--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/16

映画「Dr.パルナサスの鏡」のポスター

Imaginarium of Doctor Parnassus

SMAP×SMAPで草くんが「ダークナイト」ジョーカーのパロディやってましたね。おでこが強調されすぎで、少し切なかったです。ヒース・レジャーの方が草くんより五歳くらい年下なんですよ。

そのヒース・レジャーの代わりにジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが出演することでも話題になった映画「パルナッソス博士の想像力」 「Dr.パルナサスの鏡」The Imaginarium of Doctor Parnassus(テリー・ギリアム監督)の韓国語のポスターがネットにありました。

全米公開は2009年9月24日、英国公開は2009年6月6日で、日本ではショウゲートが配給する決まってるのですが、日程はまだ不明です。韓国の方が洋画の公開は早い・・・、というか日本はだいたい世界最遅なので、まだまだ先でしょうか。
追記:ショウゲートのHPによると2009年秋公開とのことです。
http://www.showgate.jp/movie_idx.html

さらに10/3追記:邦題は「Dr.パルナサスの鏡」です。公式サイト:http://www.parnassus.jp/

eiga.comによるこの映画のあらすじは「悪魔(トム・ウェイツ)との賭けに勝ち、不老不死を手に入れたパルナッサス博士(クリストファー・プラマー)の物語。不思議な鏡を使って、他人の想像の世界を見せ物にしている劇団を主宰する博士は、死なないまでも老醜をさらし千年以上生きている。」という設定までは同じなのですが「若い女性に恋をしたことから、不老不死を放棄することを条件に悪魔と取引し、若返ることを願う。」というのと「悪魔は彼の娘(リリー・コール)を自分の味方にしようと娘を誘惑するために若者を送り込む。」という2種類あって、どっちなのかよく分りません。日付が後なのは「若い女性に恋」の方ですが、ヒースの役は娘を誘惑する役だったので、両方ミックスなのかもしれませんね。

1つの役をヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルと4人で演じるのですから一人当たりの出番は少なそうですが、豪華キャストですしポスターだけじゃなく早く予告篇も見たいです。そしてあまり他の国より遅れないうちに上映して欲しいですね。

more...>>以降にテリー・ギリアム監督の過去作品を使った特別映像置いてます。

関連記事:
ジョニー・デップとクリスチャン・ベールの「Public Enemies」
IMDbが選ぶ2008年のスター

にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Netflix
のQueueに早くもちゃんと入れてあります。Johnny Deppのファンなので、彼の関係したものは、みられる限り全部みてます。Slow BurnのTVバージョン(完全に廃盤状態)がみたい今日この頃。

さてJude LawとJohnny Deppだったら、迷わず誘惑されてしまうであろう私ですが、Colin Farrellはちょっとだめですね。個人的趣味だと思いますけども。

テリー・ギリアムとジョニーはFear and Loathing in Las Vegas以来の仲ですね。二人が関わっている「ラマンチャの男」がボツになってもLost in La Mancha なんて映画にしてしまっていましたね。

ポチ
>LimeGreenサマ
公開の半年以上前なのにもうリストに入ってるなんて、凄いですね。
今年はパルナッソス博士とPublic Enemiesと楽しみが2本ありますね。日本でも両方公開予定なので待ち遠しいです。
テリー・ギリアム監督はすっごく面白い時と、つまらない時の落差が激しいのでどうなるか楽しみなような、恐ろしいような・・・v-356
ちなみに私もデップとジュード・ロウだったら誘惑されなくても付いていきますが、コリン・ファレルはダメです。v-431同じように眉毛の濃いリー・ペイスは好きなのに、なんでだろう??やっぱり「個人的趣味」ですかね?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。