--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/30

オーディオコメンタリー「リベリオン」

リベリオン -反逆者- [DVD]リベリオン -反逆者- [DVD]
(2003/10/24)
クリスチャン・ベール
エミリー・ワトソン

オーディオコメンタリーとは、 DVDの特典として付けられる音声解説で、監督・キャスト・スタッフ等が実際の映像に対してリアルタイムに解説したものを収録 しています。
特に制作当時のエピソードや技術的な話や・場面解説してくれるタイプのコメンタリーは、作品の裏側を覗いた気分になれ、雑学的知識を仕入れる事もできるので大好きです。
クリスチャン・ベール主演カート・ウィマー監督の近未来SFガンアクション映画「リベリオン」は究極の武術ガン=カタ〈GUN=KATA〉もカッコイイ作品ですが、それに加えてコメンタリーが非常に面白い。
監督の「お金がない」ぼやきや、家の裏庭でアクションを考えた話や、美術・ロケ先の話などどれも興味深いエピソードです。
中でも監督が主演のクリスチャン・ベールとエミリー・ワトソンの演技スタイルの違いを語っている所は、監督ならではの観察眼だなと思いました。

解説をせずに映像を無視した雑談で終わるコメンタリーもあります。
「サマータイムマシン・ブルース」の「SF研と観るSTMB」は、SF研の瑛太、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシの四人が、SF研の部室で本編を観ながら喋るというコメンタリーです。
雑談とぐたぐたの悪ノリが、大学のサークルで騒いでる男子学生と一緒の部室にいるような気分にさせてくれます。

そのクリスチャン・ベール主演、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」が12月10日発売です。
彼の作品にたいする隅々まで行き届いた配慮についての解説を、映像見ながら聞きたいと思うのですが、コメンタリーという形で語るのはお嫌いなようで収録されません。
せめてメイキングで色々語ってくれている事を期待します。
劇場で3回見たのですが、届いたらその日のうちに2回は見る気で今から発売日を楽しみにしています。

ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン


にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。