--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/01

gyaoで「Vフォー・ヴェンデッタ」が放送

Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 [DVD]Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 [DVD]
(2007/06/08)
ナタリー・ポートマンヒューゴ・ウィーヴィング

商品詳細を見る

gyaoの今月のラインナップ久々に凄いですね!
Vフォー・ヴェンデッタ、ロード・オブ・ウォー、テキーラ・サンライズ、ディープ・ブルー、危険な関係、リトルショップ・オブ・ホラーズ。
ブルース・ウィリス特集でラスト・ボーイスカウト、バンディッツ、ストーリー・オブ・ラブなどなど。

特に「Vフォー・ヴェンデッタ」はヒューゴ・ウィーヴィングが仮面をつけて声と仕草だけで魅力的なテロリストであり狂人なVを演じていて必見です。
顔は一切見えない仮面なのにちゃんと喜怒哀楽が分る演技は凄いです。終始仮面の演技では「キングダム・オブ・ヘブン」のエドワード・ノートンも良かったですね。両方とも二人の演技力の巧さが分る作品です。

映画は賛否両論ですが、ヒューゴ・ウィーヴィングとナタリー・ポートマンの熱演は見る価値あります。
アクションシーンの屋根から飛びおりるかっこよさ、ナイフをくるくる回して投げるギミックのスタイリッシュさなど、Vというキャラクターの魅力満載の映画です。
ヒューゴ・ウィーヴィングは声が良いので、登場シーンの舞台の口上を思わせる自己紹介の名調子にうっとりしてしまいます。(「マトリッス」シリーズのエージェント・スミスや「ロード・オブ・ザ・リング」のエルロンドのイメージが強いですが、声優として「トランスフォーマー 」や「ベイブ」「ハッピー フィート 」でも活躍しています。)
「Vフォー・ヴェンデッタ」はなかなか地上波にならずちょっと寂しく思ってましたが、gyaoで一人でも見てくれる人が増えたら嬉しいです。

gyaoのサービスが試験的に始まったのがちょうど4年前でしょうか?1年くらいはしょっちゅう見てましたが、その後あまり面白い番組もなくCM再生が大音量になったり、何度も再生が途切れたりして時々しか見なくなってました。
でもレンタルショップにない作品や気になるけど借りて見るほどの価値があるか分らない場合gyaoって便利ですよね。「ヤング・アインシュタイン」「ブレイカウェイ 」「しあわせな孤独 」「セクレタリー」は、gyaoで見て感動した作品です。
あとエロいタイトルは借りるのはちょっと抵抗あるけどgyaoだとこっそり見られるから良いですよね。ペネロペ・クルスの「赤いアモーレ」やユアン・マクレガーとティルダ・スウィントンの「猟人日記」はキャストが気になってたので、gyaoで見られて良かったです。(まぁ作品自体はあまり好みでは無かったですが。)
一時、思ったより広告収入が無くビジネスとして厳しいというニュースが流れてましたが、無くなったら寂しいサービスですから、これからもgyaoに頑張って欲しいと思います。

しあわせな孤独 [DVD]
しあわせな孤独 [DVD]
(2004/07/02)
ソニア・リクター、マッツ・ミケルセン
一つの交通事故を境に回り始める男女4人の切ない運命のいたずらを描いた愛の物語。監督はスザンネ・ビア。“ドグマ95”という人工的な照明を使わずに手持ちカメラのみでロケーション撮影を行う手法を用いられています。
セクレタリー [DVD]
セクレタリー [DVD]
(2006/10/27)
マギー・ギレンホール、
ジェームズ・スペイダー
男性経験ゼロ、自傷癖ありの内向的なリーが、弁護士の秘書として就職した先のSMチックな教育により、目覚め、自分の魅力を開花させていく異色ラブロマンス。「ダークナイト」のヒロインをブスと非難する人はこれ欲しいです。ジェームズ・スペイダーも最近はアレだけどこの頃まではかっこいいです。SM風味なので家族で見るのは気不味く要注意です。
ブレイカウェイ
ブレイカウェイ [VHS]
(2002/06/21)
イーベン・ヤイレ
情けなくてアンラッキーな4人のならず者たち。年齢も境遇もバラバラな彼らは失敗続きの人生を塗り変えるため、4億もの大金強奪を画策します。アクションものと思いきやユーモアーあり涙ありのヒューマンものです。DVDは廃盤みたいですね。名作なのに残念。
ヤング・アインシュタイン [DVD]
ヤング・アインシュタイン [DVD]
(2006/04/14)
ヤッホー・シリアス、
オーディル・ル・クレジオ
ヤッホー・シリアス監督が独自の解釈で世紀の天才、アインシュタインの若き日をユーモアたっぷりに綴ったナンセンスコメディ。こういう明るいコメディは楽しく皆で見られて良いですよね。



にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。