--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/26

カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル フィルム部門でも受賞

九州新幹線CMがカンヌライオンズのフィルム部門でも銅賞を受賞したそうです。またNTTdocomoの森の携帯が金賞を受賞しています。詳しい事やクリエイティビティについてはCMの専門家が運営しているサイトを見て頂くとして、一般人ミーハー視点から日本の受賞作のリストを作ってみました。私的には九州新幹線全線開業CM受賞で俄然注目した賞ですが、他の日本の受賞作も「あ、あれ!」と見た覚えのあるもの、今回初めて見たけど面白かったものがありお暇な方は動画もご覧下さい。

尚、フィルム部門グランプリは「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが撮影したNikeのCM "Write the Future"でした。多分コレ↓かな?金かかってますなぁ~。カッコイイし面白いけどね。


■サイバー部門
金賞 ユニクロ 「LUCKY LINE」(HP上で創業祭カウントダウンに並ぶと割引クーポンが当たるというもの。私も3回くらい並びました。毎回100円だったけど…。お正月にもお年玉3000円が当たるってのをやってました。)
金賞 NTT docomo 「森の木琴」http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/#play 
(間伐材を使った携帯。今回初めて見たけれど、ピタゴラスイッチ的木琴で奏でられるバッハの「主よ人の望みの喜びよ」が森に染みいるようで画面・音共に美しいです。ツンとした森の香り、冷気まで漂って来そう。全長44メートル、鍵盤413枚、失敗すること49回とメイキング見た後再度見ると更に楽しめます)

銀賞 ユニクロ 「LUCKY LINE」
銅賞 TABIO「TABIO SLIDE SHOW」(靴下のカタログ。楽しそうにすべってるのがカワイイ!)http://www.tabio.com/uk/event/slideshow/
銅賞 アディダス「ADIDAS SKYCOMIC」(http://www.magictouchjapan.com/blog/2010/06/12/adidasskycomic2/ コレは見てみたかった!)
銅賞 「SOUR/映し鏡」インタラクティブミュージックビデオ
(http://sourmirror.jp/  コレは楽しい!該当ブラウザじゃない人はyoutube http://www.youtube.com/watch?v=lcIHpPSogaQで。必見) 


銅賞 広島平和記念資料館「PEACE SHADOW PROJECT」http://www.peaceshadow.net/ 自分の影を「平和の影」として焼き付ける署名「ピースシャドウ・プロジェクト」。)
銀賞 ユニクロ「LUCKY LINE」
銅賞 ユニクロ「LUCKY COUNTER」

■デザイン部門
金賞 SHU'S PRODUCTION「CHEMICAL REACTION」(http://www.canneslions.com/work/design/entry.cfm?entryid=9512&award=2 ロゴデザイン)
金賞 PIE INTERNATIONAL 「GRAPHIC EXPLANATION」(http://www.canneslions.com/work/design/entry.cfm?entryid=4440&award=2 タイポグラフィー)
金賞 SOUR/映し鏡
銀賞 広島平和記念資料館「ピースシャドウ・プロジェクト」



■メディア部門
金賞 岩手日報「IWATTE」(http://iwatte.jp/ 個人向け記念号外発行サービス「IWATTE(イワッテ)」これは思い出に残るサービスですね。プレゼントに利用してみたいな~)
銀賞 九州新幹線 「祝!九州縦断ウェーブイベント」

■アウトドア部門
金賞 東芝「10年カレンダー」LED電球 http://www.toshiba.co.jp/lighting/jp/img/ad/pdf/led_0616_02.pdf 窓に映る10年間の家族の記録に色々なドラマが見えてくる素敵なポスターだが重くて開くの大変)
金賞 九州新幹線 「祝!九州縦断ウェーブイベント」
銅賞 広島平和記念資料館「ピースシャドウ・プロジェクト」

