--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/16

映画「キャタピラー」感想

とても衝撃的な作品です。反戦映画ではありますが、それよりも夫婦とは何か、意志の疎通が出来ない配偶者同士がどう向き合き合いどう生きていくかという事について考えさせられました。
ともかく俳優陣の熱演が素晴らしいです!第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した寺島しのぶに圧倒されましたが、密室劇のような息詰まる夫婦の心理戦をセリフらしいセリフもないのにうなり声と眼力だけで演じた大西信満も凄かったです。きわどい性愛シーンもあるので気楽に楽しめる作品ではありませんが見て良かったなぁと思わせる1本でした。

ストーリーは「第2次世界大戦中の日本。シゲ子の夫・久蔵にも赤紙が届き、勇ましく戦場へと向かったが、戦争から戻った久蔵の顔は焼けただれ、四肢を失った無残な姿であった。多くの勲章を得た久蔵は「生ける軍神」として村民から崇められ、久蔵も自らを称えた新聞記事や勲章を誇りにしていた。久蔵の食欲と性欲を満たす事の繰り返しの日々の悲しみから逃れるようにシゲ子は「軍神の妻」としての自分を誇示するかのように振る舞い始める。やがて日本に敗戦の影が色濃くなっていく。」というものです。

出征した家族がいれば無事で帰ってきてほしい、五体満足でなくても生きてさえ戻ってきてくれたらと願わずにはいられないものでしょう。でも実際に四肢を失い話すことも聞くこともできない状態で戻って来たら…という衝撃的な冒頭で、実妹や父も「こんな状態で帰って来られても…」、「義姉さんを実家に返してなくて良かったわ」と厄介者を妻のシゲ子に押しつけて去り、夫婦二人の心理劇のような物語が始まります。
夫との間には愛や愛着もなく、あるのは儒教的道徳観に根ざした良妻でなければという義務感だけのシゲ子と、自らを称えた新聞記事や勲章しかない久蔵の「食べて寝て、食べて寝て、食べて寝て」という繰り返される生活。
この辺の閉塞感は見てるこっちも息苦しくなるほどでした。

しかも出征以前から夫は専横的で暴力で妻を支配していた事がわかり、手足を失い全ての世話を妻に頼りながらも相変わらず横暴に振る舞う夫を逆にいたぶる妻の嗜虐心も痛いほど分かります。今だったら我慢せずとっとと別れてしまいそうですが、嫌悪や忍従、感情の爆発の末、シゲ子が得た境地に、ほのかな希望が見える流れでした。(まぁ、その後あんな事になっちゃいますが…)


低予算でたった12日間で撮影したそうですが、俳優陣の迫力ある演技で、非常に怖くて緊迫感溢れる物語になっています。ただ後半の戦争についての描写(犠牲者数の字幕、原爆雲、ラストの元ちとせの歌など)反戦メッセージは唐突で直裁すぎ。ここはバッサリ切って夫婦の話にしぼった方が良かったんじゃないでしょうか?
事故や疾病や加齢で介護が必要になることや、身体的には障害はないにもかかわらず意志の疎通ができない夫婦はいっぱいいるので、身に染みる人が多そうですよね。
逆に劇中で歌われる軍歌の歌詞が難しくて分かりにくかったのでルビ付きの字幕もあれば親切だと思うのですが、反戦映画という性格上歌詞は意味がない美辞麗句という位置付けなのかもしれません。



監督:若松孝二
脚本:黒沢久子、出口出
上映時間:84分
出演:寺島しのぶ、大西信満、吉澤健、粕谷佳五、増田恵美、河原さぶ、石川真希、飯島大介、篠原勝之、地曵豪、ARATA
公式HP:http://www.wakamatsukoji.org

芋虫  江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)
(2008/07/25)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る

映画では原作とはクレジットされていません。


この手の映画の感想書くと返事に困るコメントがつくので、申し訳ないですがコメント欄は閉じておきます。
スポンサーサイト
映画の感想 | Trackback(4)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。