--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/19

映画「(500)日のサマー」挿入歌を歌うザ・テンパー・トラップの無料ライブ

(500)日のサマー公式HP
映画「(500)日のサマー」の日本公式HP
http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/ ができて、いよいよ2010年1月日本公開なんだな~って感じですね!上映劇場もHPに記載され、近所でも上映予定があるのがわかりとっても嬉しいです。

上映劇場
東京TOHOシネマズシャンテ
東京渋谷シネクイント
神奈川川崎チネチッタ
千葉シネマイクスピアリ
大阪シネ・リーブル梅田
神戸シネ・リーブル神戸
名古屋センチュリーシネマ
福岡KBCシネマ

その映画公式HPで挿入歌 ”Sweet Disposition”を歌うザ・テンパー・トラップのショーケース・ライヴの告知があってました。

大阪(10月7日)と東京(10月9日)のライブにそれぞれ400組800名・150組300名招待するそうです。ザ・テンパー・トラップの公式HPから応募でき、締め切りは大阪が9月27日(水)東京が9月30日(水)です。
最初に(500日)のサマーの予告編見たときに使われていた音楽が素敵だな~と思い彼らのデビューを知ったのですが、ポップでちょっと胸がキュンとするキュートな音楽ですよね。無料だし興味のある方は応募なさってはいかがでしょうか?

ザ・テンパー・トラップの公式HP http://www.hostess.co.jp/thetempertrap/

■東京公演
THE TEMPER TRAP PREMIUM LIVE
抽選で150組300名様ご招待
日時: 10月9日(金)  場所: 恵比寿LIQUIDROOM
制作協力:クリエイティブマン
締め切り:9月30日(水)

■大阪公演
FM802 / Sony presents REAL GENERATION LIVE
抽選で400組800名様ご招待
日時: 10月7日(水)  場所: BIG CAT
締め切り:9月23日(水)

関連記事:「(500)日のサマー」その他の記事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
音楽 | Comments(0) | Trackback(1)
2009/09/14

ブラックアイドピーズと21000人のフラッシュモブ

いや~、いいもん見ました。
最初1人しかノってなくて「なんだか寂しいライブ…」と思ってたら、そんな仕掛けでしたか。
途中で気づいたメンバー達も嬉しそうですね。
プロのダンサー20名に一般人800名でまず練習し、2万人には各ポイントごとに配置されたダンサーが教えたようです。参加してる方も歌ってる方も楽しそうでいいですね。

e-wordsによると「フラッシュモブ」とは「インターネットを通じて広く呼びかけられた群集が公共の場に終結し、あらかじめ申し合わせた行動を取る即興の集会」のことです。
youtubeには良くダンスやミュージカルののフラッシュモブがUPされていて、見る度凄いな~と感心してましたが、21000人という規模でできちゃったのが驚きです。結構難しい振り付けですよね。
本当に凄いです。

G-Forceさて、この”I Gotta Feeling”は現在全米公開中の”G-Force”にサントラで使われています。
「素晴らしい能力を持つモルモットやモグラからなる動物諜報部員が敵対するFBIの妨害を潜り抜け平和を取り戻そうと大活躍」という実写+CGアニメのファミリームービーです。日本公開はディズニー配給で2010年3月、邦題は「スパイ・アニマル Gフォース」です。
最後の4行でむりやり映画にこじつけちゃいました。アハハ。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
音楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/08/09

「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"の銀行ダンス

ウチは多分日本で一番しつこく(詳しくでは無いところが玉に瑕ですが)「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"を紹介しているブログではなかろうかと思いますが、なんと今週末公開4週目にしてとうとう全米TOP10圏内に入りました!

週末確定で9位です。27館→85館→266館→817館と順調にスクリーン数も増えています。
IMDbの評価も上がって8.2でTOP250にもランクインしました。現在137位です。まぁ、IMDbはだんだん落ちてしまうものだけど、めでたいじゃありませんか!!
ちなみに全米今週1位の「G.I.ジョー」"G.I. JOE:THE RISE OF COBRA"にもジョゼフ・ゴードン=レヴィットが出演していて、そちらは4007館で上映してます。

500days of summer

というわけで、公開4週目にしてまた新たなプロモーション動画で出ています。と言ってもスピンオフみたいな感じで、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイ・デシャネルが映画の役柄のまま、なぜか銀行で踊るミュージックビデオです。