■フィルム部門賞 
銀賞 NTT docomo 「森の木琴」
銅賞 九州新幹線全線開業「九州新幹線全線開業CM」
銅賞 日本酒類販売ニコラフィアット・シャンパン「Toast Men」


http://www.youtube.com/user/Nishuhan トーストってバター塗ったパンじゃなくて、乾杯するって意味があったんですね。「人生に、できるだけ多くの乾杯を。」

■フィルムクラフト部門賞
金賞 NTT docomo 「森の木琴」


どの広告も一度見ただけで心に残るCMですね!海外のグランプリ作品もさすがの面白さ。もっと日本の公式HPで見られたらいいのにね・・・。(あ、そうしたらバカ高い資料が売れないか・・・)

【参考】
名称が「カンヌ国際広告祭」から「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」(英:Cannes Lions International Festival of Creativity)に今年から変わった広告祭。
このカンヌライオンズは映画に併映される劇場用広告(シネマアド)の業界団体(SAWA)がプロモーションのため1954年9月にカンヌ映画祭と同じ場所で始め、発展したものです。今ではカンヌ国際広告祭本部(IAFF)が主宰し、13の部門ごとにグランプリ・金賞・銀賞・銅賞が設けられています。2011年は全13部門に2万8828作品が応募したそうです。


フィルム部門映像とアイディアでクリエイティブを競う
プレス部門印刷媒体の広告を評価する部門
アウトドア部門看板、サインなどの屋外広告
サイバー部門インターネット上のマーケティングやキャンペーンの独創性を評価する部門
メディア部門媒体の活用手法を競う
ダイレクトマーケティング部門ダイレクトマーケティングを対象
ラジオ部門ラジオ広告の内容を評価
チタニウム(統合キャンペーン)部門総合プロモーションを評価
デザイン部門 企業ロゴ、商品ロゴ、商品パッケージ、ポスターデザイン、本のカバーデザインなどデザインのクリエイティブ性を競う
ダイレクト部門ダイレクトマーケティングを対象とした部門
プロモ部門サンプリング、タイ・イン、イベント、POPなど
PR部門PRの実例を、業種別あるいは手法別で評価する部門
フィルム・クラフト部門作品ではなく、プロセスにおいて発揮される優れた技術(ディレクション、コピーライティング、編集、音楽、サウンドデザイン等)を評価する部門



wikiおよび 日本公式より 
スポンサーサイト
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(1)
2011/05/20

祝!DVD発売 九州新幹線全線開業CM

「あの日、
集まってくれて、ありがとう。
手を振ってくれて、ありがとう。
ひとつになってくれて、ありがとう。」

JR九州の2011年3月12日九州新幹線全線開業CM180秒バージョンは、見る度涙が出ちゃうCMですが、開業前日3月11日の東日本大震災の影響でほとんどオンエアされませんでした。その後、youtubeで話題になりTVのワイドショーでも取り上げられ、ゴールデンウィーク前後にちょっと手直しされたバージョンが流され、みんなに知って貰えて良かったなぁ~と思ってたら、なんとDVDが発売されるとの事。
しかも「未公開の車窓映像入り。お得です。」なんて言われちゃかなり気になっちゃいます。
告知CM15種・完成CM31種など計50分収録されて、価格は1000円(税込、送料別途)、うち200円は東日本大震災の義援金にされるそうです。
インターネット販売は「祝!九州」ホームページ http://www.shuku9.com/ で、平成23年5月25日~平成23年8月31日まで受付です。

追記:このDVDは駅・新幹線内でも販売されます。(7月1日から売り切れるまで)
博多駅総合案内所(博多駅構内)、新鳥栖駅、久留米駅、筑後船小屋駅、
新大牟田駅、新玉名駅、熊本駅総合観光案内所(熊本駅構内)、新八代駅、新水俣駅、出水駅、川内駅、鹿児島中央駅総合観光案内所(鹿児島中央駅構内)、九州新幹線内ワゴンサービス

ネットでは送料480円かかるので、お近くの方は駅売りの方がいいかも!


