--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/01

憧れるもの

最近土鍋に凝っている。正確にいうと土鍋炊飯に凝っている。

私は保温したご飯の匂いが嫌いなので、ジャーを使わない。いつもはまとめて圧力鍋で炊飯し、熱々のところを小さなパックに詰め冷凍している。この時、150gずつ計量するので、一回のカロリーも分かり易いし、いつでもチンするだけで炊き立てのご飯が味わえてお勧めの方法だ。

でも、このまとめてってのがたまに面倒になる。計量して小分けするのも時間がかかるし、冷凍したご飯が切れて今すぐご飯食べたいときに、今から何合も炊くのはおっくうで仕方ない。

そんなときは、土鍋で炊飯する。1合のコメを洗い20分ほどざるにあげ吸水させる。
土鍋に米の1.1~1.2倍の水と一緒に入れ蓋して強火で加熱、沸騰したら弱火にして5分加熱、火を止めて20分蒸らす。
これだけでふっくらおいしいご飯が炊ける。ちゃんとカニ穴も出来てお米もつやつやと立ってる。土鍋なので20分蒸らしても冷めないのが嬉しい。蒸らしてる間におかずも出来上がるのでちょうど良い時間配分で食事が出来る。

しかしひとつ困るのが土鍋の収納場所だ。食器棚には大きすぎるし、なべの棚に置くと毎回出すのが面倒だ。結局キッチンに出しっぱなしにしている。夏でも土鍋のあるキッチンってのは、世間体はどうなんだろうとちょっと心配だ。この人よっぽど鍋料理がすきなのね、あるいは冬物は早く直しなさいよ、まぁそう言われても仕方ない。

ひとつ困ると言ったが、実際は炊き立てのご飯が旨くて1合全部食べてしまうのも困った点だ。一食で1合は食べすぎだと思うけど、旨いんだから仕方ない。普段食べてる150gの倍近いと思うが、恐ろしいので測った事はない。今度こそ計って真実を知ろうと思うが、先延ばしにしている。真実とは口に苦いものに違いないとか言い訳しながら旨いご飯を食べる日々だ。
南青山にあるトーヨーキッチンのシステムキッチンの紹介記事をみると、うちとは別世界である。綺麗で整然と整頓されている。こんなキッチンだったら私の土鍋の収納場所も一杯ありそうだ。収納場所があれば思う存分鍋も買えそうで見るだけでうっとりする。
それに梅干や梅酒を作って保管する場所も一杯ありそうだ。高級ブランドの服やバッグには全く心動かされないが、こういうキッチンには憧れる。
料理の腕も1・5倍くらい上がりそうな気がする。効率的な動線で調理できるから時間も短縮できそうだし。宝くじがあたったら是非こんなキッチンにしたい。

商品紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。