有難うございました。
時代考証や既成概念を取り除いた建築様式や
衣装に目が奪われるほど綺麗なシーンも多々ありましたが
戦闘シーンではゲームのCG映像?と思えるほどの
ギャップもありました。
ただ、邦画では珍しい映像手法なのでぜひ、次回作も
果敢にチャレンジしてほしいですね。
前作よりは脚本がよくなった思いますが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
>シムウナさん
メチャメチャなようで意外に史実を膨らませた部分もあり、有り得ない部分との混在っぷりが面白かったですね。
次回作も主人公が黒マスクしてるかが今から楽しみです。
No title
面白そう
>!!!!! さん
映像ハデで面白かったですよ~。

管理者のみに表示
Trackback
試写会へ行ってきました。 この映画に特別関心がなかったので、 ポスターのアップの男性が最近まで江口洋介さんだとは 気づきませんでした...
紀里谷監督の前作「CASSHERN」は未見ですが、あまり評判はよろしくなかったようで。 今回も、どうなのかな?と思いながら、キャストとストーリーに魅かれて「GOEMON 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーにしては、かなり多め。 ゴールデンウィ...
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国時代..
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
スゴい事になってます!!  
「CASSHERN」でデビューした紀里谷和明監督2作目。主演は江口洋介ですが、大沢たかお、広末涼子、奥田瑛二、伊武雅刀等々、名前を挙げ始めたらきりがないほどの超豪華な出演陣は文句無く見所です。更に、恐らくほぼ全編に渡って加工されたであろう映像とVFXによる映像...
今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・ 紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・ 主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・ ということで、初日に観に行っちゃいました。
千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組"カンゴロンゴ"を連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・ それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語
まさか五右衛門の「かまゆでの刑」があんなことになってるなんて  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:] 【あらすじ】1582年。天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)は、夢を目前にして家臣・明智光秀の謀反により本能寺で暗殺?...
  その箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉だったという真実が封印されていた――。   ■信長、秀吉、家康。その天下統一の影で、ただ一人、民衆のために戦い続けた男――彼の名は石川五右エ門。金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥
紀里谷監督の初監督作品だった「CASSHERN」で賛否を 渦巻いていたが、どうやら今回もネット上を賛否が 駆け巡っているようです。
************************************* 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ (浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。) ***********?...
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。