http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/GeneralFrameset

追記:カンヌ国際広告賞「金賞」「銀賞」受賞
「撮影イベント自体をメディアととらえ、新しい屋外広告のあり方を示した事、また、その波及力が評価」され2部門で受賞だろうです。
 ■アウトドア部門金賞
 ■メディア部門銀賞
「7色にラッピングされた特別仕様の新幹線に向かってウェーブやダンスをする人を募集、車窓から撮影したものをCMやポスターにする企画」に対しての賞ですね!
CM自体もフィルム部門でノミネートされていますので、発表が楽しみです。

その他でノミネートされている部門
フィルム部門、チタニウム&総合部門
平成23年6月25日(土)(日本時間26日(日)3:00~)に発表予定



http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/GeneralFrameset
無論youtube公式チャンネル「九州新幹線全線開業CM集」 http://www.youtube.com/user/shuku9wave で全てのCMは見られるのですが、出演している沿線の住民ならずとも、ちょっと欲しくなるDVDです!



私のお気に入りは八代で芸をしているわんこと熊本の野球少年と福岡のパナソニックの窓ガラスに映る新幹線車体。見れば見る程発見があります。


あとマイア・ヒラサワさんの「Boom!」も明るい良い曲ですね!彼女の出てるスウェーデンのイケアCMの方はしっとりした曲で、こちらも素敵。


イケアのCMはシンガーのシリーズなんでしょうか?Tove Styrke(トーヴ・スティルケ)の懐中電灯持ってお布団のなかをどんどん進んでいくCMもカワイイし、本人も美人~。これで18歳とは欧米人は大人っぽいなぁ。しかし、TVで流れなかったCMや海外のCMまで見られるって、ほんと良い時代です!



Boom!(ブーン!)Boom!(ブーン!)
(2011/05/18)
マイア・ヒラサワ

商品詳細を見る
その他(賞etc) | Comments(6) | Trackback(1)
2010/02/02

2010年第82回アカデミー賞ノミネート発表

オスカーノミネートの発表ありましたね!
ざっと書いてみますと

■作品賞候補
アバター
しあわせの隠れ場所(原題:THE BLIND SIDE)
第9地区(原題:District9)
17歳の肖像(原題:An Education)
ハート・ロッカー(原題:The Hurt Locker)
イングロリアス・バスターズカールじいさんの空飛ぶ家
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
原題:a serious man
マイレージ・マイライフ(原題:Up in The Air)

■監督賞
ジェームズ・キャメロン     アバター
キャサリン・ビグロー☆     ハート・ロッカー
クエンティン・タランティーノ   イングロリアス・バスターズ
リー・ダニエルズ        プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
ジェイソン・ライトマン     マイレージ、マイライフ

■主演男優賞
ジェフ・ブリッジス     クレイジー・ハート(原題)
ジョージ・クルーニー    マイレージ、マイライフ
コリン・ファース ★    ア・シングル・マン(原題)
モーガン・フリーマン    インビクタス/負けざる者たち
ジェレミー・レナー     ハート・ロッカー

■助演男優賞
マット・デイモン      インビクタス/負けざる者たち
ウディ・ハレルソン     The Messenger
クリストファー・プラマー  The Last Station
スタンリー・トゥッチ    ラブリーボーン
クリストフ・ヴァルツ☆    イングロリアス・バスターズ
■主演女優賞
サンドラ・ブロック☆    しあわせの隠れ場所
ヘレン・ミレン      The Last Station
キャリー・マリガン    17歳の肖像
ガボレイ・シディベ    プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
メリル・ストリープ    ジュリー&ジュリア

■助演女優賞
ペネロペ・クルス      NINE
ヴェラ・ファミーガ     マイレージ、マイライフ
マギー・ギレンホール    クレイジー・ハート(原題)
アナ・ケンドリック     マイレージ、マイライフ
モニーク ☆         プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)

■長編アニメ賞
コララインとバタンの魔女 
Fantastic Mr Fox
プリンセスと魔法のキス ☆ 
The Secret of Kells
カールじいさんの空飛ぶ家


