--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/27

原作本「インビクタス~負けざる者たち 」感想

イーストウッド監督の最新作「インビクタス~負けざる者たち」の原作本読みました。
南アフリカ共和国という国を知るのに良い入門書であると共に、人の上に立つ人間の人心掌握術についても知る事ができ、映画を先に見て展開は知っていたにも関わらず、ラスト優勝カップを渡す場面では胸が熱くなりました。


4140814063インビクタス~負けざる者たち (単行本(ソフトカバー))
1995年、ラグビーワールドカップ。南アフリカチーム、奇跡の優勝の陰には、ネルソン・マンデラがいた。彼の真の目的は…。マンデラの全面的な協力を得たジャーナリストによるノンフィクションの傑作。
内容(「BOOK」データベースより)
ジョン カーリン (著), 八坂 ありさ (翻訳)



本書はスポーツ感動物というより、マンデラの伝記的な作品で、優勝カップを受け取った主将の言葉「いえ、大統領。あなたに、あなたがこの国にしてくださったことに、心から感謝します」という、ネルソン・マンデラが南アフリカにもたらした民族的な和解を書いたノンフィクションです。
300ページほどのうち、前200ページはマンデラが獄中に繋がれながらも和平をもたらす政治活動をし、釈放、選挙をへて大統領になるまでに割き、アパルトヘイトの国がいかに人道的かつあざやかに圧政から民主主義の国に変わったかが書かれています。

しかし民主的な国家となっても、2つの国旗、11の公用語、9つの民族、アフリカーナと呼ばれる白人もオランダ系・イギリス系・ユダヤ系などに分かれ貧富の差があり、混沌とした状況にかわりありません。
民主的な国家という器は整っても、黒人と白人の精神的な溝は埋まらずバラバラであった南アフリカを「ひとつのチーム、ひとつの国」という真の和解に向けるマンデラの政策が数々の試練を越え、試合場の「ネルソン、ネルソン」という観客のコールになるところはとても感動的でした。

ただ、中盤の刑務所を出て主将のピナールとの会談までは、登場人物も多く、しかも唐突に名前が出てその後に人物説明されるので、「あれ?この人前にも出たっけ?」と少々混乱してしまいました。
しかしそれらの様々な立場の人々が決勝戦をどこでどんな心境で見ていたのかというラストで、憎しみと争いの歴史を越えて国民がひとつになった熱気が伝わり、その時代その場にいたような高揚感・一体感を覚えました。

「応援してくれたのは(スタジアムの)62,000人のファンではありません。4,300万人の南アフリカ国民です」という主将ピナールの言葉にも、前半の記述でアパルトヘイトでどんな差別や抑圧が行われてたか・当時の南アフリカの状況を分かってるだけに、胸にぐっとくるものがあります。

現実の南アフリカ共和国は人種間の格差も残り、貧困・治安の問題など、「虹色の国」にはまだなってないませんが、読後はアパルトヘイトの国・恐ろしい抑圧が行われていた国というイメージから、復讐心を満たす選択をせず、圧政者を許した人々が作る明るい未来が開けている国という印象に変わりました。
オリンピックもそうですが、国際試合があるスポーツは全て政治利用される宿命だと思います。スポーツを政治に利用するなと言いますが、こういう良い利用例もあるんですね。

映画ではクローズアップされていた獄中でマンデラが心の支えとしていた詩「インビクタス」にはについては記述が無く、原題の"PLAYING THE ENEMY"から映画題の「インビクタス」に書名を変えたのが無理矢理っぽいのはご愛敬でした。


おススメ度:★★★☆☆

インビクタス~負けざる者たち (単行本(ソフトカバー))
ジョン カーリン (著), 八坂 ありさ (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 336ページ
出版社: 日本放送出版協会 (2009/12/21)
ISBN-10: 4140814063
ISBN-13: 978-4140814062
発売日: 2009/12/21
商品の寸法: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
定価:2,100円

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
映画の原作本カテゴリの他の記事
マット・デイモン「インビクタス/負けざる者たち」「Green Zone」予告篇
映画「チェンジリング」感想
映画「グラン・トリノ」感想
スポンサーサイト
映画の原作本 | Comments(4) | Trackback(3)
2010/02/02

2010年第82回アカデミー賞ノミネート発表

オスカーノミネートの発表ありましたね!
ざっと書いてみますと

■作品賞候補
アバター
しあわせの隠れ場所(原題:THE BLIND SIDE)
第9地区(原題:District9)
17歳の肖像(原題:An Education)
ハート・ロッカー(原題:The Hurt Locker)
イングロリアス・バスターズカールじいさんの空飛ぶ家
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
原題:a serious man
マイレージ・マイライフ(原題:Up in The Air)

■監督賞
ジェームズ・キャメロン     アバター
キャサリン・ビグロー☆     ハート・ロッカー
クエンティン・タランティーノ   イングロリアス・バスターズ
リー・ダニエルズ        プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
ジェイソン・ライトマン     マイレージ、マイライフ