先日のシド&ナンシーも面白かったけど、これも楽しいビデオです。監督のマーク・ウェブはミュージックビデオが本職だから音に合わせた動きが巧いですね。ピアノの音に合わせてポンポンと顔を叩くところなど映画のイメージそのままの可愛らしさです。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがバク転決めたりして、意外と運動神経良くてびっくりしました。
この音楽はズーイー・デシャネルとシンガーソングライターのM・ウォードがやっているインディーロックデュオ「シー&ヒム」の”Why Do You Let Me Stay Here? ”です。

Volume OneVolume One
(2008/03/18)
She & Him
2008年3月18日にリリースされた1枚目のアルバムは、ビルボードで初登場81位を記録し、米国の音楽誌Pasteの2008年ベストアルバムの第1位に選ばれました。

この曲もズーイー・デシャネルが作詞・作曲しているそうです。可愛くてお洒落なだけじゃなく、音楽の才能もあるなんてすごいですね~。
というわけで、映画の日本公開は20世紀FOX配給で、TOHOシネマズシャンテ・シネクイント他全国ロードショーです。IMDbによると2010年1月9日(IMDbの日付はちょっと怪しいので変更あるかも)、待ち遠しいですね。

原題:(500) Days of Summer
邦題:(500)日のサマー
監督: マーク・ウェブ
撮影: エリック・スティールバーグ
音楽: マイケル・ダナ
出演: ズーイー・デシャネル、 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ 、 ミンカ・ケリー 、マシュー・グレイ・ギュブラー
全米公開:2009年7月17日
日本公開:2010年1月9日
英語公式HP:http://www.foxsearchlight.com/500daysofsummer/

トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、建築家になることを夢見ながら、グリーティング・カードのライターとして働く青年。上司の新しい秘書、サマー(ゾーイー・デシャネル)に出会い恋をする。遂に自分のソウル・メイト(心が通じ合うパートナー)を見つけたと思い有頂天になるトム。一方のサマーは ”真実の愛” なんて無いと思っている現実派。
ふたりの500日間をトムが振り返り、男性目線で「恋」について考えるロマンティック・コメディ映画。
監督はミュージックビデオを数多く手がけ、これが映画デビュー作となるマーク・ウェブ。
トレイラーにはオーストラリア出身の4人組バンド、The Temper Trap(ザ・テンパー・トラップ)のSweet Dispositionが使われています。

サントラは米アマゾンとiThuneで視聴きます。
(500) Days of Summer(500) Days of Summer
(2009/07/14)
Original Soundtrack

1. A Story Of Boy Meets Girl [500] Days Of Summer - Music From The Motion Picture 1:35
2. Us Regina Spektor 4:48
3. There Is A Light That Never Goes Out The Smiths 4:02
4. Bad Kids The Black Lips 2:08
5. Please, Please, Please, Let Me Get What I Want (2007 Remastered Version) The Smiths 1:51
6. There Goes The Fear Doves 6:54
7. You Make My Dreams Hall & Oates 3:04
8. Sweet Disposition The Temper Trap 3:52
9. Quelqu'un M'a Dit Carla Bruni 2:43
10. Mushaboom Feist 3:44
11. Hero Regina Spektor 3:29
12. Bookends Simon And Garfunkel 1:20
13. Vagabond Wolfmother 3:47
14. She's Got You High Mumm-ra 3:25
15. Here Comes Your Man Meaghan Smith 3:14
16. Please, Please, Please, Let Me Get What I Want (Album Version) She & Him 2:12




曲名:”Why Do You Let Me Stay Here? ”
アーティスト:She&him
公式HP: http://www.sheandhim.com



関連記事:
「(500)日のサマー」の記事
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがちょっぴり出演・映画「セントアンナの奇跡」感想
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも出演、クリストファー・ノーラン監督の次回作”Inception”に渡辺謙出演
500days of Summerにも出演、3月9日はマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)の誕生日

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
音楽 | Comments(2) | Trackback(1)
2009/05/06

テイラー・スウィフトのミュージックビデオにハンナ・モンタナのルーカス・ティル出演

Taylor Swift以前から気になってたテイラー・スウィフトのミュージックビデオがあったので、そのご紹介。
テイラー・スウィフトは2006年にデビューし、2008年セカンドアルバムが全米アルバム・チャート11週No.1を獲得したアメリカのカントリーミュージック歌手で、現在19歳です。

日本でも2009年6月17日にデビュー・アルバム『フィアレス』をリリースするそうです。
先日people誌の「最も美しい人2009」にも二年連続で選ばれてるようにとっても綺麗な人ですね。
歌もなかなか良い曲が多いので、気に入った方はyoutubeなどで他の曲もお聴き下さい。