■美術賞
アバター
イングロリアス・バスターズ
NINE
シャーロック・ホームズ
ヴィクトリア世紀の愛
Dr.パルナサスの鏡

■撮影賞
アバター
The White Ribbon
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ

■衣装デザイン賞
Bright Star
ココ・アヴァン・シャネル
Dr.パルナサスの鏡
NINE
ヴィクトリア女王 世紀の愛


■オリジナル脚本賞
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
The Messenger
ア・シリアス・マン(原題)
カールじいさんの空飛ぶ家


■脚色賞
第9地区
17歳の肖像
In the Loop
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)
マイレージ、マイライフ

■編集賞
アバター
第9地区
ハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
プレシャス(原題:Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)


■メイクアップ賞
スター・トレック
イル・ディーヴォ
ヴィクトリア女王 世紀の愛

■作曲賞
アバター
Fantastic Mr. Fox
ハート・ロッカー
シャーロック・ホームズ
カールじいさんの空飛ぶ家


■歌曲賞
クレイジー・ハート(原題) ("The Weary Kind")
幸せはシャンソニア劇場から ("Loin de Paname")
NINE ("Take It All")
プリンセスと魔法のキス ("Down in New Orleans")
プリンセスと魔法のキス ("Almost There")

■録音賞
アバターハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
スター・トレック
トランスフォーマー/リベンジ

■音響編集賞
アバターハート・ロッカー
イングロリアス・バスターズ
スター・トレック
カールじいさんの空飛ぶ家


■視覚効果賞
アバター
第9地区
スター・トレック

■長編ドキュメンタリー賞
ビルマVJ/“Burma VJ” Anders Østergaard and Lise Lense-Møller
ザ・コーヴ/“The Cove” Nominees to be determined
フード・インク(原題)/“Food, Inc.” Robert Kenner and Elise Pearlstein
ザ・モスト・デンジャラス・マン・イン・アメリカ(原題)/“The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers” Judith Ehrlich and Rick Goldsmith
フィッチ・ウェイ・ホーム(原題)/“Which Way Home” Rebecca Cammisa

■短編ドキュメンタリー賞
チャイナズ・アンナチュラル・ディザスター(原題)/“China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province” Jon Alpert and Matthew O'Neill
ザ・ラスト・キャンペーン・オブ・ガヴァナー・ブース・ガードナー(原題)/“The Last Campaign of Governor Booth Gardner” Daniel Junge and Henry Ansbacher
ザ・ラスト・トラック(原題)/“The Last Truck: Closing of a GM Plant” Steven Bognar and Julia Reichert
ミュージック・バイ・プルーデンス(原題)/“Music by Prudence” Roger Ross Williams and Elinor Burkett
ベルリンの野うさぎ/“Rabbit à la Berlin” Bartek Konopka and Anna Wydra

■外国語映画賞
アジャミ(原題) イスラエル/“Ajami” Israel
瞳の奥の秘密 アルゼンチン/“El Secreto de Sus Ojos” Argentina
悲しみのミルク ペルー/“The Milk of Sorrow” Peru
アンプロフェット(原題) フランス/“Un Prophète” France
白いリボン ドイツ/“The White Ribbon” Germany

■短編アニメ映画賞/Short Film (Animated)
フレンチ・ロースト(原題)/“French Roast” Fabrice O. Joubert
グラニー・オー・グリムズ・スリーピング・ビューティ(原題)/“Granny O'Grimm's Sleeping Beauty” Nicky Phelan and Darragh O'Connell
ザ・レイディー&ザ・リーパー(原題)/“The Lady and the Reaper (La Dama y la Muerte)” Javier Recio Gracia
ロゴラマ(原題)/“Logorama” Nicolas Schmerkin
ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢/“A Matter of Loaf and Death” Nick Park