■主演男優賞
ジェフ・ブリッジス     クレイジー・ハート(原題)
ジョージ・クルーニー    マイレージ、マイライフ
コリン・ファース ★    ア・シングル・マン(原題)
モーガン・フリーマン    インビクタス/負けざる者たち
ジェレミー・レナー     ハート・ロッカー

■助演男優賞
マット・デイモン      インビクタス/負けざる者たち
ウディ・ハレルソン     The Messenger
クリストファー・プラマー  The Last Station
スタンリー・トゥッチ    ラブリーボーン
クリストフ・ヴァルツ☆    イングロリアス・バスターズ
■主演女優賞
サンドラ・ブロック☆    しあわせの隠れ場所
ヘレン・ミレン      The Last Station
キャリー・マリガン    17歳の肖像
ガボレイ・シディベ    プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
メリル・ストリープ    ジュリー&ジュリア

■助演女優賞
ペネロペ・クルス      NINE
ヴェラ・ファミーガ     マイレージ、マイライフ
マギー・ギレンホール    クレイジー・ハート(原題)
アナ・ケンドリック     マイレージ、マイライフ
モニーク ☆         プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)

■長編アニメ賞
コララインとバタンの魔女 
Fantastic Mr Fox
プリンセスと魔法のキス ☆ 
The Secret of Kells
カールじいさんの空飛ぶ家


■美術賞
アバター
イングロリアス・バスターズ
NINE
シャーロック・ホームズ
ヴィクトリア世紀の愛
Dr.パルナサスの鏡

■撮影賞
アバター
The White Ribbon
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ

■衣装デザイン賞
Bright Star
ココ・アヴァン・シャネル
Dr.パルナサスの鏡
NINE
ヴィクトリア女王 世紀の愛


■オリジナル脚本賞
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
The Messenger
ア・シリアス・マン(原題)
カールじいさんの空飛ぶ家


■脚色賞
第9地区
17歳の肖像
In the Loop
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
マイレージ、マイライフ

■編集賞
アバター
第9地区
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)


■メイクアップ賞
スター・トレック
イル・ディーヴォ
ヴィクトリア女王 世紀の愛

■作曲賞
アバター
Fantastic Mr. Fox
ハート・ロッカー
シャーロック・ホームズ
カールじいさんの空飛ぶ家


■歌曲賞
クレイジー・ハート(原題) ("The Weary Kind")
幸せはシャンソニア劇場から ("Loin de Paname")
NINE ("Take It All")
プリンセスと魔法のキス ("Down in New Orleans")
プリンセスと魔法のキス ("Almost There")

■録音賞
アバターハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
スター・トレック
トランスフォーマー/リベンジ

■音響編集賞
アバターハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
スター・トレック
カールじいさんの空飛ぶ家


■視覚効果賞
アバター
第9地区
スター・トレック

■長編ドキュメンタリー賞
ビルマVJ/“Burma VJ” Anders Østergaard and Lise Lense-Møller
ザ・コーヴ/“The Cove” Nominees to be determined
フード・インク(原題)/“Food, Inc.” Robert Kenner and Elise Pearlstein
ザ・モスト・デンジャラス・マン・イン・アメリカ(原題)/“The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers” Judith Ehrlich and Rick Goldsmith
フィッチ・ウェイ・ホーム(原題)/“Which Way Home” Rebecca Cammisa

■短編ドキュメンタリー賞
チャイナズ・アンナチュラル・ディザスター(原題)/“China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province” Jon Alpert and Matthew O'Neill
ザ・ラスト・キャンペーン・オブ・ガヴァナー・ブース・ガードナー(原題)/“The Last Campaign of Governor Booth Gardner” Daniel Junge and Henry Ansbacher
ザ・ラスト・トラック(原題)/“The Last Truck: Closing of a GM Plant” Steven Bognar and Julia Reichert
ミュージック・バイ・プルーデンス(原題)/“Music by Prudence” Roger Ross Williams and Elinor Burkett
ベルリンの野うさぎ/“Rabbit à la Berlin” Bartek Konopka and Anna Wydra

■外国語映画賞
アジャミ(原題) イスラエル/“Ajami” Israel
瞳の奥の秘密 アルゼンチン/“El Secreto de Sus Ojos” Argentina
悲しみのミルク ペルー/“The Milk of Sorrow” Peru
アンプロフェット(原題) フランス/“Un Prophète” France
白いリボン ドイツ/“The White Ribbon” Germany

■短編アニメ映画賞/Short Film (Animated)
フレンチ・ロースト(原題)/“French Roast” Fabrice O. Joubert
グラニー・オー・グリムズ・スリーピング・ビューティ(原題)/“Granny O'Grimm's Sleeping Beauty” Nicky Phelan and Darragh O'Connell
ザ・レイディー&ザ・リーパー(原題)/“The Lady and the Reaper (La Dama y la Muerte)” Javier Recio Gracia
ロゴラマ(原題)/“Logorama” Nicolas Schmerkin
ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢/“A Matter of Loaf and Death” Nick Park