日本語のblogもあります。
http://ameblo.jp/taylor-swift/
youtubeに公式チャンネルはこちら。
http://www.youtube.com/taylorswift

このミュージックビデオは彼女の三曲目のシングル“You Belong With Me”です。

さて、このビデオに登場してるルーカス・ティル Lucas Tillは「ハンナ・モンタナ ザ・ムービー」 トラヴィス・ブロージ役(マイリーのボーイフレンド。)の俳優です。(・・・と、一応映画に関連づけてみました。)
スケッチブックを使った告白が可愛いですね。
アメリカの高校でのヒエラルキーはチアリーダーがTOPで、マーチングバンドなどは下というのがよく分るビデオですね。wikiに詳しい説明と図がありますが、バンド・ギーク(吹奏楽、マーチングバンドなどに携わる者) はナードという敗者なのだそうです。う~ん、アメリカの高校生は色々大変そう。

Taylor Swift - “You Belong With Me” Music Video


「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ ザ・ムービー」は全米公開2009年4月10日、日本公開2010年3月10日です。ストーリーは「ハンナ・モンタナとしての人気が急上昇するにつれ、天狗になったマイリー・スチュワートがテネシー州の故郷に戻り、自分の人生を見つめ直す」というものです。
まぁ見ることはないと思いますが・・・。
その前作、ハンナ・モンタナの魅力を堪能できるライブ映画「ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート 3-D」は2009年5月16日日本公開です。まぁこっちも見ることはないと思います。

ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート 3-D(2008)
HANNAH MONTANA/MILEY CYRUS: BEST OF BOTH WORLDS CONCERT TOUR
監督: ブルース・ヘンドリックス
出演: マイリー・サイラス , ビリー・レイ・サイラス, ジョナスブラザーズ
日本公開日:2009年5月16日(土)
上映時間:74分
公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/hannah-jonas/

にほんブログ村 映画ブログへ

ハイスクールU.S.A.―アメリカ学園映画のすべてハイスクールU.S.A.―アメリカ学園映画のすべて
(2006/11)
長谷川 町蔵、山崎 まどか
「学園映画」の魅力と重要作品、監督や脚本家、常連俳優、音楽、文学、スポーツのルール、宗教までを詳しく解説したガイドブク。ヒエラルキーの話もあります。アマゾンの「なか身!検索」で少し本文が読めます。
商品詳細を見る

ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
エマ・トンプソン、ローラ・リニー
スケッチブックを使った告白と言えば、この映画。とっても素敵なシーンですよね。
商品詳細を見る

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [DVD]ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [DVD]
(2009/02/06)
ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン
ルーカス・ティルが子供時代のジョニー・キャッシュを演じています。
商品詳細を見る

FEARLESSFEARLESS
(2009/03/17)
TAYLOR SWIFT

商品詳細を見る

音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/02/08

甲斐バンド解散「ポップコーンをほおばって」

甲斐バンドが2009年2月7日の武道館コンサートを最後に解散しました。
と言っても1986年に一度解散し1996年に期間限定で再結成、1999年に活動再開の後の解散なので、あまり感慨はないですが・・・
甲斐バンドというと「安奈」「HERO」あたりが有名だけど、デビューのきっかけになった1974年の『第3回ハッピー・フォーク・コンテスト』で優勝した時の曲「ポップコーンをほおばって」も良い曲です。

映画を見るならフランス映画さ
若かった頃の君と僕の思い出話は
君が手を振り切った二十歳の時
埋もれ陽の道にすべては消えうせた

このころはリバイバル上映のフランス映画を名画座で見るのがオシャレなデートだったのかもしれませんね。

僕らは飛べない鳥じゃなかったはず
君は翼がある事を知って恐かったんでしょ

「ポップコーンをほおばって」を甲斐さんが作詞したのは、20歳そこそこのはずなのに、内なるものを押さえ込もうとする良識や臆病さを批判するでもなく「恐かったんでしょ」で片付けるあたり妙に老成してるというか諦念を感じます。

君の最後の言葉をおとしていく
バスを追っかけて追っかけて
僕の青い声はいつのまにかこんなにこんなに
涸れてしまった

甲斐さんもこの歌を作ってから35年たち今は55歳。声量や声もちょっと変ってきています。それでも当時と変らず、いや歌詞に年齢が追いついてますます良い曲になっていると思います。

1979年のライブがyoutubeにありました。今聞いても新鮮で色あせない曲だし、甲斐さんも格好いいです。

最近はあまりフランス映画見てないけど、久しぶりで何かレンタルしてこようかな~と思った解散のニュースでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。