■短編実写映画賞/Short Film (Live Action)
ザ・ドア(原題)/“The Door” Juanita Wilson and James Flynn
インステッド・オブ・アブラカダブラ(原題)/“Instead of Abracadabra” Patrik Eklund and Mathias Fjellström
カヴィ(原題)/“Kavi” Gregg Helvey
ミラクル・フィッシュ(原題)/“Miracle Fish” Luke Doolan and Drew Bailey
ザ・ニュー・テナンツ(原題)/“The New Tenants” Joachim Back and Tivi Magnusson

作品賞は10作品になって賑やかですが、やっぱり「アバター」が最有力でしょうね。
監督賞はキャサリン・ビグローが初のオスカー女性監督なんてのはどうでしょうか?
どちらにしてもこの元夫婦二人が本命でしょうね。
助演男優はクリストフ・ヴァルツ、助演女優はモニークは堅そうです。
主演は誰でもありそうですが、コリン・ファース(トム・フォード映画初監督作品「 A Single Man」)が良いな~。この人は「高慢と偏見」のダーシーさんの頃からあまり変わりませんね。
一応私の予想を☆でいれてみました!当たったら嬉しいな~

アバターとハート・ロッカーが各9部門、イングロリアス・バスターズが8部門、マイレージマイライフとプレシャスが6部門とこの辺りに人気集中してます。主要賞には入ってないけどスタートレックも4部門と頑張ってます。

とはいえ歌曲賞で「幸せはシャンソニア劇場から」が入ってるのが嬉しいです!というわけでyoutube貼ってみました。


他のノミネート書いてたのに途中で間違って消してしまい今日はもう再度書く元気でないです…。がっくり。
ともあれ2010年3月7日の第82回アカデミー賞授賞式でどの作品が選ばれるか楽しみですね~。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc) | Comments(2) | Trackback(1)
2009/12/01

ベイダー卿のガーゴイル

darthvader1.jpgいよいよ12月ですね。師走でなくても忙しいのに、私はどうなるのでしょうか…。
気をとりなおしてクリスマス→教会の話題です。
ココで紹介されていたのですが、ワシントンD.Cのナショナル・カテドラルには、ダースベイダーのガーゴイルがいるそうです。是非ワシントンD.C.に観光に行ったら、見てみたいですね!


darthvader2.jpgガーゴイル(gargoyle)とは、西洋建築の屋根に取り付けられた怪物をかたどった彫刻で、雨樋から流れてくる水の排出口の役も果たしています。ガーゴイルの語源はラテン語の水が流れるときのゴボゴボというような音を表すgarから派生したフランス語gargouilleに由来するそうです。ベイダー卿もいつもゴボゴボ言ってますから、ぴったりですね~。

ヨーロッパ観光に行くと教会の屋根の上に様々なガーゴイル達がいて、その個性的な表情や姿形を見るのも楽しいですが、アメリカはひと味違います…。というかアメリカ人は本当にスター・ウォーズ好きなのね


という私もDVD情報求めてネットうろついて、可愛いおもちゃにぐらぐらしてしまいました。
特にドナルドはこのコスプレが似合いますね~!万一アメリカのディズニーランドに行った際には絶対買いたいです。
starwars2.jpg

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc)
2009/11/10

映画雑誌EMPIREの10種類の表紙

英国の映画雑誌EMPIREが10種類の表紙の12月号を発売しています。
どれも最近の映画を代表する有名キャラ・俳優です。
女性ではキル・ビルのユマ・サーマン、イギリスらしいのはショーン・オブ・ザ・デッドのサイモン・ペグなどなかなか面白い企画ですね!サイトには今までの246冊の表紙がずらりと並んでいて、懐かしい映画・今でもたまに見たくなる名作・そんな映画あったな~という映画など壮観です。
(↓クリックで拡大します)
37418.jpg 37419.jpg 37420.jpg
37421.jpg 37412.jpg 37413.jpg 37414.jpg 37415.jpg 37416.jpg 
37417.jpg

http://www.empireonline.com/magazine/covers/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
その他(賞etc)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。