■短編実写映画賞/Short Film (Live Action)
ザ・ドア(原題)/“The Door” Juanita Wilson and James Flynn
インステッド・オブ・アブラカダブラ(原題)/“Instead of Abracadabra” Patrik Eklund and Mathias Fjellström
カヴィ(原題)/“Kavi” Gregg Helvey
ミラクル・フィッシュ(原題)/“Miracle Fish” Luke Doolan and Drew Bailey
ザ・ニュー・テナンツ(原題)/“The New Tenants” Joachim Back and Tivi Magnusson

作品賞は10作品になって賑やかですが、やっぱり「アバター」が最有力でしょうね。
監督賞はキャサリン・ビグローが初のオスカー女性監督なんてのはどうでしょうか?
どちらにしてもこの元夫婦二人が本命でしょうね。
助演男優はクリストフ・ヴァルツ、助演女優はモニークは堅そうです。
主演は誰でもありそうですが、コリン・ファース(トム・フォード映画初監督作品「 A Single Man」)が良いな~。この人は「高慢と偏見」のダーシーさんの頃からあまり変わりませんね。
一応私の予想を☆でいれてみました!当たったら嬉しいな~

アバターとハート・ロッカーが各9部門、イングロリアス・バスターズが8部門、マイレージマイライフとプレシャスが6部門とこの辺りに人気集中してます。主要賞には入ってないけどスタートレックも4部門と頑張ってます。

とはいえ歌曲賞で「幸せはシャンソニア劇場から」が入ってるのが嬉しいです!というわけでyoutube貼ってみました。


他のノミネート書いてたのに途中で間違って消してしまい今日はもう再度書く元気でないです…。がっくり。
ともあれ2010年3月7日の第82回アカデミー賞授賞式でどの作品が選ばれるか楽しみですね~。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(1)
2010/02/02

映画「シャネル&ストラヴィンスキー」感想

「シャネル&ストラヴィンスキー」見てきました。
シャネル社全面協力の本作は伝記映画ではなく、歴史上のあの人達がもし恋に落ちたらというトンデモ話ですが、沢山出てくるドレス、装飾品、調度品が素晴らしく、主演の二人の裸体も綺麗で、それらを引き立てる照明使いが陰の美を見せてくれます。主演女優のアナ・ムグラリスが「悲しくてもエレガント」という言葉を体現していますし、別荘のインテリアが雑誌のグラビアみたいに綺麗で眼福でした。

ストーリーは「最愛の恋人の死、香りへの追求、そしてロシアの作曲家ストラヴィンスキーとの密愛・・・ シャネルの全盛期に誕生した伝説的香水と、その影に隠された宿命を描く真実のドラマ。」というものです。

偶然でしょうがシャネルがシャネルNo.5を嗅ぐシーンでふっと香水の香りが劇場内でしました!ひょっとして劇場のサービス演出なんでしょうか?もしそうなら心憎いサービスですね。

ただ人間関係をセリフで表現せずイメージショットで心象風景を描こうとしてるのは分かったけど、イマイチ伝わって来ません。第一「春の祭典」初演が1913年シャンゼリゼ劇場なのに、何故か1920年に出会ったとたん、別荘に呼び寄せ、恋に落ちるのが唐突です。まぁおフランス映画なので男女二人出ればドロドロ恋愛という形式美と思えばいいのかもしれませんが…。
ネタバレになりますが背徳行為を責める妻に、身を引くのも唐突。欲しい物は奪うという前半の性格設定からコロリと変化した理由がよく分かりません。自身も孤児だったから父親を子供に帰すべきと思ったのでしょうか?まぁ匿名でパトロンになるなんて(しかも自身が稼いだお金で!)格好いい大人の生き方ではありますね。

冒頭の劇場シーンの沢山の観客がそれぞれ贅をこらした服装で、1913年の初演の雰囲気がよくわかります。シャンゼリゼ劇場で私も訳分からない前衛っぽいモダンバレエを見た事があるので、当時あの劇場にいた観客の困惑が面白かったです。クラシックなバレエや音楽を期待してロシアバレエを見に来た観客には奇異に映った事でしょう。前知識なければあのバレエがどんなストーリーなのか全く分からないですよね~。
そうそう、ディアギレフがすっごいイメージどおりでした!(まぁ私のディアギレフイメージは山岸凉子のマンガによるものなんですけどね)

ストーリーはあまり伝わってこないかれど、衣装・装飾品・調度品・インテリアは華麗で、バレエシーンも面白いので当時の雰囲気を楽しみたい人にはぴったりです。


原題:Coco Chanel & Igor Stravinsky
監督:ヤン・クーネン
プロデューサー:クローディ・オサール、クリス・ボルツリ、ベロニカ・ツォナベント
原作・脚本:クリス・グリーンハルジュ
音楽:ガブリエル・ヤレド
製作国:2009年フランス映画
上映時間:1時間59分
配給:ヘキサゴン・ピクチャーズ
出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス
HP:http://www.chanel-movie.com/

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の感想 | Comments(4) | Trackback(3)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。