--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/29

説明書を読め!

PCやソフトの事で何度も同じ質問が来るとつい「説明書読んだ?書いてあるよ」と言いたくなってしまうのですが、自分もよく説明書を斜め読みして「読んだ」気になってる事があります。

今回、あるHPにPHPのRSSリーダー設置しようとして全然動かず1週間ほど悩んでおりました。
あまりにも動かないので、先にメールフォーム動かそうとしてこっちも動かず、改めてサーバーの説明を読んだら「CGIは使えます。ただし○○○コースのみ」としっかり書かれてました。
そう、契約のサーバーは○○△コースなのでCGIはプロバイダが準備したいくつかしか動かない仕様だったのです。あぁ、この1週間の悩みは何だったのでしょう・・・。
今時CGIの使えないサーバーがあるとは思いもせず、思い込みと説明書コース名の末尾までしっかり読んで無かったのが今回の失敗の原因です。

今週は他にも26日までに報告したらOKって案件をころりと忘れて期日遅れになったり、重要な部分でスペルミスしてたり、色々失敗が露見した1週間でした。

「どんな仕事でも慣れてしまえばルーティンワーク。どれだけきちんとこなせるかが問題だ」とは、以前一緒に働いていた人の言葉です。彼女はどんな仕事でも完璧で、ほとんどミスがありませんでした。きちんと相手の意図を聞き取り、ポイントを外さない仕事っぷりは横で見ていてもほれぼれするものでした。(逆にそんな細かいところは勝手に判断してやったらいいのにと思うところまで相手に確認していたので、ペンディングの量も凄かったのですが・・・。)

私も彼女を真似てなるだけ最初に確認して仕事に取りかかるようにしてるのですが、やっぱり生来の癖がでて「分かったつもり」でやり始め途中で躓く事が多く、二度手間三度手間になってしまいます。
今回久しぶりに彼女の事を思い出し、仕事だけじゃなく普段の生活も「分かったつもり」じゃなく最初にキチンと説明書を読む大切さを思い知らされました。

本当は最後に四月新社会人になる方に向けて、尊敬できる先輩の良いところは吸収して頑張ってね~みたいな一文で締めくくろうと思ったのですが、自分が全然見習えて無いのでおこがましくて書けません。
若い方のblog読んだら私より数段しっかりしてる人が多いですし・・・。あとは体と心の健康だけ気をつければ良いですよね。

いよいよ来週は四月です。新社会人も既に社会人の人もフレッシュな気持ちで行きましょう!

花 花
友人提供:春らしいお花の写真

(ウチのblogは華やかさや色気が足らないような気がしたので入れてみました。先週は何かと忙しくて更新もままならずでしたが、出来るだけ更新していきたいと思います。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
雑記 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
わかったつもり
医学英和辞典を引くことをしないので、医学的ターム、わかったつもり(でも何のことか全然わかってない)で仕事していることしょっちゅうです。

診断名が直接関わってくる処方的なセラピーの仕事ではないから、そうなってしまうんですね…。

でも上司よりは私はメディカルですけどね、出た学科はSchool of Nursingの中にあったし、日本で医療福祉系の職業だったりして(でも英語で覚えていないだけ)。
こんばんは!!^^

説明書をちゃんと読ずに、思い込みで進んでしまうと、たしかに後で痛い思いをしますね。

仰るとおりに仕事も決められたことをキチッとするだけでいいのですが、この決められたことをキチッというのが守られません。これは人間ならではの特性があって避けられない問題でもあるのですが、こういうことを押さえていく為に品質活動とかあるんですよね。この活動は指摘する側もされる側も辛いものです(笑;)。
同じことを繰り返すと、その手順を完璧覚えてしまったと思い込み、気が付いたら手順の何箇所かをすっ飛ばしていた・・・なんてことがよくあるのですね。

新入社員にはこういう教育が大事ですよね。しかしまあ、頭の痛い問題です(笑;)。

花の写真、鮮やかでいいですね♪春ですな!!

ガツンと応援いきます♪
コメント有り難うございます。
>LimeGreen さん
日本語でも難しいのに英語で医学用語覚えるなんて考えただけでく~らくらしちゃいます。
どうせ聞く患者さんのほうも難しいテクニカルタームなんてチンプンカンプンだから普通の言葉で十分ですよね。
しかし私の場合人一倍そそっかしいので、折角説明された普通の言葉を聞き逃してしまうのがしばしばなのです。困ったもんです。

>umetraman さん
品質管理、懐かしい・・・。昔いた会社でやってましたよ、QC活動やTQM。日常業務も忙しいのに発表会前は深夜までかかって資料作ってました(主にリーダーが)。私も一度リーダーになって蒼白になったものです。ウッカリした性格なので品質管理って耳が痛い事ばかりでした。
でもあのPDCAサイクルは何にでも応用効く考え方ですよね。それを学べただけでも価値があったなぁと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。